大魔神のアンテナ マザーズ市場は2018年の高値に挑戦しているようだ!




 マザーズ市場について、何度か指摘していたが、今回の上昇第三波は大きくなる気配を示しているようだ。

 本日(木曜日)1327ポイント(高値)を示現、2018年1月1367.86ポイントを視野に入れた動きになっている。


 3月「新型コロナウイルス」感染病による大きな下落相場から、マザーズ市場は1部市場よりいち早く立ち直りを示した。その際には「アンジェス・4563」が市場のリード役となりマザーズ市場を押し上げ、5月初旬までの上昇第一波を作った。
 そして、5月中旬から6月後半までは「メドレー」を始めIPO銘柄によって指数を押し上げる動きを示し、第二波を演出し、マザーズ市場もかなり活況な相場を示現した。

 その為7月後半までの一か月間は調整。

 そして、8月初めから再度上昇相場がスタートした。
 その際、2日連続ストップ高を演じたバイオ株の「ジーエヌアイ・2160」がリード役を務めた。そして、IPO銘柄も活躍、指数を押し上げる動きになった。
 今度は個人投資家ではなく、機関投資家・外国人投資家なども介在して、1万円台・2万円台・3万円台と大きく銘柄も育っている。資金力がある投資家の参戦により売買代金が膨らんできた(外国人投資家は3週連続の買い越し)。

 次に再度、メドレーを始め、同時期に上場した銘柄で「BASE・4477」「HENNGE・4475」が上昇し、マザーズ市場の活況さが目立ち始めた。

 10月からは「CYCBER・7779」「農業総合・3541」など三桁株も動意づいている、その他でも、出遅れていた銘柄として「JIGSAW・3914」や「GMOグループ企業」も物色対象にしている。

 また、面白い現象として、指数の上昇は目立つが、市場内での動きは、値上がり銘柄数150前後。値下がり銘柄も150前後と均衡を保った展開で推移しており、過熱感を押さえて、尚且つ物色意欲を高める相場を作っている。


 菅政権誕生で、デジタル化、IT化を促進。「通信インフラ」を整備し、5Gを推し進めることになるだろう。その際、この通信インフラに関わる企業はマザーズ市場に多く存在する。まさに、マザーズ市場が国策に適したところと見ています。
 「通信情報関連」、電子取引促進での「EC関連」、「セキュリティー関連」など今後も注目できる業種と考えております。


 今回のマザーズ市場を波動論的に見た場合には、527ポイントから1067ポイント。そして、952ポイントから、先の上昇幅を加算すると1492ポイントになり、2018年1月の高値もあっさり奪回できることになりますが?

 ちょっと欲張り計算法です。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




市場潮流

cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



 今週(10月5〜9日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で589円79銭上昇し(率にして2.6%の上昇)、2万3619円69銭で取引を終えました。4週ぶりの上昇です。

 前週末は、米国のトランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことで、政治的な不透明感が濃くなりましたが、入院したトランプ大統領が5日(月)に早くも退院したことで米国の政権運営の持続性に対する安心感が広がりました。また、追加のコロナ対策も、与野党間の協議が難航。トランプ大統領の発言も二転三転しましたが、空運会社や中小企業向けの支援策を検討するとの同大統領のツイートを受け、これも株高の支援材料となりました。


 米国の各種の世論調査では依然として民主党のバイデン候補のリードが続いています。ただ、勝敗のカギを握る激戦州での支持率の差は小さく、トランプ大統領がこれらの州を制する可能性は残されています。同大統領の新型コロナ感染により、「支持者の結束が強まった」との見方もあり、予断を許さぬ展開が続くとみられます。


 また、国内主要企業の業績に関するアナリスト予想は改善傾向にあります。
 今月末より、20年度上期の決算発表が本格化しますが、悪いながらに上方修正が相次ぐ可能性があります。
 10月は例年、株式相場が不安定になる傾向があり、特に大統領選の年は下落した例が多くなりますが、主要中央銀行の金融緩和、世界景気および企業業績の回復傾向を支えに、徐々に上値を追う展開になるものと予想します。

 特に、好業績が見込まれる中小型株の騰勢は続くのではないでしょうか。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/10/09


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/10/09号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:水島寒月&大魔神)


   ◆コラム「市場潮流」:水島寒月
   ◆コラム「大魔神のアンテナ マザーズ市場は2018年の高値に
        挑戦しているようだ!」:大魔神


===================================


■億の近道セミナー 10月18日に開催!
「テクニカルとファンダメンダルズで始める株式投資の基礎&銘柄発掘法」


=投資初心者はもちろん今から基礎を学びたい人も歓迎!=

★初心者にもわかりやすく、中級者以上にも十分に手ごたえのある内容です★
 今回もリアル参加とオンライン配信があります!

[億の近道セミナーに初登場!]

 「テクノファンダの会」で人気のアポロ氏&株勝千人氏が登壇します。

 株勝千人氏のコラム ⇒ http://okuchika.net/?eid=9491


 「個人投資家に必要なのは、基礎的な株式投資への理解である。」
 これは、アポロ氏、株勝千人氏とお話したときに共感した思いです。

 Twitterなどの情報でよくわからないまま売買を繰り返し、資産を大きく減
らしたり、市場から退場を余儀なくされたりする例は多く聞きます。
 自分の資産を守り、将来に向けて運用していくためには、基本的な知識は欠
かせません。

 今回は、普段から投資家の基礎能力向上のために活動しているお二人に、そ
れぞれの専門であるテクニカル分析とファンダメンダルズ分析の基礎をお話し
いただき、更に銘柄発掘法にも触れていきます。ぜひご期待下さい!

 更に第2部では、為替のプロであり、株式投資にも明るいYEN蔵氏を加え、
株式投資初心者〜中級者のためのファンダメンダルズ・テクニカル分析活用に
ついて座談会形式で語っていただきます。
 また質疑応答も行います。


■セミナー第1部「テクニカル分析の基礎+ファンダメンダルズの基礎と銘柄
 発掘」

■セミナー第2部[アポロ氏×株勝千人氏×YEN蔵氏 座談会&質疑応答]

※内容は変更することがあります


詳細はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=9463


主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(10月5〜9日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で589円
79銭上昇し(率にして2.6%の上昇)、2万3619円69銭で取引を終
えました。4週ぶりの上昇です。

 前週末は、米国のトランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことで、
政治的な不透明感が濃くなりましたが、入院したトランプ大統領が5日(月)
に早くも退院したことで米国の政権運営の持続性に対する安心感が広がりまし
た。また、追加のコロナ対策も、与野党間の協議が難航。トランプ大統領の発
言も二転三転しましたが、空運会社や中小企業向けの支援策を検討するとの同
大統領のツイートを受け、これも株高の支援材料となりました。


 米国の各種の世論調査では依然として民主党のバイデン候補のリードが続い
ています。ただ、勝敗のカギを握る激戦州での支持率の差は小さく、トランプ
大統領がこれらの州を制する可能性は残されています。同大統領の新型コロナ
感染により、「支持者の結束が強まった」との見方もあり、予断を許さぬ展開
が続くとみられます。


 また、国内主要企業の業績に関するアナリスト予想は改善傾向にあります。
 今月末より、20年度上期の決算発表が本格化しますが、悪いながらに上方
修正が相次ぐ可能性があります。
 10月は例年、株式相場が不安定になる傾向があり、特に大統領選の年は下
落した例が多くなりますが、主要中央銀行の金融緩和、世界景気および企業業
績の回復傾向を支えに、徐々に上値を追う展開になるものと予想します。

 特に、好業績が見込まれる中小型株の騰勢は続くのではないでしょうか。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■【10/17土曜日開催!
 アイルさんの個人投資家勉強会[トビラシステムズ&Lib Work]■


 億の近道も応援する、個人投資家アイルさん主催の東京勉強会が10月17日
に開催です。

 今回はトビラシステムズ(4441)とLib Work(1431)の
 2社が登壇。
 トビラシステムズは初登場、先日ストップ高のLib Workは2回め。

 たっぷりの質疑応答時間は勉強会の特徴です。
 上場企業トップが登壇して質疑応答できるのはなかなかレアなイベントです。
 ご自身が質問しなくても参加者の質問を聞いているだけで参考になります。
 ぜひご参加下さい。
 参加費は1,000円と低廉です。懇親会もあります。

 東京会場参加(人数限定)またはオンライン参加を募集しています。

■日時:10月17日(土)11:00〜16:45

■場所:東京都

■内容

 トビラシステムズ(4441) 会社説明会
 Lib Work(1431) 会社説明会


■詳細、お申込みはこちら ⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S16555551/


===================================


◆コラム「大魔神のアンテナ マザーズ市場は2018年の高値に挑戦してい
     るようだ!」


 マザーズ市場について、何度か指摘していたが、今回の上昇第三波は大きく
なる気配を示しているようだ。

 本日(木曜日)1327ポイント(高値)を示現、2018年1月1367.
86ポイントを視野に入れた動きになっている。


 3月「新型コロナウイルス」感染病による大きな下落相場から、マザーズ市
場は1部市場よりいち早く立ち直りを示した。その際には「アンジェス・45
63」が市場のリード役となりマザーズ市場を押し上げ、5月初旬までの上昇
第一波を作った。
 そして、5月中旬から6月後半までは「メドレー」を始めIPO銘柄によっ
て指数を押し上げる動きを示し、第二波を演出し、マザーズ市場もかなり活況
な相場を示現した。

 その為7月後半までの一か月間は調整。

 そして、8月初めから再度上昇相場がスタートした。
 その際、2日連続ストップ高を演じたバイオ株の「ジーエヌアイ・2160」
がリード役を務めた。そして、IPO銘柄も活躍、指数を押し上げる動きにな
った。
 今度は個人投資家ではなく、機関投資家・外国人投資家なども介在して、1
万円台・2万円台・3万円台と大きく銘柄も育っている。資金力がある投資家
の参戦により売買代金が膨らんできた(外国人投資家は3週連続の買い越し)。

 次に再度、メドレーを始め、同時期に上場した銘柄で「BASE・4477」
「HENNGE・4475」が上昇し、マザーズ市場の活況さが目立ち始めた。

 10月からは「CYCBER・7779」「農業総合・3541」など三桁
株も動意づいている、その他でも、出遅れていた銘柄として「JIGSAW・
3914」や「GMOグループ企業」も物色対象にしている。

 また、面白い現象として、指数の上昇は目立つが、市場内での動きは、値上
がり銘柄数150前後。値下がり銘柄も150前後と均衡を保った展開で推移
しており、過熱感を押さえて、尚且つ物色意欲を高める相場を作っている。


 菅政権誕生で、デジタル化、IT化を促進。「通信インフラ」を整備し、5
Gを推し進めることになるだろう。その際、この通信インフラに関わる企業は
マザーズ市場に多く存在する。まさに、マザーズ市場が国策に適したところと
見ています。
 「通信情報関連」、電子取引促進での「EC関連」、「セキュリティー関連」
など今後も注目できる業種と考えております。


 今回のマザーズ市場を波動論的に見た場合には、527ポイントから106
7ポイント。そして、952ポイントから、先の上昇幅を加算すると1492
ポイントになり、2018年1月の高値もあっさり奪回できることになります
が?

 ちょっと欲張り計算法です。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


===================================


■ お知らせ ■


■第80号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


 今週は、関西圏で高シェアを持つサービスを推進して成長する企業を分析。
 社会的意義も大きいビジネスを手掛け、今後の関東圏進出や参入障壁の高い
領域を詳細分析し、理論株価算定しています。

 ぜひご購読を。

定期購読は10,000円+税/1か月です。
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。


■以下の過去3レポートは無料で全部読めます。
 ぜひお試し下さい。

アニコム(8715) https://bit.ly/3e4N2ft
ピーバンドットコム(3559) https://bit.ly/2Xoa6Qq
手間いらず(2477) https://bit.ly/2Vew9GC ★
 ★配信バージョンへ図表を加えたスペシャルエディションです。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


■現在、以下の銘柄のレポートが読めます。
 本日、プロパティーデーターバンクのレポートを追加!!

 前田工繊、ファンデリー、レック、KeePer技研、eBASE、
 コンヴァノ、マーキュリアルインベストメント、プラネット、プロトコーポ
 レーション、ビジョナリーホールディングス、トリケミカル研究所、
 萩原工業、ヤマシンフィルタ、マニー、東京日産コンピューターシステム、
 チャーム・ケア・コーポレーション、ウェルビー、システムリサーチ、
 ロジザード、日本ホスピス、ギフト、ビオフェルミン製薬、太陽化学、
 スプリックス、丸井グループ、イーサポートリンク、IBJ、UUUM、
 第一稀元素化学工業、日精ASB、メディキット、リスクモンスター、
 じげん、シーアールイー、プロシップ、OATアグリオ、島津製作所、
 識学、日本セラミック、グリムス、エアトリ、小田原エンジニアリング、
 アンビスホールディングス、MKシステム、CYBERDYNE、
 カチタス、レーザーテック、フルキャスト、図研、ベネフィット・ワン、
 QBハウス、メディアドゥ、HOYA、メドピア、プロレドパートナーズ
 ナカニシ、ダイセキ、プロパティーデーターバンク

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM