<< 億の近道2011/01/12 | main | 億の近道2011/01/13 >>

日本の年金資産運用について

 皆様、明けましておめでとうございます。
 本年も気になる金融ネタを綴っていきますのでよろしくお願いいたします。

 さて、新年最初の話題として取り上げるのは、年末にOECDより発表された日本の年金資産運用についての話題。

 ご存知の方も多いとは思いますが、日本の公的年金(国民年金、厚生年金)の積立金は年金積立金管理運用独立行政法人(以下GPIF)によって運用されています。

 そのGPIFについて、昨年末に経済協力開発機構(OECD)よりレポートが発表されました。

 レポートの中身は、GPIFの運営ガバナンスや資産運用方針が、OECDの年金基金のガイドライン、つまり先進国の年金基金のガバナンス基準を満たしていない。との指摘でした。

 指摘されている内容について少し詳しく見ていきます。
 (内容については筆者が簡略化しています)

1.厚生労働省がGPIFにかかわる範囲が明確でない
  (強い影響力があるようだが、明示的でない)

2.CEOやCIOや監督責任者が存在しない。強いて言えば理事長にこれらすべての権限が集中している

3.その理事長の任命プロセスが不明瞭である

4.運用委員会が存在するが、その役割と責任も不明確
  また、常勤の運用責任者が不在である

5.監査委員会が存在しないので、内部管理や監査状況が不明確である
  リスク管理がどのようになされているのかもわからない

6.行動規範、利益相反規則、運用方針の文書公開が義務付けられていない

7.長期収益目標を賃金上昇にリンクさせている(意味がない)

8.日本国債に運用が偏りすぎ

9.外国証券への投資割合のシーリング(限界)設定が合理的ではない

などが主な指摘点です。

 私も一読したときに、よくもまあこれだけ指摘事項があるものだと思いましたがGPIFは我々国民の大事な年金資産を運用する機関です。先進国の標準的なガバナンスに劣っているのだとすれば、それはゆゆしき問題です。

 1〜6番目の指摘事項は、年金運用の内部統制にあたる部分ですので、これは政治家によく勉強してもらい、すぐにも法律を改正して国会や政府のガバナンスが効くようにしてもらいたいものです。

 一方で、8〜9番目の指摘事項は痛いところです。
 正直、資産運用のセオリーからいえば、指摘されている事項が全くの正論だと思うのですが、日本の国家財政(あるいは国債の大量発行)をGPIFが買い支えていることは明白な事実です。

 いわゆるGPIFがグローバルスタンダードな資産運用を始めてしまえば、日本の国債市場が大幅に下落することは想像に難くありません。

 その点は、OECDもよく理解しているようで、日本国債へのエクスポージャーを減らす際には、慎重さが求められると触れられています。

 ただ、この点を解釈すれば、日本の国債はこうした国内年金基金が買い支えなければ暴落するということを、OECDも認識しているということの裏返しです。

 国債を買えば、年金資金が成長しない
 国債を買わなければ、保有している国債が暴落する

というジレンマに置かれている状況です。

 GPIFの資産は、我々国民一人一人の年金資産です。ぜひ関心を持って今後の動向に注目していきたいところです。

(小屋)

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthiaクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!
JUGEMテーマ:ビジネス


JUGEMテーマ:株・投資



この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM