山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」【1/21第43号レポート配信! 業界の将来を占うビジネスを推進する企業を分析!】




 個人投資家向け高品質企業レポートを好評配信中!
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【1/14第42号レポート配信! 業界の将来を占うビジネスを推進する企業を分析!】

  
 今週は、業界のリーディングカンパニーとなるべく、日本発の世界視野企業としてセグメントごとの背景を確認しながら、業績予想と理論株価を算出しています。
 是非ご購読ください。




 グロースとは成長株のこと。
 山本潤氏率いる「株の学校」で、山本氏をはじめとする講師陣の薫陶を受けた精鋭アナリスト達が、成長株にフォーカス。銘柄を発掘し、その内容を詳細にレポートします。
 毎週火曜日配信、1回に1銘柄の深掘りレポートです。
 毎回山本潤氏の監修コメントも入り、中長期のファンダメンタルズ投資家には最適な内容です。


1)仕事が忙しいので投資したら放っておける銘柄を知りたい
2)投資銘柄を調べたいが方法が分からない
3)どこにもない切り口の投資レポートを読みたい
4)成長株投資をしたい
5)投資候補銘柄を調べる時間がない
6)様々な投資情報サービスを試したが、今ひとつと感じている
7)短期投資でなかなか成果が上がらない
8)毎日相場を見ているのに疲れてしまった
9)ファンダメンタルズ投資の神髄に触れたい

などお考えの投資家にぜひご利用いただきたいサービスです。




【山本潤氏からメッセージ】

『NPO法人イノベーターズ・フォーラムのご協力により、客員アナリストたちのレポートの有料メルマガがスタートします。

機関投資家が短期売買志向となったためか、長期の企業業績予想が極端に少ないのです。グロース銘柄発掘隊は長期の業績の予想をベースにリスクプレミアムの設定やバリエーションを行います。理論株価はあくまで一定の前提に立つ上での参考に過ぎませんが、日本では珍しい長期業績の考え方を提供するレポートを目指します。

また、バリュー投資やグロース投資といったスタンスの違いが証券会社のレポートには見受けられませんが、グロース銘柄発掘隊は、長期グロース銘柄に特化したレポートを執筆いたします。グロースなのかバリューなのかはっきりしない証券会社のレポートをグロース目線で補う存在を目指します。

最後に、四半期業績の細かいコストの説明に終始する味気ないレポートではなく、取材に基づく骨太のレポートを目指します。
短期的な業績のブレに一喜一憂することなく、企業を長期の目線で応援していくことを目指します。

長期の業績の考え方やリスクを共に考えていく存在を目指します。

グロース銘柄発掘隊の小月隊長は東京2期生です。
彼の指揮下、隊員たちは、週に一本のフルレポートをディープに発表します。
どれも個性あふれるレポートです。
投資家のみなさまにおかれましては、ぜひ、グロース銘柄発掘隊の客員アナリストたちへのご支援をよろしくお願い申し上げます。』

そのほか、山本節が読める全文はこちら ⇒ https://goo.gl/rAjKKg


まずは以下のリンクから、無料サンプルレポートをお申し込み下さい。

山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」

毎週火曜日配信(祝日の場合は翌平日に配信)
購読料:1ヶ月10,000円+税

 サンプルレポートお申込はこちら ⇒ https://goo.gl/K7fkcR


発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


JUGEMテーマ:株・投資




【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第276号配信中!!

 月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算276号が1月20日に配信されました。

 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。


【1/20配信億の近道の内容にプラスアルファ情報を加えて掲載!】



【1/20 第276号では】

■炎が読み解く相場の視点
■オクチカ掲載内容+補足コメント
■有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/



honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



炎の投資情報サンプル#276 2020/01/20

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
投資情報メールマガジン                   2020/01/20
         炎 の 投 資 情 報 (第276号)

        −プロが導くお金創造のための投資情報−
                              週1回発行
◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


 株式投資には不安がつきもの。山あり谷ありの株式相場を冷静に眺めるアナ
リストが発信する情報をお楽しみ頂ければ幸いです。

 志を大きく持たれた読者各位の大いなる発展と成功を祈願しております。
 ご一緒に頑張りましょう!!

 なお、一部を「億の近道」に掲載することがありますので、あらかじめご了
承下さい。


    ★当メルマガは等幅フォントでの閲覧を前提にしております★


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


              −本日の目次−


■はじめに
■炎が読み解く相場の視点
■オクチカ掲載内容+補足コメント
■有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ
■次回予告


         報告者:炎のファンドマネージャー


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■はじめに


 お正月も後半となって全体相場は海外株高に連れて堅調推移。日経平均が2
万4000円台に乗せてきたことで明るいムードが漂いつつあります。イラン
と米国との関係が不透明な点もエスカレートしない流れが醸成されひとまず買
い安心感が出たことがここでの相場を強くさせています。もちろん米国経済の
強さも注目されており、中国や韓国などとの経済情勢の違いが鮮明に出ており
ます。
 消費税上げ後の日本経済はオリンピックを控えてはいるものの消費マインド
は低調。株式市場は米国株に100%シンクロはしませんが、ジワジワと上昇
するパターンが期待されます。

 こんな相場展開の中でお送りする本日の炎の投資情報はいつもとは趣向を変
えて本日の夜に配信する予定の億の近道のコラムその他を先行してお伝えする
内容となりますので宜しくお願い申し上げます。


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■次回予告


 今回は趣向を変えてお送りしたが、次回もやや趣向を変えての配信とさせて
頂きたい。その内容は乞うご期待としておきたい。
 なお、KAZUYAへのポートフォリオの銘柄コメント、フォローも行いた
いと考える。





(本メルマガは限定された購読者様への情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、ご購読の皆様が損失を被っても執筆者および発行者ならびに配信者は一切の責任を負いません。)



honoh_01.jpg



市場潮流

cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



 先週1月10日(金)は休載いたしましたので、本日が20年最初の執筆となります。本年もよろしくお願い申し上げます。


 今週(1月14〜17日)の東京株式市場は、3連休後の4日間の立ち会いでしたが、日経平均株価が週間で190円69銭上昇し(率にして0.8%の上昇)、2万4041円26銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。

 週初の14日(火)は米中貿易協議の進展期待や円安の進行などを好感し、前週末比174円高となり、前週から3日続伸しました。終値は2万4025円17銭で、19年12月17日以来、約1カ月ぶりに終値で2万4000円台に乗せました。続く15日(水)は利益確定売りが優勢となり反落。16日(木)、17日(金)は米株高を好感し、続伸して終わりました。


 米国では住宅投資が回復しつつあります。過去、裾野が広い住宅投資の回復局面では米国の景気が後退に陥った例は少なく、米国景気の先行きに強気な見方が広がっています。また、主要企業の業績改善が顕著である点も、株高を支えています。
 国内主要企業の19年度第3四半期(3Q)の発表も1月下旬から本格化します。市場では業績回復への期待が高まっており、期待通りの結果が出るようであれば、2万4000円レベルを固めたうえでの上伸も見込めそうです。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/01/17


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/17号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:水島寒月)


        ◆コラム「市場潮流」:水島寒月


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「市場潮流」


 先週1月10日(金)は休載いたしましたので、本日が20年最初の執筆と
なります。本年もよろしくお願い申し上げます。


 今週(1月14〜17日)の東京株式市場は、3連休後の4日間の立ち会い
でしたが、日経平均株価が週間で190円69銭上昇し(率にして0.8%の
上昇)、2万4041円26銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。

 週初の14日(火)は米中貿易協議の進展期待や円安の進行などを好感し、
前週末比174円高となり、前週から3日続伸しました。終値は2万4025
円17銭で、19年12月17日以来、約1カ月ぶりに終値で2万4000円
台に乗せました。続く15日(水)は利益確定売りが優勢となり反落。16日
(木)、17日(金)は米株高を好感し、続伸して終わりました。


 米国では住宅投資が回復しつつあります。過去、裾野が広い住宅投資の回復
局面では米国の景気が後退に陥った例は少なく、米国景気の先行きに強気な見
方が広がっています。また、主要企業の業績改善が顕著である点も、株高を支
えています。
 国内主要企業の19年度第3四半期(3Q)の発表も1月下旬から本格化し
ます。市場では業績回復への期待が高まっており、期待通りの結果が出るよう
であれば、2万4000円レベルを固めたうえでの上伸も見込めそうです。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。

 年末年始の読書にオススメです!


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




新年銘柄玉手箱





【サクッと3分読み可】

 投資顧問とは株屋、もっと言えば銘柄屋。
 という事で本業に立ち返り個別銘柄を書きます。
 今回は判断がしにくくて困っている方も多い新規上場案件を。
 (2020/2/7上場予定)


■ジモティー(7082)

・東証マザーズ
・主幹事大和証券
・予定価格960円
・初値予測2,500円付近まで


■簡単解説


 地域密着型のマッチングで人気を博し2020年満を持して上場。
 初めて知ったのは数年前。
 「取りに来るなら無料でいいですよ」的な誘い文句で電化製品・家具・衣類だとかをCtoCで譲り合う仕組みに感銘を受けたモノでした。

 それから数年経って久々に覗いてみると、やや出会い系サイトのような様相になっていて、少し【脂っこいもの】と【刹那】を感じました。
 狙ってか狙わずか、ともあれ「こうなるわな」という感想を以て再び放置。

 それからは正直ノーマークでした。


 が!気づけばこの度の上場です。
 正直びっくり・・・ですが少し冷静になって考えれば、【モノ】と【モノ】のマッチングだけでは競合他社が乱立していますが、【人】と【人】も繋いじゃうのであれば、もはやブルーオーシャンかも?(トラブル等のリスクは付きまといますが)

 サイト側は「人と人の未来をつなぐ」としています。
 ユーザー数の伸びから見てもあらゆる「情報」を交換できる場としては、すでに不動の地位を築いていると言えそうです。

 また驚くべきことにメーカーと提携して「新品のTV」を格安で販売してたりします。ただのリユースマッチングだけではないうえに、ECでPBまで扱い始め、もはや競合らしい競合が見当たらなくなってくる恐ろしさ。

 このなんでもやりまっせ!的な展開はドンキのマッチングサイトverとでも言いますか、とにかく伸びしろしか感じません。

 改めて取り扱い中の大カゴリーを確認すると「売ります・あげます」「助け合い」「メンバー募集」「不動産」「中古車」「正社員」「地元のお店」「里親募集」「教室・スクール」「イベント」「アルバイト」・・・

 凄いじゃん。なんでもあるじゃん。感動。もう少し見てみましょう。


 株主は、オプト(30.68%)LIFULL(4.29%)などの面々。
 2019年4月にはNTTドコモと資本提携(16.22%)。
 少し気になるのは社長の持分(8.71%)、やや雇われ感強め。最近のトレンドとは言え吉凶どう転ぶか見物・・・(個人的には創業者が適切な量で筆頭が好き)

 業績は、昨年末にようやく微益ですが黒字達成。それまでは4期真っ赤。
 他方、売り上げはこの4年で約20倍まで伸ばしています。売上規模の拡大と並行して、露出を増やし・社員を増やしと、サイズを大きくしていった事が伺い知れます。

 現在の進捗は?というと、前期の通期分売上を3Qでほぼやっているので好調と言っていいでしょう。利益率も上昇中で、純資産・一株利益など財務面の見栄えは今後更に良化しそうです。

 上場してから期待されるシナジーは「認知度向上」。このサイトにとっては最も大きなリターンとなるでしょう。ターゲットの主役である中間層に強くアピールできるはずです。

 また既存のユニークユーザーが興味本位で同社の株を持つ可能性もあり、株式投資家の裾野を広げるといった観点からも個人的には評価したいところ(優待早期実施求む)。


 リスクとしては、【出会い系】の側面があるため、万が一事件のきっかけになった場合はメディアで取り上げられる事になり、イメージダウンは避けられず、広告クライアントが撤退し、進捗が遅れる事が考えられます。念のためこの点だけ確認しておきましょう。

*取組みについては、理事長とのお約束の為ここでは言及できません。ご了承ください。


−あとがき−

 企業も数か月、いや数日見てないと途端にその姿を変えてきますね。
 競合と市場を取り合うと先細ります。競わないところへ舵を取るのがビジネスの基本。変化と進化はマストですね(そういった意味で大和証券さんの扱うIPOは面白いなぁと感じます)。

 皆様も狙っている会社は定期的に調査する事をお勧めします。
 我々は仕事柄毎日見ていますが、投資家さん達はそうもいかないと思いますので、そんな時は私たちのような投資顧問を活用なさってください。


 今日はだだーー!と書き殴りましたが、ブックビル当たった方はもちろん、そうでない方はセカンダリのご参考にどうぞ。
 投資はあくまでも自己判断。ですが情報収集の鮮度と質はとても大事。

 それでは今日も新たな勝者が生まれることを祈って。


(あすなろ産業調査部 大石やすし)


過去掲載 「投資顧問の在り方とSaaS関連の妙味」
      http://okuchika.net/?eid=8797
     「【秘蔵の産業●●】の投資顧問代表大石やすし的見解」
      http://okuchika.net/?eid=8875


[大石やすし氏プロフィール]
 『投資家の勝ちこそが我々の価値!』をスローガンに掲げるあすなろ投資顧問の運営最高責任者。
 IR説明会や企業へ訪問取材を敢行するなど、足で稼ぐ情報収集と投資分析を駆使した銘柄選定が持ち味。年に数回限りの大石銘柄は相場に数々のドラマを生み、その度会員様からの厚い支持を得てきた。


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikaoishi

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じるおそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断にてお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成しておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2020/01/16


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/16号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:あすなろ産業調査部)


         ◆コラム「新年銘柄玉手箱」


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「新年銘柄玉手箱」


【サクッと3分読み可】

 投資顧問とは株屋、もっと言えば銘柄屋。
 という事で本業に立ち返り個別銘柄を書きます。
 今回は判断がしにくくて困っている方も多い新規上場案件を。
 (2020/2/7上場予定)


■ジモティー(7082)

・東証マザーズ
・主幹事大和証券
・予定価格960円
・初値予測2,500円付近まで


■簡単解説


 地域密着型のマッチングで人気を博し2020年満を持して上場。
 初めて知ったのは数年前。
 「取りに来るなら無料でいいですよ」的な誘い文句で電化製品・家具・衣類
だとかをCtoCで譲り合う仕組みに感銘を受けたモノでした。

 それから数年経って久々に覗いてみると、やや出会い系サイトのような様相
になっていて、少し【脂っこいもの】と【刹那】を感じました。
 狙ってか狙わずか、ともあれ「こうなるわな」という感想を以て再び放置。

 それからは正直ノーマークでした。


 が!気づけばこの度の上場です。
 正直びっくり・・・ですが少し冷静になって考えれば、【モノ】と【モノ】
のマッチングだけでは競合他社が乱立していますが、【人】と【人】も繋いじ
ゃうのであれば、もはやブルーオーシャンかも?(トラブル等のリスクは付き
まといますが)

 サイト側は「人と人の未来をつなぐ」としています。
 ユーザー数の伸びから見てもあらゆる「情報」を交換できる場としては、す
でに不動の地位を築いていると言えそうです。

 また驚くべきことにメーカーと提携して「新品のTV」を格安で販売してた
りします。ただのリユースマッチングだけではないうえに、ECでPBまで扱
い始め、もはや競合らしい競合が見当たらなくなってくる恐ろしさ。

 このなんでもやりまっせ!的な展開はドンキのマッチングサイトverとで
も言いますか、とにかく伸びしろしか感じません。

 改めて取り扱い中の大カゴリーを確認すると「売ります・あげます」「助け
合い」「メンバー募集」「不動産」「中古車」「正社員」「地元のお店」「里
親募集」「教室・スクール」「イベント」「アルバイト」・・・

 凄いじゃん。なんでもあるじゃん。感動。もう少し見てみましょう。


 株主は、オプト(30.68%)LIFULL(4.29%)などの面々。
 2019年4月にはNTTドコモと資本提携(16.22%)。
 少し気になるのは社長の持分(8.71%)、やや雇われ感強め。最近のト
レンドとは言え吉凶どう転ぶか見物・・・(個人的には創業者が適切な量で筆
頭が好き)

 業績は、昨年末にようやく微益ですが黒字達成。それまでは4期真っ赤。
 他方、売り上げはこの4年で約20倍まで伸ばしています。売上規模の拡大
と並行して、露出を増やし・社員を増やしと、サイズを大きくしていった事が
伺い知れます。

 現在の進捗は?というと、前期の通期分売上を3Qでほぼやっているので好
調と言っていいでしょう。利益率も上昇中で、純資産・一株利益など財務面の
見栄えは今後更に良化しそうです。

 上場してから期待されるシナジーは「認知度向上」。このサイトにとっては
最も大きなリターンとなるでしょう。ターゲットの主役である中間層に強くア
ピールできるはずです。

 また既存のユニークユーザーが興味本位で同社の株を持つ可能性もあり、株
式投資家の裾野を広げるといった観点からも個人的には評価したいところ(優
待早期実施求む)。


 リスクとしては、【出会い系】の側面があるため、万が一事件のきっかけに
なった場合はメディアで取り上げられる事になり、イメージダウンは避けられ
ず、広告クライアントが撤退し、進捗が遅れる事が考えられます。念のためこ
の点だけ確認しておきましょう。

*取組みについては、理事長とのお約束の為ここでは言及できません。ご了承
 ください。


−あとがき−

 企業も数か月、いや数日見てないと途端にその姿を変えてきますね。
 競合と市場を取り合うと先細ります。競わないところへ舵を取るのがビジネ
スの基本。変化と進化はマストですね(そういった意味で大和証券さんの扱う
IPOは面白いなぁと感じます)。

 皆様も狙っている会社は定期的に調査する事をお勧めします。
 我々は仕事柄毎日見ていますが、投資家さん達はそうもいかないと思います
ので、そんな時は私たちのような投資顧問を活用なさってください。


 今日はだだーー!と書き殴りましたが、ブックビル当たった方はもちろん、
そうでない方はセカンダリのご参考にどうぞ。
 投資はあくまでも自己判断。ですが情報収集の鮮度と質はとても大事。

 それでは今日も新たな勝者が生まれることを祈って。


(あすなろ産業調査部 大石やすし)


過去掲載 「投資顧問の在り方とSaaS関連の妙味」
      http://okuchika.net/?eid=8797
     「【秘蔵の産業●●】の投資顧問代表大石やすし的見解」
      http://okuchika.net/?eid=8875


[大石やすし氏プロフィール]
 『投資家の勝ちこそが我々の価値!』をスローガンに掲げるあすなろ投資顧
問の運営最高責任者。
 IR説明会や企業へ訪問取材を敢行するなど、足で稼ぐ情報収集と投資分析
を駆使した銘柄選定が持ち味。年に数回限りの大石銘柄は相場に数々のドラマ
を生み、その度会員様からの厚い支持を得てきた。


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikaoishi

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742

===================================


■ お知らせ ■


■第42号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第42号レポート配信中!!】


 今週は、業界2強の一角であり、強みを生かした新規ビジネスで高成長を狙
う企業を掲載。競合他社の情報と比較しながら業界分析を行っています。

 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオの銘柄入れ
替えを実施。+120%の銘柄を半数売却した上で、新たに1銘柄追加してい
ます。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第275号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第275号
が好評配信中です。


【炎流投資作戦をはじめ、注目30銘柄情報を掲載!】

【1/14 第275号では】

■炎が読み解く相場の視点
■特別報告:中小型株の物色気運盛り上がる!!〜軽めの株から陽動作戦?〜
  (5銘柄)
■炎の注目銘柄〜時価総額20億円以下の銘柄に見出す投資チャンス〜(5銘
  柄)
■低PBR銘柄研究〜その1:IR推進のフクビ化学(7871時価556円)
■特別報告:リンクバル(6046)株の売買シナリオ
■銘柄コメント(13銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス




【お知らせ】炎チャンネル第90回「2020高値更新あるか?」をアップしました






 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。
第90回「2020高値更新あるか?」がアップされました。


 第90回「2020高値更新あるか?」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36233478
 【YouTube】https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

【今回登場企業】リンクバル コンヴァノ タカチホ LibWork

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資




[石川臨太郎]人生最後の著書のご案内 成功した個人投資家の最後のメッセージを…




◆石川臨太郎氏 人生最後の著書のご案内

末期がん宣告を受け、ご本人の発案から製作がスタートした人生最後の著書です。

過去の著作を含む、自身の投資経験の総括。テクニックや方法論満載です。
そして、余命宣告を受けてからの、家族に資産を遺すための様々なノウハウと実践を綴っています。




[書籍紹介より引用]

余命宣告を受けた著者から連絡が……
 2018年末、ある著者から連絡を受けました。それは、2003年ごろ、パンローリングで著書(『年収300万円を月収300万円に変える投資戦略』など)を出した石川臨太郎さんでした。その内容はいうと「有料メルマガ(生涯パートナー銘柄の研究)で書きためた原稿があるのですが、実は末期のすい臓がんで残された時間があまりないので、一部の原稿と素材を渡しますので、形にしてもらえないでしょうか」というものでした。
臨太郎さんが元気なうちに何とか本を届けたいと考え動き出してはみたものの、結局、存命中に本を届けることはできませんでした。

「遺言」として書かれた本書の内容とは
 本書は、臨太郎さんの「これからの投資家への遺言として作りたい」という願いを形にしたものです。その“遺言”の内容は大きく2つに分かれます。それは、「資産を作るための株式投資」と「資産を遺すための株式投資(※資産運用)」です。




 パンローリングの直販サイトで購入出来ます(送料無料)。即日発送です。

 Amazonで即日発送


 ぜひ、石川臨太郎氏の最後のメッセージを受け取って下さい。



JUGEMテーマ:株・投資




有料メルマガライブラリから(322)「高値掴みせず割安な企業の株をさらに安く買うチャンスを狙う」

4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「高値掴みせず割安な企業の株をさらに安く買うチャンスを狙う」=
 (有料メルマガ第364回・2016/1/19配信号)


※注 2016年1月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 過去に学んだジム・ロジャースの言葉ですが『短期売買では人間の心理が価格に影響を及ぼす』ということも頭では理解していました。

 東日本大震災が起きた3月11日の震災後に開いた3月14日からの日本の株式市場において、ほとんどの銘柄が暴落しました。

 ただ、この時は日本株の暴落の理由が明白に分かっており自分でも納得できていたので、日本の復興に寄与する企業に投資して持ちつづけようという投資方針を立てることが出来ました。

 しかし2016年1月に入ってからの日本株の暴落については、世間で言われている理由だけで、日本株だけが米国株などに比べて下落率が大きくなるということに納得できない自分がいます。


 このような時は、日本人が生きていくうえで必要不可欠のライフラインを提供するためのビジネスを行っている内需株のうち、業績が伸びているのに株価が大きく下げ続けている企業の株価をウォッチしながら、少しずつ買い増して行く投資作戦で行くのが良いのではないかと、いま時点では考えています。


【中略】


 過去においても、何度か自分に納得できない理由で、日本株が大きく下落したことがありました。そのような苦しい時にいつも思い浮かべることは『今の状態をチャンスと捉えることができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来がまったく違ってくる。』ということです。

 投資でも人生でも結果や結論が直ぐに出ることは少ないです。投資でも今日上がった株が、明日下げてしまうかもしれないし、ここのところ下げ続けている株が、自分が投げたとたんに暴騰を始めることも、無いとはいえません。


 今は、直ぐに大きくリバウンドがスタートするとはあまり期待できないと自分でも思っています。しかし過去における大きな株の暴落のあとで、1年くらいたってから調べてみると、下げ過ぎた企業の株は、予想以上に大きくリバウンドしていることが多かったです。


【中略】


 30年以上続けている株式投資、ゴールド投資や賃貸不動産などに対するいろいろな経験。そして投資などよりずっと重い人生における経験から、このような不条理な状態に耐え切れずに焦ったり、捨て鉢になって行動するのは、とても愚かなことだと学んできました。

 過去の体験を良い経験変えて将来の役に立てるために学んだことで、今回のような時にとても役に立っているのは『じっくりと待つ力』、『結論を保留して時間にゆだねる力』を身に付けてきたことです。

 「待てば海路の日和あり。」「待てば甘露の日和あり。」ということわざにもあるように、自分ではどうしようもない事が起きているときは、時間に任せて待つということも大事なことです。


 今の日本株の一人負けのような日本株の下落状況において日本株に投資する投資家として参加して、リスクをとった分の利益も得られるチャンスと捉えることができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来がまったく違ってくると考えています。


 社会にあるいろいろなシステムもそうですが、投資などの資産のポートフォリオも、それを構成するファクターが多様であればあるほど安定的だということを、しっかりと意識しつつも、収益力と財務的な堅牢さを併せ持つ銘柄が大きく投げられている状況で、更に株価が下がるリスクに敏感になりすぎて、市場の動きに付和雷同すると、投資環境が改善に向かい投資した資産背景もあり業績の良い企業の株価が回復している流れを取り逃がしてしまう可能性も高まります。

 過去の投資の格言にある『人の行く裏に道あり花の山』にでてくる『人』というのは他人をさすばかりではなく、『投資を行うのを嫌がって危険視している、いまの自分の感情』のことも指している。こんなことも過去に学んできました。


 こんな投資環境の悪いときに株式投資を継続する(=株を買い持ちする)という投資行動は、過去に何度も何度も体験してきたことではありますが、大いに気持ちが悪い不安な状態です。アベノミクスがスタートしてからの日本株の上昇を満喫してきた後で、急速に日本株が下落している状況に精神的なダメージを受けている投資仲間もいらっしゃると思います。

 このような状態のときに『不安や気持ちの悪さ』を感じることは株式投資に参戦して、安全運転で生き延びていくためには必要な感覚です。否定して改めるべき感覚ではなく『自分は安全運転の基本を守っている』と確認して、まず安心すべき事態です。

 しかし、この感覚に付和雷同した投資行動、すなわち不条理な状態に耐え切れずに焦ったり、捨て鉢になって衝動的投資行動を行うのは危険極まりない行為です。


【中略】


 不条理感に悶々とするときには、今日のコラムに書いてきたようなことを思い返して、『短気は損気』と待つというモチベーションを途切れさせないように、冷静さを失わないように心がけるようにしています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
  京阪神ビルディング(8818)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料です)
  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20160119


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM