<< 書評:大国の興亡<上巻> | main | 資産形成ダイナミックメカニズム その4 >>

億の近道2018/10/10


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/10/10号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)


  ◆コラム「資産形成ダイナミックメカニズム その4」:小屋洋一


===================================


■残席わずか!山本潤氏の「中間決算分析セミナー」開催!!


 「億の近道」発行元NPO法人イノベーターズ・フォーラム理事で、
リンクスリサーチアナリストの山本潤氏が、中間決算を読み解く分析セミナー
を行います。

 有価証券報告書の財務分析セミナーに続く、演習を含んだセミナーです。


【開催概要】

日時:11月25日(日) 10時〜16時30分

「数式なしでバリュエーションを計算するための10のステップ」
(5〜7年後の予想配当利回りで銘柄を選別する)」
・中間決算のとりまとめ(季節性のチェック)
・業績での安心感のある銘柄を中心に分析
・午前に学習した「数式なしでのバリュエーション」による株価評価
・上値余地が高いものをテーブルごとに発表

 詳細・お申し込みはこちら

 http://okuchika.net/?eid=7990


主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム 株式会社リンクスリサーチ


===================================


◆コラム「資産形成ダイナミックメカニズム その4」


 前回に続き、資産形成ダイナミックメカニズムの解説です。

 第1回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7926
 第2回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7956
 第3回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7978


 前回に続き、資産形成ダイナミックメカニズムの解説です。

 前回は、収入を拡大するために必要な時間当たりの生産性を向上させる方法
などをご紹介しました。

 ようやく今回が、弊社でもコンサルティングの中心に置いている資産運用に
ついてです。

 日本の個人の多くの人は、こうした保有資産の運用利回りに無頓着ですから
ここを改善する余地は十分にあるはずです。


2)投資資金の運用利回りの向上

   1.借り入れの圧縮


 まずは、借入の圧縮です。
 借入金のポイントは、なんといってもその金利にあります。

 調達している資金に金利を払うのであれば、その資金の利用方法は調達金利
を上回る利用方法をしなければなりません。


 おそらく多くの個人の方は、住宅ローンという借入を行うケースが多いと思
いますので、住宅ローンで調達した借入金の金利と、それによって購入した
不動産の実質的な利回り(経費控除後の帰属家賃/物件価格)を比較して借入
金金利の方が高い場合には、注意が必要です。

 現段階では、住宅ローン金利も低いので、あまり大きな問題にはなっていな
いと思いますが、住宅ローンを変動金利で借りている場合には、金利上昇局面
でキャッシュフローが厳しくならないかどうかもチェックする必要があります。


   2.預金


 現在の日本では、預金に対して、ほぼ金利がゼロです。
 この場合、不必要なお金を現預金で保有していることが、資産の運用効率を
落とすことになります。


 私が顧客にアドバイスする際には、

 現預金は年間支出総額の半分〜1年分程度にしておくことを推奨しています。

 それ以上を現預金で保有していてもそれほど当座使う機会もありませんので
無駄な預金を保有しているという事になります。


   3.有価証券

     a.流動性のある運用資産
     b.非流動性
     c.自社株


 有価証券で保有すべきは、基本的には株式、債券になります。

 特に上場している株式や国債など流動性のある資産に投資するのが基本にな
ります。

 流動性を犠牲にすることで、運用利回りを上げるような金融商品もあります
が、これは一定以上の(例えば1億円)金融資産を保有し、手元の流動性を
ほとんど気にしなくて良い投資家が購入するべきものです。

 こうした商品には一般の人は、購入する必要性がないと考えます。


 中小企業のオーナーの場合には、自社株というのも保有している有価証券の
価値としては少なくないものです。

 ご自身の会社がM&Aで売却できるレベルの会社である場合には、しっかり
と会社の時価評価をしておくことが、資産管理の観点からは望ましいと考えま
す。

 ご自身の会社がM&Aで売却できるという状態にない会社の場合には、まず
はしっかりと外部から金額換算で売却できるような組織、体制、ビジネスモデ
ルを構築することが個人の資産形成の観点からも重要になります。


   4.投資目的の不動産


 最後に投資目的の不動産です。

 投資不動産のポイントは、不動産の収益は

 (1)インカムゲイン+(2)キャピタルゲイン(ロス)=トータルリターン

となります。

 個人の投資家の方は、

(1)インカムゲイン
を中心に分析するが

(2)キャピタルゲイン(ロス)
を軽視する、あるいはあまり考えていない人が多いような印象を受けます。


 不動産で一番大事なのは「出口戦略」です。

 購入予定の物件を最後に

いつ
だれに
どのような価格で

売るかという事を慎重に検討したうえで、投資してほしいものです。



 次回は、このシリーズの最終回です。
 支出について解説していきます。


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(10月はあと先着3名様のみ受付可能です)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第211号配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第211号
が好評配信中です。


【相場環境チェックと気になる銘柄の情報掲載!!】


【10/9 第211号では】

■相場の視点
■米国株動向
■日経平均組入れの主力銘柄動向
■年初来高値銘柄と安値銘柄数(8銘柄)
■IPO銘柄(9月26日〜10月3日)(6銘柄)
■個別銘柄ショートコメント(7銘柄)
■炎の企業アプローチ銘柄一覧(その2)(5銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【世界トップのメーカー!ここ10年赤字無し。円安による恩恵と、株価リバ
 ウンドが期待出来る、低PERの高配当性向企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、国内はもとより世界のトップシェアで、研究
開発で新しい領域でも世界を牽引しており、高利益で、円安による恩恵を受け
られ、配当性向約40%で、今後の株価のリバウンドが期待出来るグローバル
企業を研究しています。

 また、コラムでは、「今日のコラムでは、自分の最近のポートフォリオの銘
柄シフトに関して、最初から書いてみようと思います。業績上方修正の可能性
の高い流動性の高い企業に資金を多めにシフトしていく作戦で動いています。」
と題し、ここ最近に実践した銘柄選択と売買行動を含む投資戦略を、具体例を
挙げながら解説しています。

 さらに、リバウンドが期待出来る銘柄や、上方修正をした銘柄、増益予想を
発表した銘柄の中から、今後の研究銘柄候補として期待出来る企業を8社ほど
取り上げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:不動産投資





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM