億の近道2020/07/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/07/08号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
           (本日の担当:小屋洋一)


   ◆コラム「顧客の行動から考える残念な3つの資産運用パターン」


===================================


■ 炎の投資情報通算300号配信記念プレゼントのお知らせ ■


「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第300号
が好評配信中です。

 通算300号配信を記念して、プレゼントをいたします!
 すでにたくさんのご応募ありがとうございます!
 詳しくは下記をご覧下さい。


★ 通算300号配信記念プレゼント! ★

【応募者全員に次回有料メルマガ7月13日配信号をプレゼント!】

応募フォームにご記入の上、ご応募下さい。

 ご応募はこちら ⇒ https://bit.ly/honoh300

※必ず magazine@honohfm.com を受信設定にして下さい。
 配信エラーとなるとお手元に届きませんのでご了承下さい。
 特に携帯電話アカウントは未設定だと届きませんのでご注意下さい。

※応募〆切は7月12日(日)23:59です。
 お早めに!

★ 皆様のご応募をお待ちしております! ★



【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第300号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

【IPO銘柄レポートやコロナ影響軽微な銘柄情報をレポート!】


【7/6 第300号では】

■相場の視点 〜〜日本でのコロナ第2波を睨む展開〜
■IPO銘柄動向(6銘柄)
■今週から来週にかけてのIPO銘柄
■コロナ禍に対して影響を受けにくい銘柄チェック(5銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


【予告】


 4か月ぶりのセミナー開催予定!

 今回のタイトルは「コロナをぶっ飛ばせ!長期投資株のススメ」

 億の近道でおなじみの炎のファンドマネジャーと山本潤氏が登壇。
 それぞれが思い描く長期投資を語っていただきます(予定)。

 日時:7月23日(木・祝日)14:00〜16:30
 場所:東京都

 リアルセミナーと配信セミナーの同時開催予定。
 リアルは70名定員のところ20名限定募集となる予定です。
 配信は初の試みなのでテストを兼ねてツイキャスを利用する予定です。

 詳細は金曜日に発表します。
 スケジュールを空けて、楽しみにお待ちください!!


===================================


◆コラム「顧客の行動から考える残念な3つの資産運用パターン」


 最近は、お客様の資産運用のレポートを作成してまとめているのですが、少
なからず、資産運用では取れない方が良い行動をとることによって運用のパフ
ォーマンスを悪化させている顧客を見かけます。


 そこで、運用のアドバイザーから見て「残念」と感じる顧客の行動パターン
について考えてみたいと思います。


1.1年という短期で運用結果を判断してしまう

 1番残念なパターンはこれです。

 株式というポジションにお金を投じた場合には、運用のリターンは少なくと
も5年、できれば10年以上の時間軸で、資産が成長してくことを理解して欲
しいものです。

 株式運用を開始するお客様には、口を酸っぱくしてこの事について話をした
うえで運用開始するのですが、一定数のお客様は、そうはいっても1年後に資
産が増加していないと継続をあきらめてしまう結果になってしまったりします。

 先日も、2015年〜2016年の時期に、相場が悪く、1年間で運用を辞
めてしまったお客様のデータを見ていました。

 しっかりと継続さえしていれば、5年後の現在では株式での資産は1.5倍
程度に増加している結果になっていました。

 おそらく、この過去のお客様はそのような結果や運用の成果を残していない
と思われます。

 株式運用を始めたら10年は結果を待つという姿勢を持ってほしいものです。


2.資金運用の額が少なすぎる

 2番目に多いパターンがこちらです。

 資産運用の取り組みに関しては問題がなく、1とちがって運用されている資
産については結果を残しています。

 ただし、問題は資産運用のリスクを少なく抑えようとしすぎるあまり、運用
の成果としてもそれほど受けられないというパターンです。

 例えば、1,000万円を保有している場合、800万円運用を行い、20
0万円を預金で保有していれば、仮に運用で資産が1.5倍に増えた場合には
800×1.5+200=1,400万円と、資産は1,4倍になります。

 しかし、これが200万円運用し、800万円を預金で保有していた場合、
運用が1.5倍の成果であった場合には

200×1.5+800=1,100万円と、資産は1.1倍にしかなりません。

 このように資産運用に取り組む金額そのものが少なすぎるために、適切なリ
ターンを受け取れないという人は、資産運用に取り組んでいる人の中でもほと
んどなのではないかと感じています。


3.原則のない個別株投資を行う

 小屋個人も個別株投資は好きなので、もちろん個別株投資を否定するつもり
はありません。

 ただし、個別株投資は個別の株式をしっかりと研究して、納得のいく銘柄を
選び保有するという事であればよいのですが、多くの投資家は、そんな深く検
討することなく思い付きに近いレベルで購入したりしています。

 そのため、保有するリスクは高く、リターンは思ったよりも低いという結果
になってしまっている投資家は多いものです。

 趣味や楽しみとして個別株に投資することを否定はしませんが、パフォーマ
ンスの面では個別株投資が全体の運用パフォーマンスを押し下げているという
事はよく見かけます。


 1>2>3の順番で、運用には悪影響を与えますので、ご自身の運用につい
ても1、2、3の順番で一度考えてみてください。


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

https://mlplanning.co.jp/diagnosis/


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/



■【告知】メルマガ読者のみなさまへ■


小屋です。

 先日個人事業主やビジネスオーナーをイメージして下記のようなオンライン
コンテンツを作成しました。

 今回は、動画で学ぶと同時に、弊社のコンサルティングもセットで
55,000円で提供しています。

 これは、弊社の普段のメニューと同じ値段で大変お得な商品になっておりま
す。

 もしも、自営業者やビジネスオーナーで資産運用をご検討の方がいらっしゃ
ればこのコンテンツをお求めいただければと思います。


●ビジネスオーナーのための『お金の強化書』

https://tlp.edulio.com/coovii/cart/detail/2041

 税理士が教えてくれない個人・法人両面からの資産運用プラン
 金融商品の販売を行わないからこその中立的なアドバイス
 節税から運用まで、みなさんの疑問にお応えします!

【ビジネスオーナーのためのお金の強化書で得られること】
 1.屈指の独立系FPから個別アドバイスを得られる!
 2.法人・個人を活用した節税方法がわかる!
 3.時間をかけずに資産運用のポートフォリオを構築できる!


 当コンテンツでは、屈指の独立系FP小屋洋一からの個別アドバイスだけで
なく、9.5時間のeラーニング教材が付属していることで、事前に、または
わからない点を後から学習することができます。

 適切な節税方法から、世界の富裕層が実践している資産運用方法まで、ノウ
ハウを全公開しています。

 ご自身の数字、考え方を棚卸し、未来に向けた戦略を構築するチャンスです。
法人、個人の主体を活用しながら、個人だけでなく家庭についても考えていた
だきながら、ライフプランをマネープランに落とし込んでいく作業です。
 会社と同様、一度立ち止まり、戦略戦術を一緒に設計していきませんか?


【小屋洋一プロフィール】

 株式会社マネーライフプランニング代表。
 慶應義塾大学経済学部でファイナンスを学び、
 卒業後リース会社に就職。

 2004年から不動産ベンチャー企業にて営業、企画を担当しながら不動産
投資実務についても研究。

 2008年個人のファイナンシャルリテラシーの向上をミッションとした
株式会社マネーライフプランニングを設立。

 現在は個人資産家層を中心にコンサルティング業務を行う。
 投資勉強会やFP向け教育の講師など、活動の範囲は幅広い。

『35歳貯金ゼロなら親のスネをかじりなさい』をはじめ著書も多く、
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、
NHK「NEWS WEB」などテレビにも多数出演。

 CFPR(公認ファイナンシャルプランナー)、
 一級ファイナンシャル・プランニング技能士、
 首都圏ファイナンシャル・プランニング技能士会理事。


【こんな方にお勧めします!】

・ビジネスオーナー(持ち株比率70%以上など)の方
・年収2000万円以上稼いでいるスペシャリストの方
・具体的な節税方法について知りたい方
・ご自身の法人の出口戦略を考えたい方
・効果の高い保険商品を知りたい方
・どのように運用をすべきか知りたい方
・税理士など専門家の活用方法を知りたい方


【講座概要】

 講義時間数:9.5時間。
 節税方法から資産運用まで、考え方・ノウハウを大公開!

 個別面談:リアルまたはオンラインで3回実施
(リアル面談は東京都中央区銀座の講師オフィスとなります)

 面談内容:
 【1回目】ヒアリング
 【2回目】分析結果提示
 【3回目】対応策の提示

 面談時間:各1時間〜2時間を予定しております。

 アドバイザー:小屋洋一、または(株)マネーライフプランニング所属の
 ファイナンシャルプランナーになります。
 なお、全個別アドバイスの内容は小屋洋一が監修いたします。

 面談時期:別途調整いたしますが、コンテンツ視聴前、視聴後問わず活用
 いただけます。


株式会社マネーライフプランニング
小屋 洋一


===================================


■ お知らせ ■


■第67号配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第65号レポート配信中!!】


 今週は、長期で着実に安定成長していくと考えられる企業
を分析。
 市場の大きさとコンペティターの少なさ、サービス内容の合理性から大きく
花開く可能性を示唆。業績予想と理論株価を算定しています。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 第一稀元素化学工業(4082)のフォローレポートを追加!!
 昨年8月発表レポートの更新となり、ほぼフルボリュームのレポートとなっ
ております。

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================




JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:資産運用




億の近道2020/07/07


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/07/07号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:石川臨太郎&あすなろ産業調査部)


 ◆コラム「有料メルマガライブラリから(343)」:石川臨太郎
 ◆コラム「株の玉手箱 IPO祭り第2弾はくるか?大石的見解を述べます」
     :あすなろ産業調査部


===================================


■ お知らせ ■


■第67号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、長期で着実に安定成長していくと考えられる企業
を分析。
 市場の大きさとコンペティターの少なさ、サービス内容の合理性から大きく
花開く可能性を示唆。業績予想と理論株価を算定しています。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 本日、第一稀元素化学工業(4082)のフォローレポートを追加!!
 昨年8月発表レポートの更新となり、ほぼフルボリュームのレポートとなっ
ております。

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(343)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「『休むも相場』という言葉も意識することも大事」=
 (有料メルマガ第488回・2018/7/3配信号)


【前略】


 私が若いころにも「戦後、強くなったのは女性とストッキング」などとよく
言われていました。そして私が60歳を超えたいまでは、ますます日本の女性
は元気になった。元気すぎると感じます。

 女性が元気が良いというより、草食男子といわれるように男性が優しく、や
わになったのかもしれません。

 父親が不況に打ちひしがれてしょぼくれて縮んでしまったので、それを見て
育った男性諸君が草食化してしまったのかもしれません。

 相対的に女性が強くなったのかな、などと思ったこともありましたが、いや
いや絶対に女性が強くなっていると確信している今日この頃です。

 女性が強いのは、敗戦後の混乱期から現れている。女性が家族を守るために
平然とやみ物資を買いに走った、それは母の強さということでした。したたか
な強さ、最高です。

 今の女性の強さはその当時の母の強さとはちょっと違うようにも思えますが、
同じ景気の回復が実感できない日本に生きているとは思えないほどの強さを感
じるのは私だけではないと思います。


 女性の強さを、男も見習わなければいけませんね。何でこんなに男が弱くな
ったのか。私にはよくわかりません。

 リストラや倒産による失業も怖い。家庭にも居場所がない。働く日本のお父
さんの地位はバブル後の不動産や株よりも下落が激しいようにも思います。
 「24時間戦えますか」というドリンク剤がうけたバブルに時代にさえ、お
父さんの地位は下落していました。日本株の株価はアベノミクスのおかげでず
いぶんと上昇しましたが、男の権威は、もう下がりっぱなしです。

 私が中年のころ、お父さんの自由になるもの、というアンケートで寝る時間
くらいしか自由になるものがない、という情けない結果が出たという話も聞い
たことがあります。

 「いや俺は自分の小遣いの金額は俺が決めている」という強気の発言もあっ
たようですが、実態を調べると生活費や教育費、住宅ローンを差し引くと、お
父さんのお小遣いは残りに2〜3万円に自動的に決まるというのが正解のよう
でした。

 テレビのチャンネル権すらないお父さん。こんなことでいいのか。家庭でお
父さんの地位を貶めているのは、奥さんです。子供の前で、お父さんの給料の
少ないのをなじるなんて許せないと思いませんか。

 子供のほうが成長期だからと、お父さんのおかずより子供のおかずのほうが
多いなんておかしくありませんか。

 これでは会社で企業内暴力に傷ついているお父さんはたまりません。家族の
為に働いているお父さんに、家族はもう少し暖かい声援を送っていただきたい。


 私が一番今女性を真似したいこと。嫌なものは嫌だとはっきりいいきること
です。理屈もへったくれもなく物事を否定する女性のすごさに、私は憧れを持
っています。あれは凄いですね。男は、本当に理屈に弱いですね。相手の言い
分にも一利あるなんて考えてしまう。

 でも日本の男は議論ができないのも事実です。会社でも上司に反対意見を述
べると、「お前は俺が嫌いだろう」とくる。そして後で陰湿な嫌がらせをして
くる。

 昔はそういうのを「女々しい」と言ったようですが、今は男のほうがよっぽ
ど女々しい。むしろ、そういうのを「雄雄しい」と言い換えたほうがいいくら
いだと思います。

 だから議論なんてするのは馬鹿です。嫌なことには、理屈もへったくれもな
く「嫌だ」といってみたいんです。


 ものすごく気分が晴れるような気がします。
 でも経済的独立をしていないと出来ません。

 経済的独立を勝ち取るためにも株式投資で成功して、資産を増やして、経済
的独立を達成しましょう。

 経済的独立とはお金の苦労から自由になることです。
 そうすると不正をしろと上司から指示されても『嫌だ』と拒絶することが出
来るようになります。その上で匿名で司法に訴えれば良いのです。その結果、
いまの日本では企業の不正が、次々に発覚しています。

 不正を告発したために、企業が苦境に陥り、倒産してしまっても、経済的独
立を果たしていれば、生き残ることが可能です。そこまでしなくても、パワハ
ラで追い込まれてしまうことは無くなると思います。


 私ばかりではなく、同じ経験している人は次のように感じています。

 パワハラを受けると、その人は自分が悪いと思ってしまう傾向があります。
 いまのようにパワーハラスメントの相談室があっても、自分がダメになるま
で相談することは殆どないようです。自分が自殺するところまで追い込まれた
ら、会社に出勤できなくなるほど精神的に痛めつけられたら手遅れです。
 私が勤めていた職場のように、パワハラが蔓延している職場ではその異常さ
に気が付かないことが多いのです。職場で吊るし上げられている人が悪い、そ
れが違ったとしても誰も指摘しない状態になります。

 公共の場所で、暴行を受けている人がいても、自分に被害が及ぶのを恐れて、
見ないふりをする人が多いのと同じことが起こります。

 日本では、真面目に働いてさえいればちゃんと退職金がもらえ、年金もきち
んと支払われて退職後の人生が安泰に過ごせるという希望的観測を述べる人が
ほとんどいなくなってしまいました。

 働く世代から集めた資金を一定の年齢に達した老人に払うという年金制度は
過去5年ごとに改悪されてきました。

 それでも年金の支払いは国が約束しているので、実際には大丈夫だといわれ
ても不安に感じる国民の多いようです。しかし年金をかけることを止めるのは
愚行です。

 私は株の利益で公的年金も維持したし、私設年金も払い込んできました。
 その結果、会社を早く辞めましたが、夫婦が65歳になった時には、ほどほ
どに豊かな生活を維持できる年金が寿命が尽きるまで確保できるようになりま
した。

 株で大きく稼げた時は、私設年金など、自分が何もしなくても将来的にお金
が自動的に入ってくる仕組みを作ることが重要です。

 自分がぼけてしまっては、株式投資は行えません。だから株で稼いで1億円
作った、3億円作った。そのお金を株で運用し続けて、これからも稼ぎ続ける
というのは、危険すぎると感じます。

 株の儲けから自分が株式投資をできない状態になっても、自動的にお金が入
ってくる仕組みを作るために使用することが大事なのです。

 お金をいくら稼いでも、見てくれの若さは買えても、本当の若さが買えない
のと同じように、60歳を過ぎたら、いくらお金があっても年金を増やすこと
が出来ません。若いときから時間をかけて構築していくことが必要なのです。

 多くの人は不安に思いながらも何もしていないというのが現実の日本人の姿
のような気がします。

 私は若いころから、自分のいままで稼いで来た資産に働いてもらって、つま
り資産運用をして、未来には必ずやってくることが確実視されている難関を突
破するために、必死で考えて出来ることをやろうと実行してきました。その成
果がいま花開いて、私の生活を守り、安心を与えてくれています。


 いま思うと、2005年は本当に象徴的な年でした。おめでとうございます
とは冗談にもいえない、エポックメイキングの年でした。

 日本人の平均年齢がついに50歳に達したというのです。高齢化が急速に進
む先進国日本社会がついに「平均年齢50歳時代」という深刻なステージに突
入しました。

 いま私のような60歳過ぎの人々は逃げ切りセーフ世代と言われていました。

 バブル期とバブル崩壊期を何とか生き抜き、定年までに住宅ローンを払い終
える人が多いので、若干年金の支給額が減ることはあっても年金だけで日本人
の平均寿命くらいまでは大丈夫だ。贅沢をしなければ生活費に困ることなく生
き抜くことができる世代に属すると見られているのです。

 でも年金だけではとても心もとなく不安は大きいものでした。特に51歳で
サラリーマンから逃げ出した私には不安は大きかったものです。

 だから資産運用能力を高めて、来るべき大受難時代を生き抜かなければなら
ないと考えて努力を続けていました。

 10年もたたずに大変な時代がくることが分かっていながら何もしないのは
怠慢のそしりを免れないのではないでしょうか。

 購読者の皆さんもしっかり運用能力を磨いて、持てる資産に思い切り働いて
もらう参考にしようと、このメルマガを購読してくださっているのだと思いま
す。

 日本では多くの資金が銀行や郵便局に預・貯金として眠っています。たった
0.01%程度にしかまわらない、とんでもない低金利の運用商品にお金が塩
漬けになっているのです。

 私には、この状態はお金が遊んでいる状態としか思えなかったのです。
 私の提案は、運用能力を高めて資産に働いてもらいましょうということに尽
きます。

 本当にアベノミクスを生かせたことはラッキーだったと感じています。
 特に去年は本当に株式投資をする人々にとっては幸せな投資環境にありまし
た。

 しかし、今年は違います。常夏の状況から寒波が襲ってきた状況です。
 このような厳しい投資環境の時は、ちょっと株式運用につぎ込む資金の一部
はキャッシュに換えて、温存すべきです。

 運用資金の全部ではなくても、通常よりはずっとキャッシュ・ポジションを
大きく持って、安全運用を心がけるのも良い投資戦略だと考えるようになりま
した。


 本当は、どんな投資環境においても株式投資で利益を得られる運用能力を身
に着けたいと考えて努力してきました。このような時は、短期のトレードで利
益を稼ぐのが一番良いと考えています。これも過去の経験で学んだ大事なこと
です。

 でも、短期トレーダーはファンダメンタルズ分析を無視している人も多いよ
うです。無駄なことはやらない。そう言ってファンダメンタズ分析は一刀両断
に切り捨てられました。

 そのような投資家はヤマカンでトレードしています。無意識で上りそうな株
を選び出す能力が身についているようです。しかし、それを他の人に説明する
ことが出来ません。

 その人に学ぼうとしても、その人には正しく説明することが出来ないからで
す。ヤマカンですと言われては学ぶほうはお手上げです。

 私は安全にトレードして稼ぐためにもファンダメンタルズ分析は非常に有効
だと考えています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
 岡谷鋼機(7485)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
 コラムでは研究銘柄候補4銘柄をピックアップしています。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20180703


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著書好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


◆コラム「株の玉手箱 IPO祭り第2弾はくるか?大石的見解を述べます」


本文
*約1500字・完読サクッと3分でどうぞ


【まえがき】

 あすなろ投資顧問代表大石です。
 6月4日の便で書いた通りIPOに資金が向かう6月後半戦でした。
 少しはお役にたてたのではないでしょうか?

 さてさてIPOラッシュ7月バージョンです。チェックしましょう。


【Speee(4499)7/10上場】


 私が知っている同社はかつて(2012年頃?)SEO対策を主軸としたW
EB戦略会社でした。順調!?にスケールしこの度の上場。

 安売りしない強気設定なサービス価格は当時度肝抜かれましたが・・・売上
は順調に伸びていますが利益は不安定。2017年9月期に大赤字をやってか
らはそれまでの水準に戻れないでいます。
 おまけに目新しい事業もないので過熱しにくくセカンダリやるには少し?地
味か?主幹事野村さんなので頑張るとは思いますが様子見としておきたい。


【アイキューブドシステムズ(4495)7/15上場】


 こちらも野村さんの案件。
 クラウド関連に属するテーマ株として人気化しそうな雰囲気。
 奇しくもコロナの出現で企業価値を高めたモバイルデバイス管理サービスを
主軸にソフトの開発にも着手。市場規模の拡大と共に大きく成長しそうな会社。
 業績はまだまだ見映えしませんが右肩狩りで特に直近の伸びが著しい。コロ
ナを追い風と出来たのか?上場後の決算発表に注目したい。
 初値付けた後はかなりボラが高まると思われ、短期筋にはたまらない案件に
なりそうです。


【GMOフィナンシャルゲート(4051)7/15上場】


 4495と同日上場。
 GMO軍団は過去の事例を見てもかなり高くつく傾向があります。加えて足
元のGMO人気。7月15日は目がチカチカしそうです。
 株主にはVCがわんさか居ますがロックアップ解除後即座にキャッシュアウ
トしそうな小型は少ないので売り圧力はそこまで高まらないかと。
 業績よし・人気度高し・枚数少なし・テーマ性良しの案件。セカンダリもタ
イミング次第でチャンス有だと思います。個人的には熊谷さんの大ファン。
 仮の話ですが私なら目をつぶって青田買いするでしょう。


【KIYOラーニング(7353)7/15上場】


 なんとなんとこの会社も15日上場になり3社乱立の様相。資金の行先が分
散し若干面白くない展開に。
 しかしながら同社は時流に乗るテーマ性が有り枚数も少ないため大きな上昇
が期待される銘柄となりそうです。私見では初値2倍3倍もあると睨んでます。
 業績面は売上増利益減と言った内容であまり見映えしませんが、いわゆる投
資フェーズなので気にする必要はないかと。成長期待でBETするなら○。


【まとめ】


 あと3社ありますが長くなるので今日はここまで。

 実は「サクッと3分!て書いてあるけど3分で読めるのは大石だけだ!」
なんて言われたりしてまして、少し精度を高めたいと思っています。
 読者様の貴重なお時間無駄にしたくありませんからね。


 ご参考ください。

 では今日も新たな勝者が生まれることを祈って。


(あすなろ産業調査部 大石やすし)


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikaoishi

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会


(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


===================================


■ お知らせ ■


【プレゼントあり!炎のファンドマネージャー有料メルマガ第300号、
 好評配信中!! ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第300号
が好評配信中です。

 通算300号配信を記念して、プレゼントをいたします!
 たくさんのご応募ありがとうございます!
 詳しくは下記をご覧下さい。


【IPO銘柄レポートやコロナ影響軽微な銘柄情報をレポート!】


【7/6 第300号では】

■相場の視点 〜〜日本でのコロナ第2波を睨む展開〜
■IPO銘柄動向(6銘柄)
■今週から来週にかけてのIPO銘柄
■コロナ禍に対して影響を受けにくい銘柄チェック(5銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


★ 通算300号配信記念プレゼント! ★

【応募者全員に次回有料メルマガ7月13日配信号をプレゼント!】

応募フォームにご記入の上、ご応募下さい。

 ご応募はこちら ⇒ https://bit.ly/honoh300

※必ず magazine@honohfm.com を受信設定にして下さい。
 配信エラーとなるとお手元に届きませんのでご了承下さい。
 特に携帯電話アカウントは未設定だと届きませんのでご注意下さい。

★ 皆様のご応募をお待ちしております! ★


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/07/06


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/06/01

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★


===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:炎のファンドマネージャ&相川伸夫)


  ◆コラム「東証改革で注目される銘柄群」:炎
  ◆コラム「相川伸夫のクロスフォ―緊急取材報告」:相川伸夫


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第300号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第300号
が本日配信です。

 通算300号配信を記念して、プレゼントをいたします!
 詳しくは下記をご覧下さい。


【IPO銘柄レポートやコロナ影響軽微な銘柄情報をレポート!】


【7/6 第300号では】

■相場の視点 〜〜日本でのコロナ第2波を睨む展開〜
■IPO銘柄動向(6銘柄)
■今週から来週にかけてのIPO銘柄
■コロナ禍に対して影響を受けにくい銘柄チェック(5銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


★ 通算300号配信記念プレゼント! ★

【応募者全員に次回有料メルマガ7月13日配信号をプレゼント!】

応募フォームにご記入の上、ご応募下さい。

 ご応募はこちら ⇒ https://bit.ly/honoh300

※必ず magazine@honohfm.com を受信設定にして下さい。
 配信エラーとなるとお手元に届きませんのでご了承下さい。
 特に携帯電話アカウントは未設定だと届きませんのでご注意下さい。

★ 皆様のご応募をお待ちしております! ★


===================================


◆コラム「東証改革で注目される銘柄群」


 〜大量上場廃止時代の到来が予想される中で〜


 世間一般にコロナ騒動で揺れる中にあって制度変更に伴い株式市場にもいつ
の間にか大きな変革の波が訪れようとしている。
 3800足らずの上場銘柄のうち時価総額の小さな企業の株式は今後、東京
証券取引所の基準から外れてしまい、上場廃止を余儀なくされる恐れがあるの
だから投資家にとっては気が気ではないだろう。

 皆さんがお持ちの株はそうした基準をクリアできると思うが、中には上場維
持基準をクリアできないまま市場からの退出を余儀なくされる企業も出てくる
可能性がある。
 上場企業は一種の既得権的な存在で上場の価値を活用して事業の拡大を図ろ
うとしているものと思うが、意に反して業績が伸びずに結果として時価総額が
取引所が決めた基準を満たさずにいる企業も見受けられる。
 せっかく苦労して東証上場のお墨付をもらうことができたとしてもそれを十
分に活用できないままビジネスの発展ができないで市場から去っていかざるを
得ないというのは大変に残念なこと。

 東京証券取引所は市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQ(スタ
ンダード及びグロース)の5つの市場区分に関して2022年4月1日を目途
にプライム市場、スタンダード市場、グロース市場(いずれも仮称)の3つの
市場区分へと見直しが実施されるという方針を打ち出した。このことは2月に
発表されたことなので皆さんも十分にご存知だとは思いますが、その結果株式
市場も俄かに忙しくなってきたという印象だ。
 この新基準による移行基準日が来年の6月末日に迫ってきたことで銘柄選び
にも注意が必要となる。

 皆さんがお持ちの銘柄は果たして市場に残れるのか、残れないのか、残れる
ためにはどういった方策が必要となるのかを考えておく必要が企業経営者には
必要となる。

 大雑把に言うとプライム市場の流通時価総額は100億円以上となるし、ス
タンダード市場では10億円が目途となる。
 更にグロース市場では5億円をクリアする必要がある。詳細の基準内容は東
証のHPで確認頂くとして、発行済み株式数−(上場株式数の10%以上を所
有する株主が所有する株式数+役員所有株式数+自己株式数)で定義される流
通株式の時価総額がこうした基準を満たすためには現状の時価総額の小さな企
業には一段と積極的なIRや事業拡大方針の?打ち出しが必要となるだろう。


【各新市場のコンセプト】


 これまで慣れ親しんできた東証1部、東証2部といった区分がなくなること
は寂しい限りだが、これは改革が遅れてきた日本の株式市場にとってはようや
く改革が本格化し諸外国の基準と比べられる土俵の上に乗るという程度に考え
ておきたい。

1.プライム市場

 多くの機関投資家の投資対象となりうる規模の時価総額(流動性)を持ち、
 より高いガバナンス水準を備え、投資家との建設的な対話を中心に据えて持
 続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする企業及びその企業に
 投資をする機関投資家や一般投資家のための市場

 <新規上場基準>
 ⇒株主数800人以上、流通株式数2万単位以上、流通時価総額100億円
  以上、時価総額250億円以上、流通株式比率35%以上
  最近2年間の利益合計25億円以上、売上高100億円以上かつ時価総額
  1000億円以上

 <上場維持基準>
 ⇒株主数800人以上、流通株式数2万単位以上、流通時価総額100億円
  以上、1日平均売買代金0.2億円以上、流通株式比率35%以上


2.スタンダード市場

 公開された市場における投資対象として一定の時価総額(流動性)を持ち、
 上場企業としての基本的なガバナンス水準を備えつつ、持続的な成長と中長
 期的な企業価値向上にコミットする企業及びその企業に投資をする投資家の
 ための市場

 <新規上場基準>
 ⇒株主数400人以上、流通株式数2000単位以上、流通時価総額10億
  円以上、流通株式比率25%以上
  最近1年間の利益が1億円以上、純資産がプラスであること

 <上場維持基準>
 ⇒株主数400以上、流通株式数2000単位以上、流通時価総額10億円
  以上、流通株式比率25%以上


3.グロース市場

 高い成長性を実現するための事業計画及びその進捗の適時・適切な開示が行
 われ一定の市場評価が得られる一方、事業実績の観点から相対的にリスクが
 高い企業及びその企業に投資をする機関投資家や一般投資家のための市場

 <新規上場基準>
 ⇒株主数150人以上、流通株式数1000単位以上、流通時価総額5億円
  以上、流通株式比率25%以上、時価総額基準はなし。

 <上場維持基準>
 ⇒株主数150以上、流通株式数1000単位以上、流通時価総額5億円以
  上、流通株式比率25%以上 上場から10年経過後40億円以上


 文章をよく読むと理解はできるが、個人投資家の皆さんにはやや理解がしに
くい内容かも知れません。移行に際しては一定の経過措置が取られますが、既
に7月からのIPOはこの新基準に近い枠組みで上場を果たす予定です。

 ここで問題となるのか上場して10年以上も経過した企業の時価総額が40
億円以下の場合はこれをクリアしていく必要があるということです。
 またオーナー経営で流通時価総額が基準以下の場合も対応に迫られることに
なります。


 以下、いくつかの事例を紹介しておきます。


1)サイネックス(2376・東証1部)の場合

 時価689円 時価総額44.6億円 発行済み株式数647万株
 流通株式383万株 同時価総額26.4億円
 スタンダード市場へ


2)テノックス(1905・JQ)の場合

 時価894円 時価総額68.8億円 発行済み株式数769.4万株
 流通株式数691.4万株 同時価総額61.8億円
 スタンダード市場へ


3)リンクバル(6046・M)の場合

 時価280円 時価総額54.6億円 発行済み株式数1950万株
 流通株式数688万株 同時価総額19.3億円
 スタンダード市場ないしグロース市場
 流通比率35.3%
 株価5倍化実現すればプライム市場も夢ではないが・・。


4)日創プロニティ(3440・T2)の場合

 時価658円 時価総額48.4億円 発行済み株式数736万株
 流通株式数424万株 同時価総額27.9億円
 スタンダード市場


5)バーチャレクスHD(6193・M)の場合

 時価455円 時価総額13.4億円 発行済み株式数294.3万株
 流通株式数193.3万株 同時価総額8.8億円
 グロース市場
 明確な成長の説明が求められる。


6)秋川牧園(1380・JQ)の場合

 時価857円 時価総額35.8億円 発行済み株式数417.9万株
 流通株式数261.9万株 同時価総額22.4億円
 上場年1997年。時価総額40億円(株価958円)をクリアする必要。
 クリアできればスタンダード市場


7)ホーブ(1382・JQ)の場合

 時価900円 時価総額6.9億円 発行済み株式数76.2万株
 流通株式数46.2万株 同時価総額4.2億円 上場年2005年。
 時価総額40億円のクリアには株価が6倍化が必要となるが現状の収益水準
 では困難


 上場後10年経過して時価総額が30億円以下に留まっている企業の株価は
変動の可能性あり。



【時価総額が低水準に留まる上場後10年以上経過の建設セクター銘柄例】

・麻生フォームクリート(1730・JQ)
 時価630円 時価総額21.5億円
 2001.4上場 熊本大雨被害で本日ストップ高

・コーアツ工(1743・T2)
 時価4065円 時価総額30.9億円
 1999.7上場 大雨被害関連で買い気配で終わる

・工藤建設(1764・T2)
 時価2018円 時価総額26.9億円
 1997.4上場 介護事業も展開する横浜の建設会社

・三東工業社(1788・JQ)
 時価2180円 時価総額15億円
 1995.3上場 滋賀県の建設会社

・マサル(1795・JQ)
 時価3170円 時価総額28.6億円
 1994.11上場 外壁防水事業メイン、リニューアル強化


 建設セクターには業績堅調でも評価が低いままの企業が見出せる。
 こうした企業の場合は時価総額基準のクリアの可能性は高いと見られる。

 建設以外のセクターについては改めての機会にご報告申し上げたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第110回「過剰だった6月IPO銘柄」がアップされました。


第109回「過剰だった6月IPO銘柄」 7月1日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1593667807
 【YouTube】https://youtu.be/C4N8_xmTmRQ

【今回登場企業】 6月IPO銘柄 テノックス 日創プロニティ

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム相川伸夫のクロスフォ―緊急取材報告」


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※7月3日(金)執筆時点

 ・山王(3441)2016年12月19日配信
  株価560円⇒1004円(+79%)
 ・テノックス(1905)17年2月20日配信
  株価815円⇒870円(+7%)
 ・特殊電極(3437)17年6月12日配信
  株価2922円⇒4610円(+58%)
 ・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
  株価1831円⇒1400円(−24%)
 ・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
  株価1577円⇒805円(−49%)
 ・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
  株価4845円⇒2850円(−41%)
 ・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
  株価1970円⇒3505円(+78%)
 ・アバント(3836)18年6月25日配信
  株価473円⇒1000円(+111%)
 ・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信
  株価2718円⇒1612円(−41%)
 ・丸順(3422)18年9月18日配信
  株価826円⇒477円(−42%)
 ・クロスフォー(7810)18年10月9日配信
  株価421円⇒352円(−16%)
 ・カンロ(2216)19年11月5日配信
  株価1665円⇒1491円(−10%)
 ・ロンシール工業(4224)20年4月24日配信
  株価1758円⇒1873円(+7%)

 ※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。
  私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の
  経過観察です。
  執筆から3年程度は継続ウォッチしていきたいと考えていますので、銘柄
  は今後さらに増える見込みです。また、銘柄には大化け狙いと堅実成長狙
  いの銘柄が混じっています。


・東京エレクトロンデバイスがやっと大きく上昇を始めました。

 強烈な買いで2006年の高値3220円も上抜けて、次に目指すのは20
04年の4250円、ここを抜けると上場来高値の青天井に成ります。
 株価が大きく上昇しましたが、私の認識ではこれまでが安かっただけなので
違和感は特にありません。株価が大きく反応をしたきっかけは理科学研究所向
けに支援しているスパコンの『富岳』の案件で注目されたものの、昨今の半導
体の勢いもさることながら東京エレクトロンデバイスの利益率の急速な上昇に
よる事業PFの変化にやっと市場が気付いてきたという背景もあるかと思いま
す。
 今後も大いに期待して長期で見守っていきたいと思います。



■クロスフォ―大幅下方修正を受けて緊急取材報告


 私のピックアップ銘柄であり、今年非常に楽しみにしていたクロスフォ―
(7810)が6月25日に大幅下方修正を出して、あえなく轟沈致しました。

 業績は大きく沈んだにもかかわらず、その一方で株価はコロナショック後も
綺麗な右肩上がりを描いており、今回の大幅下方修正で一旦は株価は10%近
く下げるもすでに『許されました』
 大変失礼な言い方にはなりますが、給付金ブースト&優待利回りパワーとマ
ザーズ銘柄は凄いです!

 正直な話、コロナが世界を襲い、各都市がロックダウンになり、国内でもイ
オンなどが閉店になるような状況で宝飾で業績が持つとは思ってはいませんで
した。
 それでも今回の下方修正の大きさには『これほどの影響があったとは!!』
と驚いた次第です。

 決算短信が開示された翌週の月曜日の6月29日に同社の取締役に電話取材
をさせて頂きましたので、クロスフォ―に何が起こってこうなったのか?
 またテニスブレスや新しいクラスプに付いてどうなっているのか?の詳細を
報告させて頂きます。


【取材した結論】

1)1月での感触では今期は大幅上方修正で着地出来る感触(受注や商談スケ
 ジュール含め)だった

2)しかし、業界としてコロナがクリティカルヒットしてしまい、大きく沈ん
 でしまった。

3)来期がどうなるかはコロナ次第であり、大変不透明なので現状では見通し
 が立てづらい

4)けれども再来期にはこの長い宝飾含めた小売りの停滞が揺り戻しのように
 大きく回り始める市場期待に加え、クラスプ量産機械完成及びテニスブレス
 の自動検査機械完成&神社仏閣の事業などの仕込みが華開くタイミングにな
 るから再来期に対しては非常に強気で経営している

というのが2時間に及ぶ電話取材の結果、私が感じた感想です。

 私は正直、再来期の業績期待を元にクロスフォ―が現在の株価で買われてい
るとは感じていません。しかし、テニスブレスレットの量産の夢も、クラスプ
の世界の留め金具に大革命を起こす可能性も色あせていない事が今回の取材で
確認出来ました。
 よって、これからも継続ウォッチしていきたいと思います。

 詳しい取材の中身は下記の通りです。


・今年の3月以降の動き

 ⇒3月までは売上も全然落ちていなかったが、4月に入ってから国内も海外
  も急速に売上が悪化してきた。国内では全国のイオンが閉まっていき、結
  果多くの小売り店が営業できない以上、クロスフォ―の卸先が新規に商品
  を買えないことになる
 ⇒世界中でもロックダウンの影響が進み、5月の昨対比は売上50%以下と
  いう数字も出た
 ⇒さらに各国の宝飾展示会も軒並み休止になってしまった
 ⇒海外は4月以降渡航制限で行けなくなり、香港の展示会が3月→5月→7
  月に伸びて、もしかすると9月に伸びるかもな状況も足元で起こっている
 ⇒トルコのイスタンブール(4月→未定)、アメリカのラスベガス(5月→
  未定)と営業の現場である展示会の開催中止が続いている
 ⇒こうなると海外の展示会での営業も出来ないし、国によってはロックダウ
  ンが続いていてインドとかだと渡航制限もあり営業も出来ないというどう
  しようもない現状
 ⇒宝飾の営業はオンラインのカメラ越しでもできなくはないけど、それでも
  現物を元に進めるビジネスなので、コロナの動向に苦しめられている

・期末(4Q)の赤字幅が多すぎる理由

 ⇒期末での減損リスクを高めに見て試算した結果
 ⇒商品の評価損を始め設備などの評価損も考えられる最悪の数字を考えて見
  積もった数字で開示した
 ⇒通常の実力値での赤字額としては純損失は6億円もいかない。あくまで減
  損を含めている

・4Qの売上2億円は低すぎるのではないか?

 ⇒4Qの5月〜7月は毎年売上が小さい年だけど、特に今回の売上はロック
  ダウンの影響をもろに受けており非常に厳しい環境である
 ⇒4月の終わり〜国内も海外もほぼ死んでいる。
 ⇒6月に入って若干は戻ったけれど、7月は従来から厳しい月
 ⇒コロナでこれまでに経験したことが無い状況になっている

・GC注記では無いものの、重要事象が追記されたことについて

 ⇒今回のコロナが直撃したことで今回監査法人からアテンションを記入する
  ことになった
 ⇒この重要事象は急速な業績悪化が要因で記載をしている
 ⇒とはいえ、会社が倒産する一番の資金ショートリスクは現状は全くない。
  キャッシュフローから見て資金繰りについては6月25日のIRのように
  資金調達を9億円+コミットメントライン2億したので監査からも資金繰
  り懸念は問題無いと言われている
 ⇒よって、現状は決算の開示では6億円だった現金が手元では16億円ある
  ので、売上が0になっても一年以上は資金繰りに問題は起こらない
 ⇒重要事象から今後GC注記にランクアップしてしまう可能性として存在す
  るのは、来期も赤字で着地してしまった場合にはGC注記が付いてしまう
  恐れはある
 ⇒ここは監査の判断になるので、仮に来期が赤字であったとしても銀行がお
  金を貸してくれるという話であれば今回と同じく重要事象で済む可能性も
  十分にある
 ⇒ちなみに銀行からの借り入れは実力ベースでも余裕があるし、コロナ支援
  が+で効いているので資金繰りでショートする可能性は少ないと考えてい
  る
 ⇒借りたお金は現状の赤字でも使う予定は無く、保険として前借りしている
  くらいだからそこは安心してもらえると考えている


■テニスブレスはこけた?


 ⇒更新された四季報には『テニスブレスの24時間生産体制開始』とあった
  けど、決算短信では『生産一時停止』というアンマッチが起こっている
 ⇒大真面目な話、上期にカナダの会社から大きな受注を受けて生産が間に合
  わないくらいで24時間体制で生産して納入を2月に間に合わせた
 ⇒3月以降にもリピート受注の話も出ており、当社としても大変期待してい
  た
 ⇒アメリカの会社でもテスト販売の話もあったし、それ以外にも様々な所か
  ら話も来ていた
 ⇒コロナが無かったら今頃は24時間生産でも間に合わなくなるくらい忙し
  かっただろうという見込みであったが、180度世界が変わってしまった。
 ⇒現状、テニスブレスが世界で飽きられているとか、クロスフォ―の製品の
  評価が悪いとかはそういう事は全くなく、単純に需要が蒸発している


■EXCELLENTロック(※旧名称はイージークラスプ)についての進捗
 は?


 ⇒金型は進んでいる部分がある
 ⇒当初計画の4Qの経常出来る見込みで動いていたクラスプの第一段階量産
  はタイの工場で手組みで行う予定で動いていたものが、コロナのロックダ
  ウンの影響を大きく受けてしまった
 ⇒工場の生産問題だけではなく、新規受注を獲得するための展示会活動や、
  訪問営業活動も渡航制限もあって完全停滞してしまい、足踏みをしている
  状況
 ⇒国内ジュエリーのパーツメーカーからは採用されたので、こちらは次のカ
  タログから掲載予定
 ⇒おそらくは営業活動が思うようにいかずにそうこうしている間にEXCE
  LLENTロック量産自動化機械(ASSY工程)が出来るのではないか?
  と思っている
 ⇒機械の設計自体は出来ている。第一段階量産予定のタイ生産は機械が出来
  てしまえばいきなり第二段階のステージに歩を進ませられる。
 ⇒来期中に機械完成の計画で動いている
 ⇒コロナ前もクラスプ営業の一番のネックになっていたのは引き輪等の一般
  金具との大きな価格差、商品の利便性などは口をそろえて「素晴らしい!」
  との評価を頂けても価格差が開き過ぎていた。
 ⇒しかし、第二段階の量産体制になればこの価格差を大きく縮めることが出
  来るので営業にも弾みを付けられるようになると考えている
 ⇒何十年も同じ構造の留め金具にイノベーションを起こしたい


■神社仏閣(各県1番の神社)へのPR


 ⇒47都道府県に電話してアポイント率は脅威の100%で取れている
 ⇒47都道府県の1番大きい神社仏閣に連絡をしているけど、最低でも資料
  を送ってくれという話になる
 ⇒裏を返せば向こうもこのままだとコロナの影響で初詣の実入りがヤバイと
  いう感触を持っているという現れではないか?と思う
 ⇒参拝客の多い神社では正月三が日だけで100万人の訪問客がいるような
  所もある
 ⇒5円玉とダンシングストーンで作るお守りや、クロスフォ―独自の宝石流
  通経路で手に入れる宝石の原石のお守り等で作る商品を考えている
 ⇒5円玉は現在4万枚集めた。5円玉は現金だから減損もないので100万
  枚の5円玉を集めてもいいかとすら思っている
 ⇒今年の12月には確実に間に合わせたいから今はここに強く注力している
 ⇒コロナで海外が中々営業できない分、今は国内ビジネスでも活路を見出す
  べく努力していく


■コロナがもしなかった場合のたらればでの業績数字はどうだったと思うか?


 ⇒テニスブレスはコロナが無ければ2四半期分×24時間生産の売上が載っ
  ていただろう
 ⇒また、クラスプはタイでの第一段階量産(手組製作)した品物が4Qにあ
  る程度まとまった納入を見込んでいた
 ⇒これにダンシングストーンは横ばいで数字を載せていくと今期の売上は
  45億円(17%↑)、営利5億円(250%↑)くらいで上方修正出来
  るという目論見だったのでとても残念!
 ⇒コロナがクリティカルヒットしてしまい、大変恥ずかしい業績での着地に
  なってしまった。
 ⇒再来期には大逆転の数字を出して、優待だけの会社ではないことを示した
  い。
 ⇒また、株主優待を無くすことは全く考えていない。わが社のダンシングス
  トーンで株主の皆様に喜んでもらえるのは私達にとっても大きな喜び。
 ⇒今期は赤字に付き無配にもなってしまったが、これで終わりではない。
  来期、再来期と大きく復活、飛躍を遂げていきたいと考えているので今後
  とも応援してほしい。


■まとめ


 ここまで読んだらクロスフォ―の実情が相当理解して頂けたものと思います。

 私はこのクロスフォ―という会社が好きです。
 外から見ると何をやってるのか良く分からず、今期もこのような赤字での着
地となり、過去の決算の見た目としても残念ながら上場ゴールと揶揄される事
もあるかと思います。

 しかし、本社に何回も足を運び現場もつぶさに見ていけば本当に真剣に、ト
ンデモない事をやってやろう!という気概のある会社であることを私は知って
います。
 もちろん、そうは言っても来期ももし赤字で着地し、GC注記まで付いてし
まった場合にはピックアップ銘柄からは外すつもりで考えています。
 現状の見通しではコロナ不安が日常を襲っており、来期の業績も厳しいかも
しれませんが再来期の飛躍を楽しみに今後も継続フォローしていきたいと思い
ます。


※投資はあくまで自己責任でよろしくです!

それではまた。


『全力全開全力前進!!!』


(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


■第66号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、マーケットの先駆者であり、進化し続け参入者の追随を許さない成
長企業を分析。
 綿密かつ膨大な取材と調査を踏まえて、業績予想と理論株価を算定。
 グロース銘柄発掘隊史上最大のボリュームでおとどけします。


 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 レーザーテック(6920)のレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著作好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12

 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/07/03


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/07/03号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:水島寒月&大魔神)


  ◆コラム「市場潮流」:水島寒月
  ◆コラム「大魔神のアンテナ 売り手が頭角」:大魔神


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第110回「過剰だった6月IPO銘柄」がアップされました。


第109回「過剰だった6月IPO銘柄」 7月1日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1593667807
 【YouTube】https://youtu.be/C4N8_xmTmRQ

【今回登場企業】 6月IPO銘柄 テノックス 日創プロニティ

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第299号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第299号
が好評配信中です。


【直近のIPO銘柄を研究!】


【6/29 第299号では】

■相場の視点 〜ポジティブ派かネガティブ派か〜
■先週のIPO銘柄(6銘柄)
■株価低迷中の材料銘柄コメント


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(6月29日〜7月3日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で2
05円60銭下落し(率にして0.9%の下落)、2万2306円48銭で取
引を終えました。3週ぶりの下落です。

 米国などでの新型コロナウイルスの感染再拡大が止まらず、また、6月30
日(火)に中国が「香港国家安全維持法」を公布したことで、米中対立の深刻
化への警戒も高まり、上値の重い展開となりました。


 週間の動きを概観しますと、週初の29日(月)は米国での感染再拡大への
懸念などから、日経平均株価は前週末比517円安と大幅に下落。
 続く30日は、米中の景気指標の改善を好感して前日比293円高と回復。
 1日(水)は国内でも感染者数が増加したことを受け、同166円安と反落。
 2日(木)は再び米中の景気指標の改善を受けて同24円高と小反発。
 3日(金)は前日に発表された米国の6月の雇用統計が予想以上に改善した
ことを好感し、同160円高と続伸しました。


 個別では、日経500種平均株価の採用銘柄で、ガンホー(3765)が上
昇率の首位となりました。このほか、東エレク(8035)が半導体製造装置
の需要増への期待から上場来高値を更新しました。

 引き続き、株式相場全体はやや上値の重い展開を予想しますが、好業績銘柄
を中心に、旺盛な個別物色は続くと考えます。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


■第66号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、マーケットの先駆者であり、進化し続け参入者の追随を許さない成
長企業を分析。
 綿密かつ膨大な取材と調査を踏まえて、業績予想と理論株価を算定。
 グロース銘柄発掘隊史上最大のボリュームでおとどけします。


 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 レーザーテック(6920)のレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「大魔神のアンテナ 売り手が頭角」


 売り手が頭角を現してきました。


 今年、3月底入れから、株式市場は金融当局、財政当局による大規模金融支
援によりV字回復の期待感で買い進んでいました。実態のない上昇で売り方は
積極的に売り攻勢をかけていました。
 しかし、日銀により大規模ETF買いや、またGPIF等のファンドの買い
入れ、新人個人投資家が参入したことで、売っても、売っても上げが続き、特
に5月末の3日間においては出来高も急増加し、売り方を締め上げました。
 6月メジャーSQで売り方の敗北が決まり、かなりの損害を被ったと市場関
係者が語っていました。

 しかしまた、その売り方が6月中旬より仕掛け的な動きを始めたようです。

 米国・ブラジルにおいて新型コロナウイルス感染者数の増加、特に米国では
「黒人差別問題」が起き、各地でデモが頻発しました。その影響もあって、感
染者が日を追って増加しました。
 中国でも北京の周辺で感染者数が増加し一部地域ではロックダウンしていま
す。また、東京でも感染者が増加傾向を示し、100人を超える状況まで来て
います。
 その社会現象をマイナス要因に捉え、売り方が強さを増しつつあります。


 テクニカル的に上値を重くするような動きを日経は6月8日から10日の3
日間で示しました。23178円(8日)、23185円(9日)、2317
5円(10日)上値が伸びない日が続き、その次の日より下落が始まり、11
日から13日までの3日間で1500円超下落、さすがに次の日には1000
円超の戻りを演じましたが、その後は上げ下げしながらもじり貧相場になって
います。この辺でかなり売りを貯めていたようです。
 その後米国市場が回復する場面もあったが戻りは鈍く、トレンド的には下値
切り下げ相場になりました。


 また、マザーズ市場においては、6月30日に先物主導で大きく下げ、午後
には戻る動きを示しましたが、この日から売り方の仕掛けもあったようです。
そして、7月2日朝から「4563・アンジェス」を叩き売り動きを示し、そ
れに伴いバイオ株が総崩れし、指数は大きく下落、ほぼ全面安で終了しました。

 この日に下げ幅は50ポイント弱。4.96%の下落でした。

 アンジェスは指数に最も連動する銘柄で、マザーズ市場が上昇する時もこの
銘柄がリード役になっていました。また、IPO代表銘柄「4480・メドレ
ー」なども軒並み売られたことで下げ幅を拡大しました。

 また、相場が低迷する時には、ダウ理論で語られるように、ぼろ株が乱舞し、
株式市場が調整をする時は寄り天井を形成した時から動き始めるとあります。
 列挙しますが「9973・小僧寿し」「7610テイツー」「8783・G
FA」「6731・ピクセラ」「5940・不二サッシ」など回転売買で盛り
上がっていました。
 そして、今日も「1757・クレア」が高値を更新、また「9424・日本
通信」ここ連日微妙な動きを演じながらも出来高が増加中とお仕事をしている
ようです。


 このような状況は株式市場が悪化への道に入ったと言えるようでから静観す
る時期だと思います。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著作好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/07/02


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/07/02号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
  (本日の担当:街のコンサルタント&あすなろ産業調査部)


  ◆コラム「ゴルディロックス2020」:街のコンサルタント
  ◆コラム「株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#11」
      :あすなろ産業調査部


===================================


■ お知らせ ■


●山本潤氏の新刊「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」セミナー
 開催!!

 コロナの影響で延期しておりました、新刊出版記念セミナーの開催が決定し
ました!

 「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」
 山本潤 著、かんき出版 刊 1,650円
  https://amzn.to/2VBY0Rl

 初心者にもわかりやすくポートフォリオ構築を中心に記した同書を、さらに
理解しやすく解説します。もちろん質疑応答もあります。
 また、対談も予定しています。

 今回は、リアルセミナーと同時にオンラインでも同時開催します。
 いずれも人数限定ですので、お申し込みはお早めに。

■日時:7月12日(日) 10時〜17時


【山本潤氏より】

 構成は株式投資の初心者向けの内容ですので、計算機や電卓は使用しません。
 紙と鉛筆で少しだけ四則演算を行います。
 繰り返しますが、内容は初心者向けで計算も楽です。
 (当てることもいたしません。お気軽にご参加ください)
 書籍はこれ以上、わかりやすくは書けないと自負するほど、自分でも工夫し
たのです。正直、大変でした。
 セミナーでは長期投資の利点、長期保有の利点を丁寧に説明いたします。
 リスクについても、四則演算で4つのステップで計算する方法を考案いたし
ました。

詳細はこちら ⇒ https://double-growth.com/portfolio20200712/


■2種の参加方法:ご希望のスタイルでお申し込み下さい

 1.会議室での受講:6,600円(税込)
   定員60名(密にしないために人数を制限)
   場所:東京都中央区(申し込みいただいた方に別途ご案内いたします)

お申し込みはこちら⇒https://www.kokuchpro.com/event/portfolio_20200712/


 2.オンライン受講(Zoomを利用予定):6,600円(税込)
   40名程度までの予定
   受講のURLは申し込み及び支払い完了後に個別でご案内します。

お申し込みはこちら⇒https://www.kokuchpro.com/event/portfolio_20200712on/


■お申し込み〆切:7月4日(土)23時59分
 *定員に達した場合、早期に終了する可能性があります。

主催:リンクスリサーチ


===================================


◆コラム「ゴルディロックス2020」


 7月に入り本格的な夏到来ですが依然として新型コロナの影響が続いていま
す。3月頃の見通しでは、早ければ梅雨入り頃には同ウイルスの感染は収まる
と言った論調もありましたが、日が経つに連れ感染は長引くとのニュースが増
えています。

 気になるのは、このままの中途半端な状態が続く中で、企業や個人への支援
が息切れしてくることです。政府の無策が続けば秋に入る頃には収入の崖が待
っています。


 そしてあと4か月ほどで米国大統領選です。
 トランプ大統領も前のめりになっているようで、いよいよ言うことが支離滅
裂に(笑)なっていますし、日本と同様に農業票が最重要ということがはっき
りしてきました。

 中国は相手の弱点を良く分析していて、感心することしきりです。
 無法者の狂産党に対して日本は先手先手で対処せねばいけません。連中には
国際法を守るとか相手を尊重するなどと言う概念は無く、隙を見せれば容赦な
く突いてきます。
 ウイグルやチベット、香港などを見れば分かります。一事が万事です。


 日本ではコロナ危機によって「縦割りウイルス&既得権」による政官財の癒
着や腐敗が次々と露になっており、都知事選の動きも激しく(面白く)なって
きました。
 安倍首相にとっても与党系都議にとっても目の上のたん瘤である小池都知事
の評判を何とか落とそうと躍起になっている雰囲気です。個人的には、カイロ
大を首席で出ようが途中で出ようが、法律を守り、汚職の無いちゃんとした都
政さえやってくれるなら、都民にとってはどちらでも良いと感じます。
 何せ男勝りの「オレオレ」の方ですし(笑)、多少の無茶が出来る人でなけ
れば都政改革は務まりません。但し、自分ばかり目立とうとせず、しっかりし
たブレーンを、与野党を問わず引き込んで都政に活かしてもらいたい。


 株式市場ではコロナ治療薬の開発への期待や、業績不安の少ないIT企業の
株が買われるのは分かりますが、それ以外でも、何か材料が出ると取りあえず
買いが入るといった動きも多く見られます。

 5月下旬からの連騰は想定外でしたが、その後一時的に調整しただけで6月
中旬からは以前のゴルディロックスに戻ったような雰囲気です。

 今回のコロナショックと言われる株安は過去のITバブル時やリーマンショ
ック時と違い、買い戻され方が急です。早期回復を期待した(予見した)動き
と言えますが、大型経済対策への期待と過剰流動性による資産の押し上げとな
っていますから、足元は不況の株高というやつなのでしょうか。


 今後で気になる点としては、ちょっと長めの在宅勤務を経験したことで、
「案外家でも仕事が出来るじゃないか」
「断捨離も出来たし、無駄遣いが減った」
「出社を半減させたら不思議と仕事の効率が上がった」
・・・という話を多く聞いたことです。

 私の周囲は金融業界で働く人(所謂ホワイトカラー)が多く、業務によって
は時間に縛られる仕事が少ないからと思いますが、皆さん面白い経験をしたな
と思いました。

 個人的にも、打ち合わせで出掛けたり、喫茶店で会ったり会食したりという
機会が瞬間蒸発しましたので、それによる移動時間や費用がゼロになりました。
大半の(急がない)やり取りはメールで済み、打合せは(機微情報を除いて)
スカイプやラインで不便を感じることも無く、打合せの時間が多少伸びても往
復の時間が節約出来ることで楽になりました。

 人に会うのは苦ではありませんし、会食なども好きな方ですが、行かなきゃ
いけない、会わなきゃまずい・・・というイメージ?(日本の慣習ですかね?)
から逃れられるのも悪く無いなと(笑)

 加えて節約にもなります。
 在宅中は(生活上の固定費を除いて)食材を買ったり掃除用具を買ったりと
いう程度で、普段の無駄遣いを見直すきっかけにもなりました。

 小売りに限らず、何処の企業も「どうやって個人に消費させるか」を競って
きました。しかし今回のコロナ禍で「余計な消費をしない楽しみ」を知ってし
まった消費者が増えたはずです。

 会食や外食(特に飲み会)に行かなくなれば、オッサンは財布の中身が減り
辛くなります(笑)。
 今回の一律給付金で必要なものを買ってしまえば、それ以上の消費は控える
のではないでしょうか。消費の傾向も変化すると思われます。
 家内も「出掛ける用事が無ければ新しい服も要らない」と言っており、この
辺りがとても気になります。一律給付金(バラマキ)も何度も出来るものでは
ありません。


 消費をしないゴルディロックス・・・。


 余談ですが、今日の午前中はアンジェスの下落が目立っています。
 市場の動向にも変化が出てくるように感じます。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第110回「過剰だった6月IPO銘柄」がアップされました。


第109回「過剰だった6月IPO銘柄」 7月1日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1593667807
 【YouTube】https://youtu.be/C4N8_xmTmRQ

【今回登場企業】 6月IPO銘柄 テノックス 日創プロニティ

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


■ お知らせ ■


■第66号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、マーケットの先駆者であり、進化し続け参入者の追随を許さない成
長企業を分析。
 綿密かつ膨大な取材と調査を踏まえて、業績予想と理論株価を算定。
 グロース銘柄発掘隊史上最大のボリュームでおとどけします。


 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 レーザーテック(6920)のレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#11」


 マーケットはコロナパンデミックの第2波懸念と当局の政策対応期待の綱引
きで日経平均22000円をベースに激しい攻防戦になっています。

 この新型コロナウイルスをめぐっては様々に見解が分かれるところで、目先
7/5には東京都知事選が控える中、候補者には“コロナはただの風邪”をキ
ャッチコピーに選挙戦を展開している方もいらっしゃいます。

 株式市場ではこのウイルスの脅威がもたらすニュースフローによって上下に
大きく振れる展開が続いていますが、そもそもこのウイルスがどういった位置
づけとして捉えるべきかというのが今後の焦点になります。


 ウイルスは我々人類にとってはインフルエンザウイルスのように以前から存
在したもので、科学の発展とともに新型を検出する技術などによって次々と明
るみになっており、最近ではまた中国からハンタウイルスや新型の豚インフル
エンザなどが見つかっています。

 動物からヒト、ヒトからヒトへと感染する脅威は今に始まったことではあり
ませんが、こうして世界的な流行に発展、大規模化する例はやはり数十年に一
度、あるいはスペイン風邪のように100年周期で起こっているのが現実です。

 ここではその是非を論じるつもりはありませんので、今回のウイルスが我々
人類そしてマーケットに何をもたらしたのかをファクトベースで考えると、や
はり各国中央銀行の大規模な金融緩和策そして政府の大型財政出動が焦点にな
ります。

 私の見解としては、これら金融そして財政の転換期を迎え、さらに金融と深
く結びつくエネルギーの転換、さらには価値観や経済基盤など社会全体が創り
変えられるきっかけをもたらしたと解釈しています。

 よって、投資家目線ではこのパラダイムシフト、そして時代が変わる節目を
迎えるにあたって新たな投資機会に恵まれることを収益の源泉として生かして
いく心がまえが非常に重要になってくるかと思います。

 中でも日本の立ち位置というのは世界的にみてもパンデミックの脅威にさら
されておらず、今回をきっかけに経済構造を大きく改革することができれば、
世界中のマネーを呼び込むとてつもないポテンシャルがあると思います。

 嘆かわしいことに当事者である日本人がその重要性に今一つ気付けていない
のが実情ですが、今後各国の政策発動の効果が目に見える形で顕在化し、マー
ケットが誰の目にも明らかな上昇となれば、そこでようやく気付くようになる
のかもしれません。


 では投資機会と言っても、どういった企業が今後伸びてくるのかイメージが
湧かないという方のためにとても参考となる重要な資料が7/1に経済産業省
からリリースされました。

 その名も『新グローバルニッチトップ企業100選』で、旧版は2014年
に公表され、まだ世に知られていない企業なども多く名を連ね、その中に含ま
れている上場企業は素晴らしい成長を遂げました。

 いわば国際優良株のブルーチップ銘柄とは一線を画し、個人投資家が手がけ
やすい中小型株が多く含まれていることもありがたいことです。

 ざっと一覧していきますと「機械・加工部門61社」「素材・化学部門24
社」「電気・電子部門20社」「消費財・その他部門8社」で構成されており、
いずれも日本が世界に誇るロボット技術や化学・素材の技術で競争優位性を持
つ企業が列挙されています。

 機械部門でいえば産業用ロボットの減速機を手がけるナブテスコ(6268)
や半導体製造の直動機器を手がけるTHK(6481)、主力株ですが水素技
術などにも力を入れている川崎重工業(7012)などは注目しておくべきで
しょう。

 さらに素材部門ではイリジウム化合物を手がけ前回に続いて連続ノミネート
を果たしたフルヤ金属、半導体フォトレジストの原料を供給する東洋合成工業
(4970)などは常に監視対象から外すことはできません。

 エレクトロニクス部門ではまさに大化けを果たした半導体のレーザーテック
(6920)などが選出され、まさしく半導体株がポスト・コロナで隆盛の時
代を迎えている象徴のような銘柄だと思います。※


 今人類が立ち向かっているこのウイルスは間違いなく私たちの社会基盤の変
革を促すことにつながっていきます。

 そしてこれを克服する過程において、世界の先進国の中で最も大きく浮上す
るのがわが国日本になることを強く認識しておけば、中長期の視座に立ってマ
ーケットの調整局面こそが投資機会であると感じられることと思います。


(あすなろ産業調査部 加藤あきら)


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikakato

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会


(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


※レーザーテックは、グロース銘柄発掘隊にて2020/5/26発表の有料レポートが
 あります。
 https://note.com/okuchika/n/n945c60ef9827


===================================


■ お知らせ ■



【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第299号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第299号
が好評配信中です。


【直近のIPO銘柄を研究!】


【6/29 第299号では】

■相場の視点 〜ポジティブ派かネガティブ派か〜
■先週のIPO銘柄(6銘柄)
■株価低迷中の材料銘柄コメント

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著書好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/07/01


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/07/01号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:遠藤功二)


      ◆コラム「子供と一緒に企業選びの目を養う方法」


===================================


■ お知らせ ■


■第66号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、マーケットの先駆者であり、進化し続け参入者の追随を許さない成
長企業を分析。
 綿密かつ膨大な取材と調査を踏まえて、業績予想と理論株価を算定。
 グロース銘柄発掘隊史上最大のボリュームでおとどけします。


 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 レーザーテック(6920)のレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「子供と一緒に企業選びの目を養う方法」


 億近読者の皆様こんにちは。
 お金の教育に特化したFP、遠藤功二です。

 私は、小学生になったら家庭でお金の教育を行うことを推奨しています。


 私の家庭では、7歳の長男にカフェの経営をしてもらってます。
 共同経営者兼資金の出資者は私です。

 小さなお店を経営する経験は、お金が増える原理や経済の仕組みを学ぶには
最適です。

 今回は、私が子供と行っている家庭内カフェ経営体験の中で、新たな発見を
したことを、読者の方々に共有します。


●家庭内カフェ体験の壁


 家庭内カフェ体験と言っても客は家族や親戚くらいしかいません。

 最初はコーヒーやカフェオレを作ることが楽しかった長男も同じことの繰り
返しでは流石に飽きてきました。

 それでも、お客(親)が喜んでコーヒーを飲んでくれることと、お店のお金
が増えていくことの面白さで、何とか継続していましたが、共同経営者の私と
しては

「そろそろ何か変化をつけないと継続できないな。」

と危機感を感じていました。


●コーヒーゼリーの発想


 そのように考えていたある日、長男から

「メニューにコーヒーゼリーを増やそうか。」

と提案がありました。

 私は、なるほど、と思いました。

 確かにコーヒーゼリーであれば、私も食べたいし、子供にとっては良い科学
の勉強になりそうなので、賛成しました。

 しかも長男は、

「コーヒーゼリーは甘い方が良いか、苦い方が良いか。クリームはいるか。」

などとヒアリングをしてきました。

 大人でも自分よがりの商品やサービスを作ってしまうことは良くあります。

 長男がコーヒーゼリーにプリンを乗っけるというような発想をしなくて助か
りました。

 家庭内経営体験は、市場調査をする力も自然に身につきます。


●そういえばスターバックスも


 そういえば、スタバに行くといつも期間限定商品が売られています。

 ずっと代わり映えしないメニューでは、客も従業員も飽きてしまいます。
 スタバもそういった点をしっかり抑えているのでしょう。

 子供と家庭内経営体験をすると、投資先企業を見定める目も養われます。


●いつもと違う目線での買い物


 ところで、新しいメニューを増やす場合、仕入れが必要になります。

 子供と一緒に行う仕入れ体験は大人にとっても学びになります。

 例えば、私のようなおじさんは普段スーパーでゼリーの素の棚を見ることは
ありません。

 ただ、実際にスーパーのゼリーの素を売っている棚を見てみると、フルーツ
の缶詰のなどのコーナーもすぐ近くに設けられており、追加購入を促すように
作れられています。


 このような「ついで買い」の発想は、商売の定石です。

 スマホが売れればアプリが売れることは言うまでもありません。

 リモートワークでパソコンを使う人が増えれば、ディスプレイなどの周辺機
器の需要も増えます。

 新築住宅に引っ越す際には、家具や家電を新しくする人は多いでしょう。

 旅行が増えれば、お出かけ用の服も売れるかもしれません。

 ポテトチップスを食べればビールを飲みたくなります。
 これは逆でしょうか。ビールからポテチの方が、一般的かもしれません。


「どういう順序で何を売るか。」
「どうやって今売れているものの流れに乗っかるか。」
「このようなことをうまく考えてビジネスを成功させている企業はあるのか。」

 子供とゼリーの素を買いに行くだけの何気ない活動が、投資のための気づき
を与えてくれます。


 今年の後半はどのような需要が生まれるのか、その需要に乗っかれるビジネ
スは何なのか、そろそろ人と接する機会を増やして調査していきたいものです。


(遠藤)


[遠藤 功二氏 プロフィール]

 日本FP協会認定CFP
 1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
 MBA(経営学修士)

大学時代に借金に追われた経験からFPの資格を取得し、金融機関に就職。
証券会社と外資系銀行で延べ1,000人以上の顧客を資産運用アドバイザー
として担当した経験上、日本には金融教育が足りていないことを確信する。
自己責任が求められる社会で、子供たちが自立して生きていけるよう、お金の
教育講座を実施している。子育て世代の親たちと子供たちに、金融の知識を届
けるため教育特化のFPとして奔走中。
web:https://fpkun.com
メルマガ:https://mailseminar.fpkun.com/
メッセージ:koji.endo@fpkun.com


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第299号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第299号
が好評配信中です。


【直近のIPO銘柄を研究!】


【6/29 第299号では】

■相場の視点 〜ポジティブ派かネガティブ派か〜
■先週のIPO銘柄(6銘柄)
■株価低迷中の材料銘柄コメント

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著書好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:教育



JUGEMテーマ:子育て




億の近道2020/06/30


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/06/30号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


  ◆コラム「有料メルマガライブラリから(342)」:石川臨太郎
  ◆コラム「人間経済科学と賢人たちの教え その4」:大原浩


===================================


■ お知らせ ■


■第66号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第66号レポート配信中!!】


 今週は、マーケットの先駆者であり、進化し続け参入者の追随を許さない成
長企業を分析。
 綿密かつ膨大な取材と調査を踏まえて、業績予想と理論株価を算定。
 グロース銘柄発掘隊史上最大のボリュームでおとどけします。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 本日、レーザーテック(6920)のレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(342)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「油断せずに中長期でも相応しい企業の中から投資対象を選びたい」=
 (有料メルマガ第457回・2017/11/7配信号)

※注 2017年11月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 現状でも、私は株式市場に投下している資金をキャッシュに替える努力を続
けています。
 最近コラムで書き続けているように、自分の健康状態と、年齢と、いずれく
ると思っている日本株の大きな調整(=下落)を上手に掴まえるために、資金
をキャッシュに変えて温存しようと考えているからです。

 しかし、日本株のバブル化が始まっているなら、バブルが弾ける前が、一番
大きく株価が上昇する時期なので、持ち株をできるだけ高く売ってキャッシュ
化するために決算発表を待ちながら、大きく上げそうな企業は利喰いを遅らせ
るようにして、できるだけ良いタイミングを狙って売りを出すようにしていま
す。

【中略】

 上期の業績上方修正だけが発表されて、一時的に大きく上げてからも、現状
だと第2四半期の決算発表までに下げてくる企業の株もあります。

 その企業の事業内容を把握して、上期より下期のほうが利益が上がる第一建
設工業のような建設業や、四半期ごとに利益が均等である事業を行っている企
業、自動車部品メーカーでは同じ完成車メーカーへの売上が大きい、いわゆる
系列の部品メーカーの株を決算発表前に買っておく。

 このような先回り投資の成功パターンを分析して、今後の投資に役立てるた
めの情報収集も行っています。自分で投資しなかった場合でも、選んだ企業の
決算発表と株価の動きの観察は、将来的に重要なのでウォッチを続けています。

【中略】

 過去に書いたように節税のために資産管理会社を作って、7年ほど前から法
人でも株式投資を行ってきました。

 含み損が発生した企業の株は決算前に一度売却して損を出し、その後に買い
戻して法人の節税をしてきたために、法人の運用する株は総額で評価すると2
倍を超える状況となりました。

 法人の場合は、個人のようにキャピタルゲイン税が20%ではなく、総合課
税となるために、売却益を実現すると、税額が大きくなって、売却益を吹き飛
ばします。10%や20%の株価下落くらいなら株で持ったままにしたよほう
がメリットは大きいと観念しています。

 2017年1月から法人で売買したのは4回しかありません。余り含み益が
大きくなかった株を売って、どうしても買いたかった優待銘柄と入れ替えただ
けです。日本株が大きく調整しても、東日本大震災の時のような大きな下落が
発生しても、それほど待たなくてもファンダメンタルズの良い企業ばかりに投
資しているので、必ず株価が戻ると、過去の経験から理解しているので、そう
割り切っています。

 その反面で、個人のほうで持っている株については積極的に売買してキャッ
シュを大きく増やしています。うまく年末までの株価上昇を利用してできるだ
け高く持ち株を売ることを狙っています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!

 第一建設工業(1799)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
 コラムではヨシコン、愛知時計電機、ニッキ、静甲、九州リースサービス
などについても言及しています。
 以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20171107


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著書好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


◆コラム「人間経済科学と賢人たちの教え その4」


産業新潮
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
7月号連載記事


■その4 世界は「べき乗」の法則で動いている

●べき乗とは何か

 べき乗という言葉になじみが無くても、累乗という言葉は記憶の片隅にある
方が多いかもしれない。どちらも似たようなものなのだが、微妙な違いがある。
 どちらも「aのn乗」という形で表現されるが、累乗の場合はnの値が日常
使われる「1、2、3、4・・・・」などの自然数(正の整数)に限定されて
いる。それに対してべき乗はnの値が実数全体(さらには複素数全体)にまで
及ぶのだ。
 ちょっと頭の痛くなる話だが、この違いはこれからの話にさほど重要では無
い。要するに、べき乗の方がより多くの範囲の現象を表現できるものだという
ことを理解していれば問題ない。


●世の中の多くの出来事は二次曲線で表現される

 二次曲線も厳密に語れば色々なことがあるのだが、ホースで水を撒くときに
描くような放物線が含まれるとだけ理解いただければ大丈夫だ。
 私が二次曲線を使って説明する代表例は「複利」である。投資の神様ウォー
レン・E・バフェットの成功の核心にもこの「複利」があるし、ハンス・アル
ベルト・アインシュタインも「複利は人類が生み出した最高のアイディアだ」
と絶賛している。

 例えば今100万円が手元にあるとする。この資金を15%の複利で運用し
たとしよう。三〇年後には6621万円になる。また、30%の運用であれば、
30年後に26億2000万になる。
 複利というものがどれほどすごいのかがよくわかる事例だ。
 しかし今回注目いただきたいのは、15%での運用の場合10年後に405
万円、20年後に1637万円、30%の場合には10年後に1379万円、
20年後に1憶9005万円であることである。20年後から30年後の増大
率が極めて大きいのである。


●人類の発展もべき乗である

 1800年頃の産業革命以降、人類の発展が猛スピードで加速していること
はよく論じられる。それ以前の1万年間、あるいはさらにそれ以前の10万年
間と比較すれば、どれほどの速さであるかがすぐにわかる。
 インターネットが普及し始めてからの20〜30年間の間だけでも、その加
速スピードを実感できるだろう。

 この人類の発展も前記のべき乗法則でかなりの部分が説明できる。
 要するに、人類の発展は複利のように考えるべきなのだ。

 人類を他の動物から区別するものに「知識・知恵・知性」があげられる。も
ちろん、チンパンジーも簡単な道具を枝から作って、巣穴のアリを捕まえたり
するし、教えれば100個くらいの絵文字は理解できるようになる。
 しかし、人間の知恵はまったくステージが違うものだ。
 紙飛行機もジャンボジェット機も同じように空を飛ぶが同列に論じられるこ
とが無いように、チンパンジーの知恵と人間の知恵は全く違ったものとして区
別されるべきである。


(続く)


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
7月号をご参照ください。


(大原 浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。
★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


===================================


■ お知らせ ■

【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第299号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第299号
が好評配信中です。


【直近のIPO銘柄を研究!】


【6/29 第299号では】

■相場の視点 〜ポジティブ派かネガティブ派か〜
■先週のIPO銘柄(6銘柄)
■株価低迷中の材料銘柄コメント

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第109回「6月IPO銘柄」がアップされました。


第109回「6月IPO銘柄」 6月24日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so37088348
 【YouTube】https://youtu.be/z4VUMyRZN1E

【今回登場企業】 6月IPO銘柄 リングバル テノックス ウエスコHD
        日創プロニティ アイティーフォー

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/06/29


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/06/29

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★


===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:炎のファンドマネージャ)


     ◆コラム「大地震と株の暴落は忘れた頃にやってくる」
     ◆コラム「リアル説明会からオンライン説明会に」


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第299号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第299号
が本日配信です。


【直近のIPO銘柄を研究!】


【6/29 第299号では】

■相場の視点 〜ポジティブ派かネガティブ派か〜
■先週のIPO銘柄(6銘柄)
■株価低迷中の材料銘柄コメント

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「大地震と株の暴落は忘れた頃にやってくる」


 3月のコロナクラッシュから3か月余りが経過しました。落ちてくるナイフ
を拾えた方、恐怖の余り自らもせっかく投資した株を投げる運命になった方、
様々な投資家があの出来事を体験され、今もまだ恐怖を感じておられるに違い
ありません。


 生きていれば人は様々な災禍に見舞われます。
 そうした災禍に備えるのか備えないのか、備えるべきかそうではないのか、
私たちは選択に迫られることになります。私たち一般市民はともかく、国家自
体はそうした災禍に備えるべきではありますが、一般市民の不安感を払拭する
ような国家の災禍への備えは情報として十分に伝わって参りません。

 それでもいざとなれば国は動きます。

 阪神大震災や東日本大震災の際の記憶が蘇りますが、大地震がいつどこで発
生するかは分からない中で国家としては地方で起きた大きな災害への備えは自
衛隊という組織を災害時に有効活用して市民の救援の輪を差しのべます。

 予期せぬ出来事が起きた場合は一般市民だけでは対応ができません。国によ
る対応策が市民生活を復元させる原動力となります。

 今回のコロナ禍も逸早く国家が動き、一般市民もそれに呼応する形で対応を
してきました。その結果なのかどうかは不明ながら感染者は世界の中でもトッ
プクラスの感染者数の少なさ、死亡者の少なさにつながったと言えるのかも知
れません。それでも自粛ムードや緊急事態宣言の結果がもたらした経済への影
響が長期にわたって日本経済に暗雲として立ち込めたままとなる可能性が出て
参りました。

 なかなか感染者数がゼロや一桁にならない現実を東京都は抱えており、日常
生活の過ごし方、市民生活にコロナ禍は絶えず、影響を与え続けることになり
ます。多くの地方都市が感染者ゼロとなっている一方で日本の首都、東京都は
絶えず感染者の爆発的増加に神経質となる必要があると言えるのかも知れませ
ん。

 目に見えない敵、ウイルスとの戦いは長期戦の様相を呈し、終結までにはな
おも紆余曲折がありそうです。しかも今後も新たなウイルスの発生が起きる可
能性もあり、絶えず戦う姿勢が求められるとの懸念もあります。

 大雨や大地震、大雪、火山噴火など自然災害に加えて今回のような新型コロ
ナウイルス、病原菌による大規模な感染症のパンデミックなど予期せぬ災禍に
人類は備える必要が出てきた訳です。


 経済面で言うとこうした災禍への一般市民の備えは、お金の蓄積を図るとい
うものですが、通貨発行ができる国家はお金を市民生活に供給し、できるだけ
元の経済水準に戻す必要があり、現在はそれを実行しようと100兆円以上も
の資金で対応しようとしています。

 こうした状況下で業績を大きく落としている企業にとっては存亡の危機に見
舞われている可能性もあり、直近の相場展開ではグローバル企業ほどそうした
影響をもろに受けている可能性があります。

 ただ多くの企業は内部蓄積が厚く、コロナ禍を逆手にビジネスチャンスを得
ようと頑張っています。現実の厳しさはこれからが本番を迎えることになりま
すが、ネガティブに考えずポジティブに考えながら多くの投資家はコロナショ
ック後の株高局面において取り組んできたものと推察されます。

 ただ、大地震がいつ起きるか分からないのと同様に株価の急落もちょっとし
た投資家心理の変化で生じがちとなります。3か月前に起きた出来事がまた起
きるとは思いたくないのですが、絶えずそうした変化の生じる前兆には留意し
ておく必要があります。

 大地震にも前兆があり、東日本大震災の前には宮城県内陸部で相次いで地震
が発生したことは私たちの記憶に残っています。このところ起きている千葉県
や茨城県、長野県で起きている地震が意味することは何なのか、首都圏を襲う
大地震の前兆なのかは定かではないですが、備えは必要です。


 キャッシュポジションを高めにして運用するか土木、自然災害関連銘柄をポ
ートフォリオに入れておくか今からしっかりと投資作戦を考えておきたい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第109回「6月IPO銘柄」がアップされました。


第109回「6月IPO銘柄」 6月24日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so37088348
 【YouTube】https://youtu.be/z4VUMyRZN1E

【今回登場企業】 6月IPO銘柄 リングバル テノックス ウエスコHD
        日創プロニティ アイティーフォー

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「リアル説明会からオンライン説明会に」


 コロナ禍の副産物は私たち証券アナリストにも押し寄せています。

 これまでアナリストは企業との接点がこれまでのような個別面談やリアルな
スモールミーティング、大規模説明会によるものが主体でしたが、現在はオン
ライン化が急速に進みつつあります。コロナ禍が終息してもこのトレンドには
変化がないと感じています。

 このメリットは会場まで足を運ぶ必要がなく、事前にポイントをチェックし
たり質問事項を企業側に送ることができるといったメリットがあります。

 私としても聞き取りにくい説明会よりもオンラインでしっかり聞き取れて、
不明な点は改めてメールで確認できるといったメリットを感じています。移動
時間がない分、視聴する企業の数も多くなり、効率的です。会場に足を運んで
話を聞く行為は残念ながら実現しませんので印象には残り難いかも知れません
が、これからの時代はこうしたオンライン化が主流になると考えられます。

 しかも世界中の投資家が同時に説明会に出席できるチャンスが生まれるため
公平な印象が持てます。

 ただ残念ながらまだ個人投資家にまでは浸透していないとの印象があります。
 個人投資家の皆さんも既にYOUTUBEなどでソフトバンクGの孫社長の
話を聞いたりされているかと思いますが、孫社長が熱く語る姿を生では見れな
いといしても臨場感あふれるやり取りを目にすることができますので、人気の
ようです。

 ある意味企業経営者はYOUTUBERのような存在でもあります。
 いかに視聴者を引き付けるお話ができるか、それによって閲覧数を自社株主
を上回る数以上にできるかが問われています。

 まだまだオンライン化は始まったばかりです。
 個人投資家にとっての新たな企業情報の確保が機関投資家と同様にできる時
代がやってきたとも言えます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


●山本潤氏の新刊「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」セミナー
 開催!!

 コロナの影響で延期しておりました、新刊出版記念セミナーの開催が決定し
ました!

 「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」
 山本潤 著、かんき出版 刊 1,650円
  https://amzn.to/2VBY0Rl

 初心者にもわかりやすくポートフォリオ構築を中心に記した同書を、さらに
理解しやすく解説します。もちろん質疑応答もあります。
 また、対談も予定しています。

 今回は、リアルセミナーと同時にオンラインでも同時開催します。
 いずれも人数限定ですので、お申し込みはお早めに。

■日時:7月12日(日) 10時〜17時


【山本潤氏より】

 構成は株式投資の初心者向けの内容ですので、計算機や電卓は使用しません。
 紙と鉛筆で少しだけ四則演算を行います。
 繰り返しますが、内容は初心者向けで計算も楽です。
 (当てることもいたしません。お気軽にご参加ください)
 書籍はこれ以上、わかりやすくは書けないと自負するほど、自分でも工夫し
たのです。正直、大変でした。
 セミナーでは長期投資の利点、長期保有の利点を丁寧に説明いたします。
 リスクについても、四則演算で4つのステップで計算する方法を考案いたし
ました。

詳細はこちら ⇒ https://double-growth.com/portfolio20200712/


■2種の参加方法:ご希望のスタイルでお申し込み下さい

 1.会議室での受講:6,600円(税込)
   定員60名(密にしないために人数を制限)
   場所:東京都中央区(申し込みいただいた方に別途ご案内いたします)

お申し込みはこちら⇒https://www.kokuchpro.com/event/portfolio_20200712/


 2.オンライン受講(Zoomを利用予定):6,600円(税込)
   40名程度までの予定
   受講のURLは申し込み及び支払い完了後に個別でご案内します。

お申し込みはこちら⇒https://www.kokuchpro.com/event/portfolio_20200712on/


■お申し込み〆切:7月4日(土)23時59分
 *定員に達した場合、早期に終了する可能性があります。

主催:リンクスリサーチ


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著作好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/06/25


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/06/25号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
  (本日の担当:街のコンサルタント&あすなろ産業調査部)


  ◆コラム「都知事選2020スタート」:街のコンサルタント
  ◆コラム「株の玉手箱 悪材料を織り込み、見直し買いが進む」
      :あすなろ産業調査部


===================================


■ お知らせ ■


●山本潤氏の新刊「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」セミナー
 開催!!

 コロナの影響で延期しておりました、新刊出版記念セミナーの開催が決定し
ました!

 「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」
 山本潤 著、かんき出版 刊 1,650円
  https://amzn.to/2VBY0Rl

 初心者にもわかりやすくポートフォリオ構築を中心に記した同書を、さらに
理解しやすく解説します。もちろん質疑応答もあります。
 また、対談も予定しています。

 今回は、リアルセミナーと同時にオンラインでも同時開催します。
 いずれも人数限定ですので、お申し込みはお早めに。

■日時:7月12日(日) 10時〜17時


【山本潤氏より】

 構成は株式投資の初心者向けの内容ですので、計算機や電卓は使用しません。
 紙と鉛筆で少しだけ四則演算を行います。
 繰り返しますが、内容は初心者向けで計算も楽です。
 (当てることもいたしません。お気軽にご参加ください)
 書籍はこれ以上、わかりやすくは書けないと自負するほど、自分でも工夫し
たのです。正直、大変でした。
 セミナーでは長期投資の利点、長期保有の利点を丁寧に説明いたします。
 リスクについても、四則演算で4つのステップで計算する方法を考案いたし
ました。

詳細はこちら ⇒ https://double-growth.com/portfolio20200712/


■2種の参加方法:ご希望のスタイルでお申し込み下さい

 1.会議室での受講:6,600円(税込)
   定員60名(密にしないために人数を制限)
   場所:東京都中央区(申し込みいただいた方に別途ご案内いたします)

お申し込みはこちら⇒https://www.kokuchpro.com/event/portfolio_20200712/


 2.オンライン受講(Zoomを利用予定):6,600円(税込)
   40名程度までの予定
   受講のURLは申し込み及び支払い完了後に個別でご案内します。

お申し込みはこちら⇒https://www.kokuchpro.com/event/portfolio_20200712on/


■お申し込み〆切:7月4日(土)23時59分
 *定員に達した場合、早期に終了する可能性があります。

主催:リンクスリサーチ


===================================


◆コラム「都知事選2020スタート」


 コロナ騒ぎの中、東京都知事選が始まりました。熱い戦いの始まりです。

 与党重鎮が推す現職の小池都知事に対抗する有力候補に交じり、毎度お約束
の選挙参加型候補を含む22名が顔を揃えました。突飛な発言や各論で出馬し
ている候補者も多くみられますが、実際には小池現都知事vs数名の有力候補
の戦いになるのでしょう。
 個人的には維新の会が推している候補に期待していますが、結果は小池氏の
圧勝になると予想しています。有力な対抗馬も思い当たりませんから。
 とは言え、誰が勝っても癒着の都行政(巨大伏魔殿)の透明化を進めてもら
いたいところです。

 各候補者の集票数次第でも都政の方向性が出てくるのでしょうが、高齢化の
進展や財政状況、他国との交流や産業の変化などなど、これからは東京都の存
在や進む方向が他府県とは違ったものになると考えています。今後も日本全体
が似たような行政手法で長きに渡り運営出来るとは考え辛く、効率の面からも
東京や大阪などの大都市圏は独自の進化を遂げると考えるのが妥当と思われる
からです。


 さて前回も書きましたが、過去最大規模の資金供給や財政支援策が実施され
ているのですから、従前通りの環境であれば景気の押し上げ効果により株式の
一段の上昇も見込めますが、過剰流動性が頼りの心もとない相場とも感じます。

 世界最大の米国市場で2022年まで金利が抑えられ続けるなら、世界的に
も超低金利環境が続きます。利回りを得られる原資産としては主なところでは
国内外の不動産や株式、及び新興国やジャンク債市場以外に見当たりません。
多少のリスクを取ってでもこれらリスク資産への投資に資金が向かうと思われ
ます。
 つまり、余程テレワークが進まない限り都市圏の不動産価格は下がりにくく
なりますし、株式市場はより投機的な動きになると予想しています。

 日本国内には投資先が不足していますが、高配当であったとしても株式は変
動が大きいため1アイテムに多額の投資は出来ません。インデックスを活用す
ると共に、より高い選別眼が必要とされるなど、個人にとって難しい投資環境
が続きます。


 毎度の余談で・・・

 安倍政権の気の緩みを象徴する公職選挙法違反事件で名を売る河井前法相で
すが、同氏を良く知る政府関係者に話を聞きました。その人柄は一言で言えば
「非常識!」で、霞が関では有名人だそうです(笑)
 非常識過ぎて主務官庁毎に同氏への対応マニュアルがあるほどで、「よくも
まぁ、こんな非常識な輩を閣僚にしたもんだ」「この男なら何でもアリだな」
と・・・、霞が関には何の驚きも無い事件だそうです(呆)。安倍政権の終わ
りの始まりですかね。


 もう一つ余談ですが、5月以降にREITが大きく売られた日は空売り残が
急に増えています。5月15日、6月11日、15日辺りです。
 これらの売られ方から見るとファンド(機関)なのでしょう。彼らも儲ける
ために色々と工夫しているようです。

 REITに限らず予想外に(理由も無く)急に買われたり売られたりしたと
きは個人にとって売買のチャンスと思います。

 自身の投資でも3月中旬からは、安いと感じた日に、徐々にREITとIT
銘柄を買い増してきました。REITは利回りを得るため。IT銘柄は将来性
が楽しみな会社を少しずつという具合です。とは言え、流石に買いが続いた5
月の中旬からは様子見をしています。


 中長期の投資家なら、不自然に売られた日に少しずつ買い増していく…って
具合にノンビリ投資を楽しんでいただきたいと思います(^^)


 先ほど(25日15時)発表のニトリ3〜5月期四半期決算ですが対前年同
期比で、売上高+3.8%増、営業利益+23%増。
 巣ごもり消費の拡大と、それを後押しした一律給付。凄いです。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第109回「6月IPO銘柄」がアップされました。


第109回「6月IPO銘柄」 6月24日収録
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so37088348
 【YouTube】https://youtu.be/z4VUMyRZN1E

【今回登場企業】 6月IPO銘柄 リングバル テノックス ウエスコHD
        日創プロニティ アイティーフォー

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


■ お知らせ ■


■第65号配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第65号レポート配信中!!】


 今週は、長期で着実に安定成長していくと考えられる企業
を分析。
 市場の大きさとコンペティターの少なさ、サービス内容の合理性から大きく
花開く可能性を示唆。業績予想と理論株価を算定しています。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 カチタス(8919)のレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス


 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「株の玉手箱 悪材料を織り込み、見直し買いが進む」


 日経平均は23000円を想像以上に早く達成し、上昇ピッチの速さから高
値警戒感もでて、海外ではコロナの感染者数が再び短期調整が進んでいます。

 今回はそんな中からの銘柄紹介です。


−−−−−−


ビーネックスグループ(2154)[東証一部]
『自律成長とM&Aで事業成長を目指す』


【事業紹介】

 製造業向けの技術者派遣会社で自動車関連や電機メーカーに強みを持ちメー
カーの研究開発、設計、生産技術などの技術分野に対する派遣・請負・委託の
事業を領域としている。

 人材派遣とは、派遣料金の内訳は派遣社員の賃金や社会保険料などが派遣料
金の大半を占めるほか、会社運営費を差し引いた残りが利益。

 同社の事業は技術者派遣や開発・設計の請負などを担う技術系領域と、製造
請負や製造ラインへの製造スタッフ派遣などを担う製造系領域の2つに分けら
れている。2017年6月期からは海外での事業が“海外領域”として独立し、
事業セグメントとして3セグメント体制となった。

 事業別売上高構成比は技術系領域49.4%、製造系領域12.2%、海外
領域38.3%と技術系領域でほぼ半分、3本柱で100%近くを占め、セグ
メント利益構成比では技術系領域が89.4%と大半を占めている。


【技術系領域】

(顧客企業の研究開発、設計、生産技術などの技術分野に対する派遣・請負・
委託事業)

 好調が続く輸送用機器や電気機器などの業種で社員配属が伸長した。
 また、注力分野であるIT系領域において、IT・ソフト開発の社員配属が
拡充している。


【製造系領域】

(顧客企業の製造工程等における請負・受託・派遣の事業)

 売上高は同0.9%増の99.89億円、セグメント利益は同4.3%増の
5.48億円となった。
 地域密着型営業に注力して高単価の受注を獲得するなど、売上高の拡大を推
し進めたが、採用が想定を下回り、業績の大幅な伸長には至らなかった。


【海外領域】

(日本国外における技術・製造分野に対する派遣・請負や、有料職業紹介など
の人材サービス事業)

 新たに株式を取得した英国の人材派遣会社Quattro Group Holdings Limited
の業績および、昨年度に株式を取得した英国の人材派遣会社Gap Personnel
Holdings Limitedの業績が通期にわたって寄与した。


【中期経営計画では】

1)従来の中期経営計画と成長戦略は、早期に市場での上位ポジションを獲得
 するため、他社を上回る成長スピードと収益構造のモデル確立を達成するこ
 とを重視(売上高と営業利益の年成長20%以上)の結果、当初の目標を上
 回る成長を達成し、事業ポートフォリオの拡大・形成に成功。

2)昨今の世界経済の不透明感や政局の変化等を踏まえ、従来の成長率の重視
 だけではなく、現在の事業ポートフォリオをベースとして、持続可能な成長
 戦略を志向する。継続的に利益を創出する力としてEBITDAを目標とす
 る。

 技術系領域は経営資源の投入(M&A、提携、広告等と事業モデルの高度化
 システム、シェアードサービス強化)を図り、売上成長と事業効率の両面
 を追求する。

 海外領域は売上300億円の事業基盤で「利益額重視」の成長を目指すとし
ている。


 株価推移は3/19に直近の412円を付け、下値を固めてきて緩やかに下
値を切り上げている。上昇トレンドを形成、今後も上昇余地が大きいと思われ
る。


(あすなろ産業調査部 藤井勝行)


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikafujii

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会


(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第298号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第298号
が好評配信中です。


【予算5万円台で投資可能な低位株研究!】


【6/22 第298号では】

■相場の視点 〜短期微調整から再び強展開の株式相場〜
■株価500円以下の注目低位銘柄(6銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著書好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/06/24


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/06/24号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
           (本日の担当:小屋洋一)


       ◆コラム「コロナ後の世界を考える」


===================================


■ お知らせ ■


■第65号配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第65号レポート配信中!!】


 今週は、長期で着実に安定成長していくと考えられる企業
を分析。
 市場の大きさとコンペティターの少なさ、サービス内容の合理性から大きく
花開く可能性を示唆。業績予想と理論株価を算定しています。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 カチタス(8919)のレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「コロナ後の世界を考える」


 最近、会う人たちによく

「コロナの影響があるのに、なんで株価はこんなにも強いのでしょうか?」

と聞かれることがあります。


 こう聞かれたときには

「株式市場ではもうコロナの影響は終わった話として扱われているのです」

と応えると大変驚かれます。

 その意味では、まだまだみなさんコロナの影響を大きく受けているのだなと
感じます。


 新型コロナウイルスについては、先日6月12日に大阪府の新型コロナウイ
ルス対策本部専門家会議で公表された
「K値モデルから見た検証」(大阪大学核物理研究センター 中野教授)
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/37375/00366407/06%20siryou1-2.pptx

という資料で、

K=直近1週間の感染者数/累計感染者数

を観察すると、日本でも海外でも期間を追うと減衰していくという仮説を立て
データも概ねその仮説をたどっています。

 その理由については不明なのですが、いずれにしても流行は長く続かないと
いうモデルになります。

 そして皆さんを自粛させた緊急事態宣言のことも、効果は極めて限定的であ
ったとしています。


 もちろん、この中野教授の仮説が正しいか正しくないかについては、今後も
検証が必要ですし、実際にはこの仮説を突き崩すようなことが起こるのかもし
れません。

 私が言いたかったことは、コロナの影響については、株式市場の関係者の中
では中野教授の仮説のように

「流行り病だけど、自然に収束に向かうので、そこまで大きな影響は与えない」

「経済活動の回復が見える中で、各国政府は2008年以上の財政支出を決め
ているので、今後の回復は早い」

とみている人が多いという事です。


 こうした中で、コロナウイルスの第2派の影響や、株価の2番底の心配をす
ることは、あまり建設的でない議論のように私には聞こえます。

 まずは、皆さんが正しい理解をして、日常の行動を取り戻すことが一番重要
なことです。


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/



■【告知】メルマガ読者のみなさまへ■


小屋です。

 先日個人事業主やビジネスオーナーをイメージして下記のようなオンライン
コンテンツを作成しました。

 今回は、動画で学ぶと同時に、弊社のコンサルティングもセットで
55,000円で提供しています。

 これは、弊社の普段のメニューと同じ値段で大変お得な商品になっておりま
す。

 もしも、自営業者やビジネスオーナーで資産運用をご検討の方がいらっしゃ
ればこのコンテンツをお求めいただければと思います。


●ビジネスオーナーのための『お金の強化書』

https://tlp.edulio.com/coovii/cart/detail/2041

 税理士が教えてくれない個人・法人両面からの資産運用プラン
 金融商品の販売を行わないからこその中立的なアドバイス
 節税から運用まで、みなさんの疑問にお応えします!

【ビジネスオーナーのためのお金の強化書で得られること】
 1.屈指の独立系FPから個別アドバイスを得られる!
 2.法人・個人を活用した節税方法がわかる!
 3.時間をかけずに資産運用のポートフォリオを構築できる!


 当コンテンツでは、屈指の独立系FP小屋洋一からの個別アドバイスだけで
なく、9.5時間のeラーニング教材が付属していることで、事前に、または
わからない点を後から学習することができます。

 適切な節税方法から、世界の富裕層が実践している資産運用方法まで、ノウ
ハウを全公開しています。

 ご自身の数字、考え方を棚卸し、未来に向けた戦略を構築するチャンスです。
法人、個人の主体を活用しながら、個人だけでなく家庭についても考えていた
だきながら、ライフプランをマネープランに落とし込んでいく作業です。
 会社と同様、一度立ち止まり、戦略戦術を一緒に設計していきませんか?


【小屋洋一プロフィール】

 株式会社マネーライフプランニング代表。
 慶應義塾大学経済学部でファイナンスを学び、
 卒業後リース会社に就職。

 2004年から不動産ベンチャー企業にて営業、企画を担当しながら不動産
投資実務についても研究。

 2008年個人のファイナンシャルリテラシーの向上をミッションとした
株式会社マネーライフプランニングを設立。

 現在は個人資産家層を中心にコンサルティング業務を行う。
 投資勉強会やFP向け教育の講師など、活動の範囲は幅広い。

『35歳貯金ゼロなら親のスネをかじりなさい』をはじめ著書も多く、
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、
NHK「NEWS WEB」などテレビにも多数出演。

 CFPR(公認ファイナンシャルプランナー)、
 一級ファイナンシャル・プランニング技能士、
 首都圏ファイナンシャル・プランニング技能士会理事。


【こんな方にお勧めします!】

・ビジネスオーナー(持ち株比率70%以上など)の方
・年収2000万円以上稼いでいるスペシャリストの方
・具体的な節税方法について知りたい方
・ご自身の法人の出口戦略を考えたい方
・効果の高い保険商品を知りたい方
・どのように運用をすべきか知りたい方
・税理士など専門家の活用方法を知りたい方


【講座概要】

 講義時間数:9.5時間。
 節税方法から資産運用まで、考え方・ノウハウを大公開!

 個別面談:リアルまたはオンラインで3回実施
(リアル面談は東京都中央区銀座の講師オフィスとなります)

 面談内容:
 【1回目】ヒアリング
 【2回目】分析結果提示
 【3回目】対応策の提示

 面談時間:各1時間〜2時間を予定しております。

 アドバイザー:小屋洋一、または(株)マネーライフプランニング所属の
 ファイナンシャルプランナーになります。
 なお、全個別アドバイスの内容は小屋洋一が監修いたします。

 面談時期:別途調整いたしますが、コンテンツ視聴前、視聴後問わず活用
 いただけます。


株式会社マネーライフプランニング
小屋 洋一


===================================


■ お知らせ ■


 山本潤氏の新刊「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」が出版!!

 長期投資を前提に、プロの運用手段を開示。
 投資で「やってはいけないこと」も提示。
 一生使える知識と哲学を得るチャンスです。

 「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」
 山本潤 著、かんき出版 刊 1,650円

  https://amzn.to/2VBY0Rl


===================================


■ お知らせ ■



【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第298号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第298号
が好評配信中です。


【予算5万円台で投資可能な低位株研究!】


【6/22 第298号では】

■相場の視点 〜短期微調整から再び強展開の株式相場〜
■株価500円以下の注目低位銘柄(6銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM