【お知らせ】炎チャンネル第90回「2020高値更新あるか?」をアップしました






 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。
第91回「マスク関連一色の株式市場」がアップされました。


第91回「マスク関連一色の株式市場」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36264623
 【YouTube】https://youtu.be/f8t3NxaMDRg

【今回登場企業】興研 重松製作所 LibWork 日創プロニティ 協立エアテック テノックス

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資




多忙な年始の中で(その2)

726271fd4d37c17f84006ea61078b383_s.jpg



 福岡に本社を置く日創プロニティと同様にかつてはQボード銘柄だった皆様ご存知のLibWork(1431・マザーズ)の瀬口社長とは16日の午前中に面談した。

 同社は単なる熊本の住宅会社ではなくITと住宅を融合させた次世代住宅会社。
 この日は親しい他の住宅企業の社長とも一緒に面談させて頂いた。

 昨年の億の近道20周年記念パーティにて少しお話もさせて頂き、その後の株価急騰を演じた銘柄の社長との面談は朝からスタート。同社の情熱的な瀬口社長やIR担当役員との面談はとても好印象。株価はここに来て若干の調整場面を迎えているが、大きく上昇した後ですので致し方がないところ。この後の株価の展開にご期待願いたい。


 実は今月26日(日)には個人投資家向けセミナーが瀬口社長を迎えて開催されるとの予定。どんな話となるか興味津々といったところだが、当日は私も何人かの投資家とともに足を運ぶ予定なので宜しくお願い申し上げたい。
 終わってからの懇親会も参加予定でお見えになる億の近道の読者とも交流できると考える。


 その日の午後は神田駅近くの知人の会社に新年の挨拶を兼ねて訪問。新卒者の就活支援をされている企業さんで学生さんへの研修をされたりしているのだが、就職先がまだ決まらない学生さんからの相談も聞いておられるとのこと。私にもいろいろと具体的な話をして頂いた。


 また、その神田駅近くに支社を置く株価低迷中の埼玉地盤の不動産企業、アズ企画設計(3490・JQ)の3Q決算説明会に出席。説明会自体は比較的短い時間で終わったのだが、新たに経営戦略部部長に就任された方と名刺交換させて頂いた。M&Aなどに精通されたプロということなので今後の再成長に期待したい。果たして低迷する業績を回復させられるのか松本社長の手腕とともに新任の部長の手腕にも期待をしたい。時価総額が小さな軽量級の銘柄だけに動き出すと足は軽い。せめて2018年3月のIPO時の公開価格2160円を奪回してくれると良いのだが、そのためには業績の回復が必須だと考えられる。


 その説明会後にその会場の隣にオフィスがある知人の会社を訪ねた。年初の挨拶を兼ねてだ。多くの有名な漫画家先生との関係を持つその会社の社長とは長年のつきあいだが、億の近道監修の株漫画でお世話になったこともある。
 熟年ベンチャー的な立ち位置で活動中の社長だが、私はこれまで多くの方を紹介してきた。その中には現在株価急騰中のサイバーステップ(3810)の役員も含まれる。
 その意図は内緒にしておこう。その日はビジネスアイデアも披露しておいたが、今年サービス開始元年となる5Gの世界と映像コンテンツ。おタッキーな漫画の世界が一層ビジネス的に開花すると見られる。


 その面談を終えて私は永田町方面に向かった。自民党本部での勉強会に出席するためだ。約1000名もの皆さんが集まるその勉強会は憲法改正を議論するためのたたき台となる日本の近現代史を専門家を招いて勉強しようというもの。
 これから毎月2回程度のペースで24回の開催を予定しているようだ。

 冒頭では安倍首相が挨拶をされたが、やはり日本はこの人でないと駄目だと思わせるぐらいの心に沁みる話があった。果たして安倍首相在任中に憲法改正が実現できるのか億の近道の読者の皆さんも、、これからぜひ関心をもって頂きたい。

 その内容は改めて本メルマガでも報告したいと考える。


 翌日の17日はチーム八丁堀でランチミーティング。株価低迷中のスカラ(4845)が1月27日の渋谷ヒカリエ17階への本社移転を記念して開催する予定のセミナー(テーマはビジネスアイデアと新規事業、講師は社内企業
のプロである同社の守屋実氏)への出席を促した。チーム八丁堀には元銀行マンも交じっており、様々な貴重な情報を頂いた。


 その日の夕刻の4時には原宿まで足を運び、住宅やビル建材、床材、水回りなどの開発輸入会社、アドヴァン(7463)の第3四半期決算説明会に臨んだ。
 世代交代が進み、創業者である山形名誉会長の後継者であった前社長も会長に退き、新たに社長に就任された末次新社長にご挨拶。今期は3Qまでは順調な業績なのだが、4Qは職人不足がネックで工期の遅れなども想定されるためやや慎重見通し。来期も踊り場を迎えるなどと慎重な発言があった一方で、低金利で調達した資金で自社株買いを積極化させているとの話などもあった。またさ来期には福岡に新たなオフィスビルを建築する予定であるとの話もあり、着実なビジネス展開を見込んでいることも伺えた。直近の株価は上昇してきたが先週はやや調整の動きが見られた。


 この説明会が終わってまっすぐに千代田線で帰宅する可能性もあったが、この日は大学のゼミOB会で元ソフトバンクグループのグッドローン(現在のARUHI)社長を務めたことのあるOBのプレゼンがあることを思い出し、京橋に出向いた。かつてはソフトバンクの孫社長やSBIの北尾社長とも面識があるなど経歴がすごい人物だ。クールなのだが、情熱はなおも残っており、現在はインパクト投資の会社を故郷の鳥取で立ち上げてカンボジアなどの新興国での融資事業に力を注いでいる。これについてはまた改めてご報告したいと考える。
 このプレゼン終了後には同じ京橋にて懇親会。証券界のOBや現役アナリスト、大手小売りチェーンで活躍した方、新聞記者など集まった皆さんとの懇親を深めることができた。幹事を務めて頂いた大手電機メーカー勤務のゼミOBには心より感謝申し上げたい。


 このように先週はとてもお疲れさん!!の充実した1週間であった。

 今週もどうやら忙しくなりそうだ。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




有名YOUTUBERに贈る炎の特別ポートフォリオ




 第1回 あの若手YOUTUBER KAZUYAに贈るポートフォリオ


 先週の虎ノ門ニュースに出演していたKAZUYA(本名は京本和也)は知る人ぞ知る人気の若手YOUTUBERである。KAZUYAは、億の近道でおなじみの相川伸夫にも似た歯に衣着せぬ語り口で日本の政治や文化をずけずけと切る。印象に残る声なのも聞いていて心地よい。もしかしたら比較的リーズナブルだとYOUTUBERの間でも評判のズーム(もうすぐ億の近道のイベントに社長が参加するとの噂がある)の収録機器を使っているのかも知れない。

 1988年3月2日生まれで間もなく32歳を迎えるKAZUYAは北海道の帯広生まれで今は東京に在住しているとのこと。高卒で就職し半年で会社を辞めてYOUTUBERになったという異色の存在でYOUTUBERとしての現在の人気はあるとしてもこの先の生き方には多少の悩みもあるだろう。
 先週の虎ノ門ニュースでは米国株(投信?)に投資をしていると吐露したが、今得ているYOUTUBERとしての収入を運用している模様だ。


 それならばと、億の近道月曜版では彼を応援する意味で日本株のポートフォリオを提案したいと思う。
 日本国を愛する辛口のコメンテーターなら米国株より日本株が良い。今時のオピニオンリーダーたる若者に日本株に関心をもってもらいたい。そんな思いから今回は以下のポートフォリオを提案したい。

 同じ日に一緒に出演していた国際政治学者、藤井厳喜先生の言葉では米国の景気が絶好調だとのこと。これを背景にNYダウは快進撃。高値更新を続けており、間もなくNYダウ3万ドルという時代に突入するとの見方。トランプ大統領が今秋の再選に向け、大胆な減税政策や財政政策、その予算をもたらすために自ら最高司令官となって米中経済戦争を仕掛け勝利となる部分合意にまで進んできた中で、3.5%という低失業率を実現させ、GDPの伸びを3%から5%へ高めようとしている。時に波乱はあっても株高トレンドはなおも続くとの見方は揺るぎない。

 戦争仕掛け人とかいうトランプ大統領への批判は日本の旧来のメディアを信奉する多くの日本国民に誤解を生じさせているように思うが、それが米国株に比べ日本株の元気の無さにつながってはいるならむしろ出遅れた日本株にも投資のチャンスがある、小さくともシンクロしていることは否定できないし、ビジネスとして考えると米国市場に力点を置く出遅れ株価低迷銘柄が見直し人気を集めることに注目すべきだと考える。


 そうした銘柄を含めた割安感のある北海道地盤の銘柄や生活ニーズを踏まえた「YOUTUBER KAZUYAに送る株式ポートフォリオを提案したい。

 KAZUYAの年収はどのぐらいかは不明だが、人気のYOUTUBERとしての収入はきっと多額であるに違いない。本なども書かれていたりメディア出演などもされているので、これまでの活動で余資は溜まっている筈。
 人気YOUTUBERに200万円のポートフォリオというとやや失礼なので今回は2000万円という金額のポートフォリオとして提示し、11月の米大統領選までの運用成果を見て頂くことにする。
 お金が溜まって1億円程度も大丈夫ということになれば改めてご本人からご連絡をお願いしたい。なお、KAZUYAには今後、実業家ないし投資家としての活動も期待したい。その一歩となるポートフォリオとなれば幸いだ。


【北海道・帯広生まれの独身?YOUTUBER、KAZUYAに送る中小型株ポートフォリオ】


1.炎のFMが厳選した20銘柄から更に絞ったテーマ別の5銘柄でポートフォリオを構築
2.今回のポートフォリオの運用期間はトランプ大統領再選決定までの約10か月間
3.目標利回りは手数料税金控除後、税引配当金込みで20%

選定20銘柄:北海道企業10銘柄/YOUTUBE・米国景気関連14銘柄/その他6銘柄


⇒テーマ別厳選5銘柄

1)遠い未来だと思っても必ずやってくる老後に備えた北海道銘柄
  光ハイツ・ヴェラス(2137)850円 × 4000株=340万円

2)KAZUYAの故郷、帯広の有力食品スーパー
  ダイイチ(7643) 700円 × 5000株 =350万円

3)米国の景気動向を見据えて蘇る?期待の銘柄
  マクロミル(3978) 1060円 × 4000株=424万円

4)YOUTUBER設備投資関連&米国消費景気向上期待銘柄
  ズーム(6694) 1404円 × 3000株 =421万円

5)婚活ニーズに応える銘柄
  リンクバル(6046)401円 ×10000株 =401万円

株式投資金額 1936万円⇒最大目標2330万円
現金 64万円
税引受取配当金 12.96万円
ポートフォリオ金額合計 2000万円⇒目標金額2407万円


 KAZUYAの幸運と運用成果の向上を祈る!!


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資




多忙な年始の中で

05c874dc781a598b70d8ce9eb1495f8b_s.jpg



 今年は始まったばかりとは言え、株式相場が波乱の幕開けということもあって公私ともに何かと多忙になってきた。

 億の近道活動も今年で21年目を迎えることになるが、皆様とともにこうして活動できますことを心より感謝申し上げたい。


 さて、皆様に提供している情報をより良いものとするためにはインプット作業は欠かせません。年末から年始はややインプット活動が停滞致しますのでアウトプットも中身に乏しいものとなってしまいがちですが、先週はインプット活動を進めながら株式投資に有益な情報探しに努めてきた。

 この間、YOUTUBEでも炎チャンネルにて年末の25日から数えて3回のコンテンツを配信させて頂いた。登録数は徐々に増えてはいるが、まだまだ少なくこれからも関心をもって頂ければ幸いだ。
 https://youtu.be/CcFCTmGkiRw

 目標は1000件突破!!


 年初を改めて振り返れば大発会は波乱の幕開け。日経平均は一時500円以上の下落を見たが2日目は反転上昇。しかしながら3日目はイランと米国の緊張状態が高まり再び急落。日経平均は2万3000円割れを演じたが、悠然と上げ続けるNYダウにリードされてその後の日経平均は上昇し2万4041円で先週末は終わった。
 こうした波乱の始まりからの希望の1週間となり皆様のお正月の投資生活も徐々に前向きなものとなってきたものと拝察できる。


 成人の日となった13日はコト消費の典型的な現場を見ようと知人とともに明治座を訪れ、座長となって大活躍の演歌歌手、三山ひろしのお芝居や歌謡ショーなどを堪能。足を運んだファンの皆さんの熱気に圧倒された4時間近くがあっと言う間に過ぎてしまった。

 コト消費と言えば、リンクバル(6046)だが、株価はなかなか上がらない。それでも株価の位置を考えるとここから大きく値下がりするというよりは上に向かう期待の方が大きく、しばしの辛抱を経ての三山ひろしの舞台のように空中を飛ぶ活躍を見たいと思っている。


 3連休明けの先週14日は筆者の誕生日でもあり、神楽坂近くにあるこれからの成長が期待されるベンチャー企業への訪問、打ち合わせ後にある知人に小さな祝宴を開催して頂いた。
 学生の街、早稲田にほど近い韓国料理のお店での誕生会はとても思い出に残る楽しい会となった。この場をお借りして御礼申し上げたい。

 今年もますます日韓の軋轢が続く中で、もやもやとした不透明要因が株式市場に小さな棘のように存在しているが、おいしい韓国料理を食べるとそんなことはもうどうでも良いという気分になってしまう。


 15日はうっかりして午前中に予定していたERIホールディングス(6083・時価764円・時価総額60億円)のプレゼン出席を忘れていて、残念ながら皆様に詳細内容の報告はできないのですが、建物の建築検査ビジネスで最有力の企業で省エネ判定業務などの成長分野を背景にこれから注目される企業と言える。
 今5月期の決算は先行費用がかさみ増収減益となるが株価の下落と30円配当の実施で配当利回りが3.9%を超えている。決算期を迎える5月に向けてはリターンを得るチャンスありと見る。
 同社はBIM(3Dデータ)関連でもあり、これまで安定した配当を実施してきたと言う実績もあり株価の低迷期にこそ投資するチャンスがあると考える。


 この日は炎チャンネルの収録日でもあり、夕刻からの収録には株式同好会に入っておられる有力投資家の皆さんにも立ち会って頂き、終わってからの懇親会では台湾料理に舌鼓。台湾では蔡英文氏の勝利で大いに沸いているがこれと同様にこのお店も多くのお客さんでとても賑やかだった。

 投資家の共通した話題はテノックス(1905)や日創プロニティ(3440)などの内需系バリュー株に尽きる(このあたりは私の有料メルマガでも取り上げたいと考えている)。

 テノックス株はようやく900円台が定着してきたので、この先も楽しみな状況だが、日創プロニティは直近の安値801円を切りそうな値動きとなっており、投資家の皆さんの関心の的となっている。
 「株は安い時に買って、高くなったら売る」こんな単純なことがなかなかできない。今期減益見通しがネガティブな評価につながっている状況なので致し方ないのだが、日創側に確認したところは多少安心できる答えが返ってきた。(その内容は有料メルマガにて掲載予定)

 岡山の建設コンサルタント、ウエスコHD(6091)で比較的大きくリターンを上げたある有力投資家は今年はこの日創でいくと豪語していたが果たしてどのような結果が生まれるだろうか。


(後半に続く)


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




滅多に動かない株が動いた!!




 日経平均が大幅に調整する大発会の株式相場で目を引いたのは一連の防衛関連銘柄が人気を集めたこと。

 石川製作所(6208)や豊和工業(6203)、細谷火工(4274)といったお決まりの銘柄群が軒並みストップ高。また、本日は防衛関連銘柄として日本アビオニクス(6946)もストップ高を演じていたが、これは日本産業パートナーズ系のファンドによるTOBに絡んだ動きかも知れません。

 このほかでは5G関連の多摩川HD(6838)の株価が3000円台に乗せるなど持前の仕手性を発揮していた。

 また、防毒マスクの重松製作所(7980)がストップ高を演じていたほか防衛省向け防毒マスク納入に実績のある興研(7963)も一時210円高の1564円まで買われるなど有事に備えた物色気運が一気に盛り上がってきた。

 興研株は筆者が過去1年半余りウォッチしてきた銘柄で長期に株価が低迷し続け気になっていた銘柄だ。過去、何かの有事が起きる激しい株価変動を見せる銘柄で今回は果たしてどんな動きを見せるか関心を持って見守りたい。
 残念ながら興研だけはストップ高とはならなかったが明日以降の展開が気になる。
 重松も同社も中国武漢で起きた原因不明の肺炎の流行の話が株高のきっかけになった可能性もあり、こうした周期的に起きる病気の流行に株価が呼応して人気化することが特徴だから一種の保険のような銘柄だとも言える。


 滅多に動かない株をあきらめずにポートフォリオに少しだけでも組入れておられた投資家には何らかのリターンがもたらされることになるのかも知れない。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




百花繚乱の投資アイデア




 2020年の株式相場が始まった。
 山あり谷ありの株式相場。
 そこには笑いあり、涙あり。

 悲喜こもごもの人生模様にも似た相場変動に一喜一憂する投資家各位の姿に株式投資の奥の深い世界を感じることができる。


 株式投資はできれば楽しんで頂きたい。そうは言ってもそう簡単に楽しむことなどできない。きっとまた買ったばかりの株の下落にぼやき節が出たりするに違いない。
 それでも投資家たるもの株を楽しまないと意味がない。


 楽しむためには投資の結果を思い描く必要がある。
 最初から損することを思い描いての投資など面白くない。

 宝くじ買い感覚だって時には必要。
 テンバガー銘柄だと信じて株価の変化を求めて少額でも良いから投資する。
 これも一つの投資アイデアだろう。でも全体で100の資金があって1だけ投資して楽しんだとしてもリターンは限られる。

 人間には欲があって100の資金をベースに資産増強を図ろうとするのでリスクもその分高まることになる。


 賢明な億の近道の読者の皆様は日常からリスク分散を図っておられる筈だが、これこそ長期に株式投資を楽しむ秘訣だ。
 リスクマネーの金額にもよるが分散し過ぎて管理できないのも問題となるが、3000万円程度までなら10銘柄程度に分散して運用されると良いだろう。


 流動性の高い主力銘柄もあればさほど流動性のない中小型銘柄もある。
 縁あって選んだ銘柄でポートフォリオを構築されしばらくの間の運用をそれらの銘柄に託すことになる。

 その時に思い描くことは今すぐではなくても近未来に値を上げるポートフォリオに組入れた銘柄の株価のイメージ。同時に描く業績の推移イメージ。
 業績に対し信頼できる企業と信頼できない企業。投資家を裏切ることの多い企業を選んでしまった場合は反省しなければならないが、企業業績の変動は避けて通れない現実だから余り深刻に考える必要はない。投資家の信頼は時に裏切られることもある。
 だからリスク分散の意味でポートフォリオを組むことになるのだから、一定の覚悟はできている筈。

 ポートフォリオを構築して期間3か月から半年間、そのポートフォリオを管理する投資家の皆さんには何らかのリターンがもたらされることになる。

 3700もの銘柄の中から運命の厳選した銘柄を選定して一定期間リスクテイクして楽しみながらリターンを上げる。自らがファンドマネジャーとなって運用に当たり資産を増やす活動が投資家に与えられたミッションと言える。


 スタートしたばかりの株式相場。
 今年も1000万人以上もの投資家が余資運用を目標にリスクテイクを行うことになる。

 百花繚乱の投資アイデアを自らの頭でひねり出して銘柄を選定しポートフォリオを構築する。
 億の近道が投資アイデアを投資家の皆様に提供する一助となれば幸いだ。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




炎より年頭のご挨拶




 億の近道の読者の皆様、明けましておめでとうございます。
 旧年中はご愛読賜り有難うございました。今年も株式啓蒙型メールマガジン「億の近道」を宜しくお願い申し上げます。


 年末年始に起きた出来事が大発会の相場を波乱に導いた格好ですが、買い手控えの中での調整ですから、致し方ないところでもあります。波乱の中でスタートした大発会の株式相場ではありますが、新春に買いから入ろうと考えておられた投資家の皆さんも多いのではないかと拝察致しております。

 そういう投資家にとってはこの波乱のスタートは投資チャンスと言えるのかも知れませんが下げの始まりとなるような調整となれば話は別となり、この先もじっくりと下値を見極めていく必要が出て参ります。

 ここは全体相場よりも個別銘柄の動向により関心を持って頂ければと考えます。本メルマガが皆さんの考えるヒントを提供できれば幸いです。


 それでは今年も宜しくお願い申し上げます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




株価低迷状態の銘柄が復活する条件

b47fd05945138319e99a9308fbf1912d_s.jpg



 今年も残り少なくなった株式相場は26日約定分までの損金処理と換金売り、新春に向けた仕込みが重なり、例年通り二極化の様相。 こうした相場展開が26日まで続いた後の相場展開をどう読めば良いかということになる。

 株価は需給で決まる。
 需給悪には逆らえず、低迷する株価トレンドには自然体で臨みながら、上昇トレンドを維持する銘柄には好需給を踏まえての短期マネーが入ってくる。
 こうした展開は基本的には26日までと推察される。


 摩訶不思議な株価のトレンドは需給が好転するとまったく異なった推移に変化する。筆者が注目するのは、こうした需給の変化である。
 下落トレンドが続く銘柄で売られ過ぎの印象がある銘柄には大いに投資チャンスがある。

 トレンドを変える材料がこの年の瀬のタイミングで出ることはないだろうが、兆候は株価に現れる。下値模索中の銘柄にはまるで悪魔が宿ったような状態だと感じる投資家も多いだろう。
 高値から半値以下に低迷する銘柄が反転上昇するためには、まずは、売り圧力が減少すること、これを見出した買い主体の投資家が下値での買い圧力を高めることで株価はボトムを打つことになる。


 過去2年間にIPOした銘柄群も多くは株価低迷中。
 忍耐と辛抱が必要な局面が続くが、26日以降は需給が多少変わることになる。テクニカル上の反転上昇への変化を待つ投資家はこの日を境に一気に買いに転換するのではないだろうか。


【今年は駄目だったけど来年活躍期待の銘柄、株価1000円以下】

1.田辺工業(1828)893円
2.テノックス(1905)901円
3.フィードワン(2060)189円
4.塩水港精糖(2112)219円
5.フルスピード(2159)496円
6.nmsホールディングス(2162)533円
7.伊藤ハム米久HD(2296)717円
8.トランスジェニック(2342)400円
9.セントケアHD(2374)478円
10.サイネックス(2376)687円
11.日創プロニティ(3440)824円
12.ティーライフ(3172)904円
13.Comnix(3173)823円
14.スカラ(4845)787円
15.ノザワ(5237)740円
16.リンクバル(6046)399円


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




野村IR主催の資産運用フェアは熱気むんむん




 12月20日(金)と21日に開催された、野村IR主催の資産運用フェア2019は個人投資家のあふれるばかりの熱気に包まれていた。
 開催場所の渋谷南平台に筆者は20日に億の近道の編集長と足を運んでみた。
 昨年は有楽町での開催だったようだが、今年の渋谷の方が来場者は多いようだと出展企業の1社から説明があった。

 その会場には42の出展企業や12の投信会社のブースが並び、一定時間ごとに開かれるプレゼンの時間ごとに個人投資家の皆さんが企業側のプレゼンに耳を傾ける姿があった。

 ここに来て全体指数は堅調ながら個別株はまだ低迷したままに推移している銘柄が多い。そんな中で投資家の皆さんも投資したい銘柄を熱心に研究しているように思えた。

 会場内ではあの株主優待活用で有名になった桐谷さんの講演があったりとなかなかの企画で投資家は楽しく時間を過ごしたのだろう。会場内には桐谷さんが会場まで乗ってきた自転車も展示されていたが、優待制度活用の話などに来場者は耳を傾けられたに違いない。

 思い返すと億の近道でも優待制度活用は桐谷さんが登場するかなり前から話題にした記憶がある。それからダイヤモンド・ザイにも引き継がれ話題性が高まったことは記憶に留めておきたい。


 さて、出展企業には筆者が注目する企業の姿もあって、このことを触れておかないとならない。

 最初に足を運んだのは岐阜に本社を置く建設現場の足場を製造する信和(3447)であった。
 信和は昨年3月に東証2部に上場。その後本年になって東証1部に指定替えとなった地味ながら堅実な企業。今期の予想EPSは100円。公開価格は会社四季報には出てないが、フィナンテックの東京IPOサイトでは1150円となっている。初値はこれを下回る1106円。それ以来、株価は低迷し、安値883円まで売られたが、ここに来て業績復調を背景に上昇トレンドとなっている。先週末は1111円という1が4つ揃うという珍しい株価で終えているが今週以降高値1197円を超える展開となるか注目。
 筆者は同社に今週訪問を予定。工場見学も予定している。


 その後に足を運んだのは筆者注目のズーム(6694)。今期の業績を期初発表の増収増益見通しから下方修正して増収減益としたので株価は人気離散となってしまったが、事業そのものはユニークで世界のミュージシャンやYOUTUBERには高い評価を得ている。
 ギタリストである飯島社長とドラマーである億の近道の編集長との会話にはなかなかついていきにくかったが、32.5億円の時価総額水準で株価低迷する同社の来年に向けた飛躍を祈願したい。
 子会社化する予定の米国現地法人の業績寄与、引き続きの新製品投入。VR製品への成長期待など飯島社長の意気込みが感じられた。少なくとも12月決算は為替が想定よりも円安で推移しており、公表計画(経常利益3.2億円)を上回る着地となろう。
 中期計画で掲げる来期経常利益7億円も今のとことは変えていない。多少は期初慎重な見通しとなるかも知れないが、連結化する米国販社の貢献だけでもEPSの押し上げが期待される。
 IR不足がネックだが、同社と億の近道が連携できれば来年は意外な展開もありうる。時価は1417円。2017年3月の上場時の公開価格1520円を100円ほど下回っているが、ユニークなビジネス内容を投資家にもっと認知してもらえれば居所は変わると期待したい。
 期末配当金34円を取得して2月の決算発表を待つことにしたい。


 このほかM&Aに熱心な自動車リース中堅のイチネンホールディングス(9619)や同じくM&Aに熱心な建機レンタル大手のカナモト(9678)の展示ブースにも足を運んでみた。

 カナモトのIR担当でベテランの高山さんとは旧知の間柄。久々に再会し、プレゼンに耳を傾けさせて頂いた。カナモトの株価は昨年11月の公募増資の発行価格3288円を下回っているが実力は十分。事業承継に悩む地方の建機レンタル会社を傘下に収めながらますますの飛躍を図ろうとしている。
 これからのますますの活躍に期待したい。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




掉尾の一振




 いよいよ今年も残すところ1週間余りとなって参りました。

 今年創刊20周年を迎えた「億の近道」も読者の皆様とともに21年目の新年を迎えようとしています。

 株式市場は昨年とは打って変わり、慌ただしい師走の中で比較的堅調な推移を辿って参りましたが、このまま30日の大納会を波乱なく迎えられるかを見守り、新春相場に思いを馳せることにしたいと思います。

 ものごとの最後を立派にしめくくることを掉尾(ちょうび)を飾ると言いますが、捕まえられた魚が死ぬ直前に尾をふることから来たことわざですが、慣用読みではとうびと言うそうなので、証券市場でも掉尾(とうび)の一振として年末の締めくくりに相場が上昇して終えることを期待を込めて言うのです。

 そんな掉尾の一振への期待を胸に来るべき新春相場を迎えられようとされている皆様にとって2019年の株式相場はいかがだったでしょうか。また、2020年の展望はいかがでしょうか。


 先日開催された野村IR主催の資産運用フェア2019にも多くの個人投資家の皆さんの姿がありましたが各展示企業の前に陣取った投資家の皆さんが企業の説明に食い入るように耳を傾けておられたのが印象的でした。熱心にプレゼンをする企業とそれを聞きながら年明けの相場で活躍しそうな企業に思いを馳せる投資家の皆さんの熱気は億の近道の読者とて同じこと。
 今年も数多くのコンテンツに読者の皆様の心が躍り、熱い思いを馳せて頂いたものと拝察致しております。

 今週末の27日からは来年渡しになります。
 いよいよ迎える大納会が掉尾の一振で終えられるかどうかはともかく、1年間のご愛読に感謝申し上げます。21年目を迎える「億の近道」にもご期待下さい。

 それでは良いお年をお迎えください。また新春も宜しくお願い申し上げます。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM