有料メルマガライブラリから(353)「企業のファンダメンタルズをチェックしてリバウンドを取りに行く準備をするとき」

4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「企業のファンダメンタルズをチェックしてリバウンドを取りに行く準備をするとき」
 (有料メルマガ第505回・2018/10/30配信号)


※2018年10月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 10月に入って投資環境が一気に悪化して、9月からリバウンドを開始したと思われた日本株は、一気に投げ売りされて強烈な下落状況となりました。
 米国株がリバウンドしても、翌日の日本株は続落するような状況であり、連続で過去の最強利益を更新して、今期も間違いなく過去最高益を更新することが期待される企業の株価でも20%以上も下落する状態です。

 株式市場はこのように、時には凶暴な本性を表して投資家に牙をむき、資産を一気に失わせるような一面も持っていることを忘れないようにしたいと思います。

 10月26日も株価の動きを注意してみていましたが、一時的にリバウンドした暴落株の株価も、前場のうちは上げても、逃げたい投資家の売りに押されて、すぐに前日比でマイナスに落ち込むものが多かったように感じられます。

 これが本来の株式市場であると肝に銘じて、うかつに、これだけ下げたらもう底に届いただろうと、うっかり買いに入ることは慎もうと、自分自身に言い聞かせながら持ち株の下落を見ているような状況が続きます。


 私の持ち株のほとんどは、他の企業よりも業績も良い(⇔PERが1ケタ台で低いことを意味しています)こと、そしてこれから本格的にスタートする3月、6月、9月、12月本決算企業の4半期決算などの発表において、業績上方修正の確率が高いと信じて買った株なので、利喰いしたり損切りしたりして逃げるつもりはありません。

 研究レポートの最初に書いたように、信用買いをしている投資家が追証に追われて投げ売りしたり、破綻して担保になっている株が市場で強制的に処分(=売り飛ばされる)のは、これから本番になると思います。

 そうなれば、どんなに業績が良い企業の株も売られることになります。


 自分の経済的な裏付けや、資金状況を把握して、無理をしないで、余裕のある状況で株式投資を実行していく必要があります。

 自分がしっかりファンダメンタルズを確認して投資した企業の業績が良くなっているのに株価が急落した時は安く投資するチャンスですが、無理をして買うと、更なる下げで投げ売りさせられる可能性が高くなります。


【中略】


 いつも株価の急落が起きた時のコラムに書いてきたことですが、投資家は自分がどのような投資スタイルで投資しているかを把握して、自分の決めた投資の時間軸で、自分のルールに従って投資を進めていくことが、とても大切です。

 しかし自分の健康状態、家族の状況(子供が生まれるとか、大学院に進学するとか、親の介護とか)、収入の状態などは、常に変っていきます。その時々にあった投資ルールを、新たに構築する能力も、自分で投資を実践していくことによって、始めて養われてくるものです。

 株価の急落が起きて投資環境がリスクオフに切り替わるたびに、自分の生活環境とか、経済環境の自己点検を行う必要があります。

 そうでなければ、牙をむきだして襲いかかってくる株式市場で生き残っていくことは難しくなります。


【中略】


 私もそうですが、いったん手に入れた資金を減らすのは苦痛です。人は一旦手に入れたものを手放すことを嫌います。また失ってしまったものを嘆き悲しむことも良くあります。

 投資でも株価が下がって金融資産が減ってしまったことを嘆きながら、文句を言いながら、つまらない人生を生きている人々が多いです。

 しかし失ったもののリスト(=不幸のリスト)を作って、更に失ってしまった原因を他人のせいにして他人を恨みながら生きている人の未来は、とても暗いです。そのことによって愛する家族を失ってしまう愚かな人もいるようです。呪いは自分に降りかかってくる。「人を呪えば、穴二つ。」その穴に自分も落ちることを経験則として昔の人は教えてくれています。

 たとえ一部を失ったとしても、まだ持っているものもたくさんあると思います。失ったことを悲しんで、まだ持っているものさえも、更に失うのは愚かです。まだ持っているものを、いかに有効に使って将来に生かすか。

 そう考え行動することによって、未来は開かれていくのだと信じています。

 砂漠で遭難して水筒の水が半分になったとき、もう半分しかないと恐れて行動できなくなる人の生存率は低くて、まだ半分もあると勇気と希望を持って生き抜く努力をする人の生存率は高い。当たり前のことですが、投資家にとっても忘れてはいけない大切なことだと思います。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
 日本タングステン(6998)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
 コラムでは下落したトップシェア企業への投資戦略やその候補銘柄などを掲載しています。
 以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20181030


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2020/10/06

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/10/06号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:石川臨太郎)


  ◆コラム「有料メルマガライブラリから(353)」
  ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第28回」


===================================


■億の近道セミナー 10月に開催!
「テクニカルとファンダメンダルズで始める株式投資の基礎&銘柄発掘法」


=投資初心者はもちろん今から基礎を学びたい人も歓迎!=

★初心者にもわかりやすく、中級者以上にも十分に手ごたえのある内容です★
 今回もリアル参加とオンライン配信があります!

[億の近道セミナーに初登場!]

 「テクノファンダの会」で人気のアポロ氏&株勝千人氏が登壇します。

 「個人投資家に必要なのは、基礎的な株式投資への理解である。」
 これは、アポロ氏、株勝千人氏とお話したときに共感した思いです。

 Twitterなどの情報でよくわからないまま売買を繰り返し、資産を大きく減
らしたり、市場から退場を余儀なくされたりする例は多く聞きます。
 自分の資産を守り、将来に向けて運用していくためには、基本的な知識は欠
かせません。
 今回は、普段から投資家の基礎能力向上のために活動しているお二人に、そ
れぞれの専門であるテクニカル分析とファンダメンダルズ分析の基礎をお話し
いただき、更に銘柄発掘法にも触れていきます。ぜひご期待下さい!

 更に第2部では、為替のプロであり、株式投資にも明るいYEN蔵氏を加え、
株式投資初心者〜中級者のためのファンダメンダルズ・テクニカル分析活用に
ついて座談会形式で語っていただきます。
 また質疑応答も行います。


■セミナー第1部「テクニカル分析の基礎+ファンダメンダルズの基礎と銘柄
 発掘」

■セミナー第2部[アポロ氏×株勝千人氏×YEN蔵氏 座談会&質疑応答]

※内容は変更することがあります


詳細はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=9463


主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================



■ お知らせ ■


■第80号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、関西圏で高シェアを持つサービスを推進して成長する企業を分析。
 社会的意義も大きいビジネスを手掛け、今後の関東圏進出や参入障壁の低い
領域を詳細分析し、理論株価算定しています。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 本日、プロパティーデーターバンクのレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック、フルキャスト、図研、ベネフィット・ワン、
 QBハウス、メディアドゥ、HOYA、メドピア、プロレドパートナーズ
 ナカニシ、ダイセキ、プロパティーデーターバンク

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(353)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「企業のファンダメンタルズをチェックしてリバウンドを取りに行く
     準備をするとき」
 (有料メルマガ第505回・2018/10/30配信号)

※2018年10月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 10月に入って投資環境が一気に悪化して、9月からリバウンドを開始した
と思われた日本株は、一気に投げ売りされて強烈な下落状況となりました。
 米国株がリバウンドしても、翌日の日本株は続落するような状況であり、連
続で過去の最強利益を更新して、今期も間違いなく過去最高益を更新すること
が期待される企業の株価でも20%以上も下落する状態です。

 株式市場はこのように、時には凶暴な本性を表して投資家に牙をむき、資産
を一気に失わせるような一面も持っていることを忘れないようにしたいと思い
ます。

 10月26日も株価の動きを注意してみていましたが、一時的にリバウンド
した暴落株の株価も、前場のうちは上げても、逃げたい投資家の売りに押され
て、すぐに前日比でマイナスに落ち込むものが多かったように感じられます。

 これが本来の株式市場であると肝に銘じて、うかつに、これだけ下げたらも
う底に届いただろうと、うっかり買いに入ることは慎もうと、自分自身に言い
聞かせながら持ち株の下落を見ているような状況が続きます。


 私の持ち株のほとんどは、他の企業よりも業績も良い(⇔PERが1ケタ台
で低いことを意味しています)こと、そしてこれから本格的にスタートする3
月、6月、9月、12月本決算企業の4半期決算などの発表において、業績上
方修正の確率が高いと信じて買った株なので、利喰いしたり損切りしたりして
逃げるつもりはありません。

 研究レポートの最初に書いたように、信用買いをしている投資家が追証に追
われて投げ売りしたり、破綻して担保になっている株が市場で強制的に処分
(=売り飛ばされる)のは、これから本番になると思います。

 そうなれば、どんなに業績が良い企業の株も売られることになります。


 自分の経済的な裏付けや、資金状況を把握して、無理をしないで、余裕のあ
る状況で株式投資を実行していく必要があります。

 自分がしっかりファンダメンタルズを確認して投資した企業の業績が良くな
っているのに株価が急落した時は安く投資するチャンスですが、無理をして買
うと、更なる下げで投げ売りさせられる可能性が高くなります。


【中略】


 いつも株価の急落が起きた時のコラムに書いてきたことですが、投資家は自
分がどのような投資スタイルで投資しているかを把握して、自分の決めた投資
の時間軸で、自分のルールに従って投資を進めていくことが、とても大切です。

 しかし自分の健康状態、家族の状況(子供が生まれるとか、大学院に進学す
るとか、親の介護とか)、収入の状態などは、常に変っていきます。その時々
にあった投資ルールを、新たに構築する能力も、自分で投資を実践していくこ
とによって、始めて養われてくるものです。

 株価の急落が起きて投資環境がリスクオフに切り替わるたびに、自分の生活
環境とか、経済環境の自己点検を行う必要があります。

 そうでなければ、牙をむきだして襲いかかってくる株式市場で生き残ってい
くことは難しくなります。


【中略】


 私もそうですが、いったん手に入れた資金を減らすのは苦痛です。人は一旦
手に入れたものを手放すことを嫌います。また失ってしまったものを嘆き悲し
むことも良くあります。

 投資でも株価が下がって金融資産が減ってしまったことを嘆きながら、文句
を言いながら、つまらない人生を生きている人々が多いです。

 しかし失ったもののリスト(=不幸のリスト)を作って、更に失ってしまっ
た原因を他人のせいにして他人を恨みながら生きている人の未来は、とても暗
いです。そのことによって愛する家族を失ってしまう愚かな人もいるようです。
呪いは自分に降りかかってくる。「人を呪えば、穴二つ。」その穴に自分も落
ちることを経験則として昔の人は教えてくれています。

 たとえ一部を失ったとしても、まだ持っているものもたくさんあると思いま
す。失ったことを悲しんで、まだ持っているものさえも、更に失うのは愚かで
す。まだ持っているものを、いかに有効に使って将来に生かすか。

 そう考え行動することによって、未来は開かれていくのだと信じています。

 砂漠で遭難して水筒の水が半分になったとき、もう半分しかないと恐れて行
動できなくなる人の生存率は低くて、まだ半分もあると勇気と希望を持って生
き抜く努力をする人の生存率は高い。当たり前のことですが、投資家にとって
も忘れてはいけない大切なことだと思います。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
 日本タングステン(6998)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
 コラムでは下落したトップシェア企業への投資戦略やその候補銘柄などを掲
 載しています。
 以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20181030


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】人生最後の著書好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第28回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(28)」


 引越しの整理のために10年位前のマネー雑誌の記事の切りぬきやメモを整
理したノートが出てきました。
 その当時は、有名な株式評論家、プロのファンドマネージャーやアナリスト
の推奨銘柄に頼って、投資してたということが良くわかります。そのためにど
れほど損したかも、また認識できました(苦笑)。

 まだ、さわかみファンドを立ち上げる前の、澤上投資顧問時代の澤上社長の
推奨銘柄なんて記録もありました。
 さわかみファンドの基準価格は20000円近くに成長し、同じころスター
トしたノムラ日本株戦略ファンドの基準価格とは倍以上の開きをつけています。
その澤上社長がその当時に目を付けていた株が日立造船、三洋電機、ナビック
スラインなどなどとは、驚きいがいの何者でもありませんでした。
 日立造船も、三洋電機も株価は10年たってもボロボロで、ナビックスライ
ンなんて屈辱的な合併比率で商船三井に組み込まれました。商船三井の株価が
上がっているのが救いですかね。

 銘柄選択なんてことに、血道をあげるのがいかに空しいか。いかに分散投資
と経済サイクルを見据えた森を見る投資が有効かということが強く印象付けら
れました。やはりプロでも難しい銘柄選択。それより、これはと思える業種に
投網をなげるように分散投資しておくのが有効かってことですよね。

 2007年9月末にも、業種的には絶好調であるはずの、造船セクターのI
HIが、驚愕の減益、赤字化を発表しました。もし集中投資していたら真っ青
になるほどの大赤字。やっぱり好調業種でも一社集中は危険だということです
ね。自分の財閥系総合商社3社への分散の意味などを再認識できた事件でした。

 そんな意味ではBRICs市場のETF投資が、いかに優れた作戦であるか
の、再認識できた感じです。その割にはこの記事を書いている現在は、BRI
Cs投資、まったくできてないけどね(苦笑)

 やはり株式投資で儲けることは、信じられないほど安く叩き売られた時に、
真っ当な企業を分散して拾っておく作戦が、有効なのだと感じます。ただし株
価が上昇基調に回復するには、長い時間がかかる場合もあります。長く持ち続
けるというモチベーションを保つための、手段が必要になってきます。

 投資家によって、ファンダメンタルズ分析だったり、テクニカル分析だった
り千差万別。私は食べ物優待が、一番モチベーション維持に役に立ってくれる
ので、日本の新興市場の株は、食べ物優待がついているものをまず、最優先選
択条件としています。

 買ったとたんに買い値の35%割り増しMBOがかかったサンクスジャパン
とか、まだまだ美味しい思いができそうな優待新興市場株。ただし欲張らず一
単位くらいがお手ごろのような気がしています。


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年10月16日掲載。


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第313号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第313号
が好評配信中です。

【Libworkやクロスフォーをはじめ中小銘柄中心にレポート!】


【10/05 第313号では】

 ■相場の視点〜リスクオフに向かうかむしろ一層のリスクテイクの動きと
  なるか〜
 ■個別銘柄のサプライズ(2銘柄)
 ■決算説明会報告:クロスフォー(7810)時価307円
 ■炎の注目マザーズ銘柄(2銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


■【10/17土曜日開催!
 アイルさんの個人投資家勉強会[トビラシステムズ&Lib Work]■


 億の近道も応援する、個人投資家アイルさん主催の東京勉強会が10月17日
に開催です。

 今回はトビラシステムズ(4441)とLib Work(1431)の
 2社が登壇。
 トビラシステムズは初登場、先日ストップ高のLib Workは2回め。

 たっぷりの質疑応答時間は勉強会の特徴です。
 上場企業トップが登壇して質疑応答できるのはなかなかレアなイベントです。
 ご自身が質問しなくても参加者の質問を聞いているだけで参考になります。
 ぜひご参加下さい。
 参加費は1,000円と低廉です。懇親会もあります。

 東京会場参加(人数限定)またはオンライン参加を募集しています。

■日時:10月17日(土)11:00〜16:45

■場所:東京都

■内容

 トビラシステムズ(4441) 会社説明会
 Lib Work(1431) 会社説明会


■詳細、お申込みはこちら ⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S16555551/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資




calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM