<< 億の近道2019/10/09 | main | 億の近道2019/10/10 >>

10年間米国事務所訪問をして新しく学んだこと

1137472651-89174.jpg


 前回のメルマガでご報告した通り、先週は一週間米国のシカゴでNAPFAというファイナンシャルアドバイザー団体のカンファレンスに参加してきまし
た。

 カンファレンスに参加する前日には、シカゴ郊外のTimothy Financial Counsel Inc. https://timothyfinancial.com/ にオフィス訪問をさせていただき、現場でのお話を聞くことができましたので、今回は、その内容を報告したいと思います。


 小屋も10年間米国FPのカンファレンスや事務所訪問を続けていますが、今回のTimothy Financial Counsel Inc.のビジネスモデルというものは、10年間でも初めて出会うものでした。

 米国のファイナンシャルアドバイザーは、主に顧客の資産管理に携わり、そこからアセットマネジメント報酬(Fee)をいただくという内容が主流になっています。

 これは、金融商品の売買で売買手数料をもらうビジネスモデルは、顧客との利益相反が起こりやすいので、最近急速に流行ってきているビジネススタイルです。


 しかし、今回のTimothy Financial Counsel Inc.では、この利益相反関係にあるという考えをより一歩進めて、顧客からの報酬は、完全な時間報酬で決定するというスタイルでした。

 つまり、顧客の相談や解決に使う時間にたいして、時間給3万円でサービスを提供するというビジネスモデルでした。


 顧客の相談内容の複雑性に合わせて、

レベル1(10時間程度) 30万円 主に一人暮らしの人や未亡人など
レベル2(15時間程度) 45万円 二人暮らしでシンプルな家庭
レベル3(20時間程度) 60万円 子供がいる家庭、年金受給をしている夫婦など
レベル4(30時間程度) 90万円 主にスモールビジネスのオーナーなど
レベル5(それ以上)  100万円以上 それ以上の規模や複雑性があるビジネスオーナー、資産家など

という内容であったりします。

【参考】
 https://timothyfinancial.com/our-fees/


 この会社の話を聞いて下記の2つのことを考えました。


1.資産管理型のビジネスモデルが、米国では本当に定着してきていること

 Timothy Financial Counsel Inc.では、資産管理型のビジネスモデルでは、顧客の支払う報酬と、アドバイザーが提供するサービスが必ずしも一致していないというところに疑問を感じた代表者が設立したという話を聞きました。
 その意味では、米国では本当に資産管理型のFeeビジネスモデルがしっかりと定着をしていて、そのモデルに対する疑問や反発が出てきたのだろうと感じました。


2.専門家としての報酬レベル

 Timothy Financial Counsel Inc.のサービス提供は、上記にも書いたように1時間当たり3万円というレベルが報酬レベルです。
 そしてこれらは、米国の弁護士業務とほとんど変わらない水準です。
 彼ら自身も、弁護士のビジネスモデルを参考にしながら構築したと言っていました。
 日本のFPで、作業の時間単価を3万円に設定している人はそれほど多くない印象です。
 ファイナンスやコンサルティングのプロとしての報酬の在り方について、考えさせられることが多くありました。


 今回の事務所訪問では、これまでには見たことのないようなビジネスモデルに挑戦している新しいタイプのアドバイス事務所を見学することができました。

 そして、その事務所訪問をアレンジしてくれたNAPFAの事務局には大変感謝しております。


 弊社でも、米国ですでに定着している感がある、金融商品販売ビジネスモデルから顧客の資産管理型ビジネスモデルへの転換をしっかりと日本の顧客に提供して、それを定着させるのが使命であることを再確認しました。


 次回もシカゴでみてきた内容を報告します。


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(10月はあと先着1名様のみ受付可能です)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html

■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/

banner02s.jpg


JUGEMテーマ:資産運用



JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM