<< 山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」【11/5第33号レポート配信! 社会的意義が強く効率経営を推進する高成長企業を分析!】 | main | グロース銘柄発掘隊モデルポートフォリオ運用成績について >>

億の近道2019/11/05


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/11/05

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:石川臨太郎&相川伸夫)


 ◆コラム「有料メルマガライブラリから(313)」:石川臨太郎
 ◆コラム「相川伸夫のピックアップ記事 カンロ(2216)」:相川伸夫


===================================


■ お知らせ ■


★投資家のためのPython教室、第5期参加者を最終募集中です!!★


 カリフォルニア帰りのエンジニアが教える、投資家のためのPython教室!
 話題の言語Pythonを習得し、投資のためのデータ分析に活用しましょう。

※Python〔パイソン〕とは、Googleが主要言語に採用しているなど、
 シンプルで扱いやすいプログラミング言語です。


 極少人数の教室ですので、時間外に個別質問し放題。
 講座期間中は分かるまでお付き合いします。

 頑張ってプログラミングを自分のものにして、
 勝てる投資の武器を手に入れましょう!


 締切間近!!

詳しくはこちら ⇒ https://double-growth.com/post-7060/

講座内容詳細はこちら ⇒ https://double-growth.com/python-6611/


■主催:リンクスリサーチ


===================================


■ お知らせ ■


■第33号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第33号レポート本日配信!!】


 今週掲載の銘柄は、非常に高い社会的意義と高成長で邁進する企業をレポー
トしています。
 経営効率を重視した運営で、同業他社よりも高収益構造となっており、人手
不足も追い風と考えられます。

 業績予測や理論株価をはじめ、同業他社との比較で分かりやすいビジネスモ
デル分析をぜひお読み下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


 また、取り上げた銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新!
 銘柄入れ替えを行い、4月から+12.55%のパフォーマンス。
 同期間のTOPIX3.17%、日経平均6.59%ですので、余裕のアウ
 トパフォームです。
 モデルポートフォリオ運用ルールはこちら⇒http://okuchika.net/?eid=8741


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(313)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「勝ち易きに勝つのが良い戦い方だ」=
 (有料メルマガ第283回・2014/06/24配信号)

※注 2014年6月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 生活費の不安がない状況で株式投資を行うことは精神的な余裕を持って戦え
ることを意味しており、戦いに勝ち易い状況であると考えられます。

 株で稼がないと生活できないという追い詰められた精神状態では、踏みとど
まるべき時に踏ん張りがきかず、せっかくのチャンスに株をホールドすること
が出来ずに、損失を確定してしまう羽目に追い込まれる可能性も高くなります。

 最近、私がサラリーマンを辞めた時代と同じように、株で億の資金を作って
喜び勇んで専業投資家になる投資家さんが増えてきました。株で大勝ちできた
能力は素晴らしいことだと思います。

 しかし私と同じ時期に株で大きな資金を作って喜び勇んで専業投資家に転身
した人々の、その後の状況を見ていると、それほど華々しく活躍できている人
は少ないようにも感じます。相場はどんなに才能のある人にとっても厳しいも
のであるということを痛感させられます。

 私は『株式投資で稼げたのは私の投資能力が高かったわけではなく<運も実
力のうち>ということもあるが、私にとっては<運が実力のすべてだ>』と考
えていた人間です。
 『株で稼げたのは運が良かったからであり、自分の投資の能力のためではな
い』と分析していたので、投資以外で安定収入を得る方法を常に考えて、見つ
かると実行してきました。

 私は51歳でサラリーマンを辞めましたが、それまでに公的年金ばかりでは
なく、私設年金にも投資していました。

 どんなに株式市場の環境が良くて、全額株式に再投資したほうが有利だと感
じていても、投資環境はいつ大きく激変するか分からないので安全策も取って
きたわけです。

 私がいつも考えているのは、51歳までしかサラリーマンを続けられなかっ
たのは、ちょっと残念だった。サラリーマンを定年まで勤め上げた人は人生の
勝利者だ。そのように考えています。サラリーマンを60歳まで続けることが
出来た人は年金長者になっている可能性が高いからです。

 ただ私がサラリーマンを辞めたのは自分の決断であり、公的年金としては厚
生年金から国民年金に切り替えて払い込みは続けたし、私設年金も拡充しまし
た。特に株式投資で大きく利益を上げられたときは、私設年金の掛け金を一括
で前払いしてきありして年金の獲得額を増やすような努力をしてきました。

 株など投資のおかげでサラリーマンを辞めた後も生き抜くことができたわけ
で、私にとって投資、特に株式投資は希望でした。いまでも希望でありつづけ
ており、感謝しても感謝したりない存在です。

 しかしすでに株三昧の生活に入り早やくも9年目に入りました。寝ては株、
覚めては株という株ジャンキーとしての生活を続けてきて、旅行に出ても株価
の動きが気になるという末期的な禁断症状がでるようになってからも、すでに
長い時間がたちました。

【中略】

 数か月間の豪華客船の旅なんて、まず不可能な感じです。3泊4日の国内旅
行さえ禁断症状で震えます。妻は鬼無里とか栂池とか玉川温泉とか山や秘境を
トレッキングする旅行が好きなので、携帯電話の電波も届かず、株価は確認で
きないし、日経新聞も手に入らない場所が多いです。

 玉川温泉の売店で日経新聞を買えた時は、うれしくて震えました。情けない
やら笑えるやらで、これじゃ〜老後をエンジョイできないと考えて、株ジャン
キー生活から抜け出すための自己努力を続けて行きたいと思っています。

 でも、つくづく思うのですが『サラリーマンが企業の奴隷なら専業投資家は
相場の奴隷です』ということです。

 企業と相場市場、どちらのご主人様が奴隷にやさしいかと尋ねれば、企業と
いうご主人様のほうが法律もあって、それなりに奴隷に気を使ってくれてくれ
るので、良いご主人様だと感じます。

 『サラリーマンがつらいから会社を辞めて専業投資家になります。』という
のは例えて言えば『体が弱いのでサラリーマンを辞めて、K1の選手になりま
す。』というのと同じくらい危険な選択だと、いまでは非常に強く感じていま
す。

【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第265号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第265号
が好評配信中です。


【本格化する2Q決算の話題や、注目銘柄フォローなど多くの情報を掲載!】

【11/5 第265号では】

■ここでの相場の視点
■決算説明会予定
■特別報告:勝どきの乱発生
■先週のテノックス(1905)VS日創プロニティ(3440)
■炎の注目銘柄フォロー(12銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「相川伸夫のピックアップ記事 カンロ(2216)」


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※11月1日(金)執筆時点

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒708円(+26%)
・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒847円(+4%)
・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒4930円(+69%)
・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒1417円(−23%)
・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒1194円(−24%)
・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
 株価4845円⇒3010円(−38%)
・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
 株価1970円⇒2071円(+5%)
・アバント(3836)18年6月25日配信
 株価945円⇒2402円(+154%)
・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信
 株価2718円⇒1490円(−45%)
・丸順(3422)18年9月18日配信
 株価826円⇒627円(−24%)
・クロスフォー(7810)18年10月9日配信
 株価421円⇒347円(−18%)

※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。
 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の
 経過観察です。
 執筆から3年程度は継続ウォッチしていきたいと考えていますので、銘柄は
 今後さらに増える見込みです。


 2Qの決算フォローはまた次回にして、本日は1年ぶりのピックアップ銘柄
についてアツく書かせて頂きます!!


■ピックアップ銘柄 カンロ(2216)


 私が在籍しているリンクスリサーチ『みんなの運用会議』にて11/1(金)
にレポートをアップしたので、まずはこちらをご覧ください

 ●2216 カンロ 創業100年超えの老舗がグミで成長へのアクセルを
  踏んだ!! レポートby相川伸夫

  https://double-growth.com/2216-kanro/


■上記リンクのレポート概要説明


 1.飴とグミの製造・販売をしている創業107年の老舗企業である
 2.売上内訳は、飴:グミは約7:3で、今後はグミが伸びる
 3.2016年に三須社長が就任してからギラ付き始めた(野心的で良い)
 4.グミが需要に対して供給不足で設備投資して19年2月〜稼働を始めた
 5.2021年12月期が中経最終年度で、19年12月期の会社通期予想
   EPS90円が倍の180円程度になる見込み

…というのが私がみんなの運用会議で書いた内容のザックリ説明です!

 詳細はリンクから読んで頂くとして、こちらの億の近道ではもう少し堀り下
げた部分の話をしていきますね!

※この先は皆さん元のURLの先の記事を読んで頂いた物として話をしますの
 でよろしくです!(もし上記URLから元記事に行けない場合は『カンロ 
 相川伸夫』等で検索してください)


■定量分析1(PER)

―過去PERの推移―

 PERは非常に不安定な指標なので扱いにくいですが、参考には出来ないわ
けでは無い指標です。
 過去10年のカンロのPERでこの銘柄の『適温域』を見てみると、PER
が最も低くなったのは2009年1月の9.9でこの時の純利益は7.6億円
(今期会社予想は6.4億円)でした。全体市場が冷えに冷え込んだ2009
年で業績堅調でPER10は高く評価されていたと判断できると思います。

 そのころは日経平均が10000円を切り、PER2や3であったり、配当
利回り6%7%という企業もゴロゴロしていたと考えられます。
 そういう点で見ても食料品セクターの銘柄なのでディフェンシブ銘柄(景気
変動の影響を受けにくい)と解釈できます。

 また、カルピスブランドの販売契約終了に伴うドタバタした2013年〜2
015年は純利益が赤字であったり、わずかな黒字なのでPERが機能してい
ません。
 よって、それ以外の期間でPERを見てみると最高で44、最低で10とい
うレンジにいます。

 PERの平均(13年〜15年除く)は19.2なので、乱暴な計算ではあ
りますが大体ここら辺が適温という解釈で良いでしょう。


■定量分析2(PBR)

―過去PBRの推移―

 PBRでは2012年の5月がボトムで0.68、最も高かったのは201
8年9月で1.96でした
 18年の9月はWBSでグミの日の特集で生産能力が2倍になった、これか
ら業績が良くなるという報道で株価が短期で倍になったタイミングであり、2
009年〜現在までのPBRの平均は0.95です。
 業績が赤字になったタイミングの2014年でPBRは0.75プラスマイ
ナス0.1程度を推移していました。


■定量分析3(配当利回り)

―過去配当利回りの推移―

 配当利回りベースで見てみるとこれも中々面白いものです!
 2009年〜現在まで株式の消却や併合、分割をしているので動きを計算す
るのが手間ではあるのですが、普通株配当金の総額ベースは2.1億円〜2.
9億円の範囲で収れんしています。
 その時最も高かった配当利回りは2013年の3%(配当金30円で株価1
000円程度)でした。

 従って、過去10年の配当利回りの範囲は3%〜1%であり、平均では2.
4%程度になります。


■定量分析4(セクター)

―食料品セクター全体との比較―

 現在の食料品セクターの今期予想PERは21.1、実績PBRは1.75、
配当利回りは2.5%です
 これは上場企業126社の利益・資産・配当・時価総額を足し合わせて割っ
た単純合計平均の値になっています。

 カンロのビジネスはごく一般的な食料品製造販売のビジネスモデルであり、
これらの1〜4の定量分析と照らし合わせると、現在の株価は大体フェアバリ
ューでは無かろうか?という水準だと認識しています。


■生産効率向上について


 私の数回にわたる取材で分かったことは、増産設備投資をする前の(201
8年まで)は非常に段取りによる生産ロスが大きかったと推測しています。
 グミのラインが1つに対して、フレーバー(グレープやレモンなどの味のこ
と)が数種類存在しています。

 工場見学は出来ていないのであくまで取材時の会話や状況からの推測になっ
てはしまいますが、恐らく通常の食品加工と同様に味を変える時には味が混ざ
らないように、また衛生管理の観点から洗浄工程があると思います。
 付け替えだけで洗浄はラインを止めずにやれる部分や、なるべくライン停止
時間を減らす工程もあるかと思いますが、それでも段取り時間ロスは少なくな
いことは前にも確認できました。
 明確な段取り時間については開示不可とのことで想像するだけしかありませ
んが、一回当たり1〜3H程度ではないか?と考えています。

 グミラインは1ラインしかなかったので、供給量とタイミングの関係で1直
で1回は段取りしていると私は仮定します。
 今回のグミライン増設によってライン数が2つになったと確認できています。
 当然、これによりフレーバーをある程度分担していると思いますので段取り
回数が最大で半分になったと考えて良いと思います。

 仮に1直に1回の段取りで1回2Hだとすると…

・年間稼働時間(残業1Hで試算)↓
 ⇒年間240日×2直×9H=4320H

・段取り時間(増産前)
 ⇒年間240日×2直×1回×2H=960H

・実稼働時間(増産前)=4320H−960H=3360H

↓増産投資で段取り回数が20%低減(最大半分)と仮定
・年間240日×2直×0.8回×2H=768H
・実稼働時間(増産後)=4320H−768H=3552H

 A、生産性向上効果=3552H÷3360H=105.7%
⇒説明会の時の設備投資により『数%生産性が向上した』となります。


 数字がこれで合っているかは分かりませんが、ニュアンスに間違いは無いと
思われます。
 つまり、今までと同じ就業時間で生産可能額=供給可能量=売上高を+5.
7%程度可能になるという意味合いになります。

 当然原価低減効果とも表現できます。
 後は売り場を拡大していき、消費者が商品を購入すれば売上になります!

※設備投資をしたからと言って需要が倍になることはありません。
 通常の経営者は設備投資をしてから2年〜3年でフル生産を計画するのがセ
 オリーであると認識しています。
 後はその計画・算段通りに進むかが試される局面になります。


■まとめ


 カンロが何故アツイと思ったのかはみんなの運用会議の記事を読んで頂けれ
ば恐らく伝わると思います。
 三須社長の狙い通りの業績拡大が描けるのであるならば、これは中々にアツ
イ展開になってくるのではないかと私は期待しています。

 カンロは2014年こそ赤字に転落してしまいましたが、現在取材したとこ
ろでは当時のような他社とのコラボ契約で売上の大きな商品(契約打ち切りで
の大幅減収リスク)は存在していないと認識をしています。

 『糖質制限』や『糖質オフ』というブームの流れはかれこれ10年近く言わ
れ続けていますが、とはいえ現在その環境下にも関わらずグミの国内市場規模
は毎年拡大し、カンロの売上も堅調に増収をしています。
 この事からもそう言った『糖制限』の動きや関心はカンロの業績に対してリ
スクではあるものの、そうした環境でも増収出来る商品を開発出来ているから
現在増収出来ている。

 このように私は分析しました。


 長期的には海外進出もして売上1500億円を目指すという事なので、長期
目線で応援出来るのではないか?とも私は考えています。


 飴もグミもカンロのは美味しいんですよ(笑)
 この美味しい飴とグミを食べながら気長にカンロの企業成長を見守りたいで
すね!


 くれぐれも投資判断は必ずご自身で行い、自己責任でよろしくお願いします。


 それではまた。


『全力全開全力前進!!!』


(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直
販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 続巻も順次追加予定。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08

 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742


===================================


■ お知らせ ■


 2つのセミナー&イベント申込受付中!


★億の近道創刊20周年記念セミナー&イベント 11/24★
 11/24 17:15開場
 ○炎のファンドマネージャ氏セミナー
  「年末に向けての相場動向と注目銘柄(仮)」
 ○山本潤氏セミナー「個人投資家への提言(仮)」
 ○アトラクション:億の近道バンド
 セミナー受講料+食事+飲み放題=8,000円(税込)
 詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8747


★四季報セミナー ガチャ氏×山本潤氏 四季報の裏側、全部お話しします!★
 12/7 18:15開場
 ○四季報記者歴5年のガチャ氏による「四季報の裏側セミナー」
 ○山本潤氏×ガチャ氏座談会「四季報など情報誌活用法とプロからの目線」
 セミナー受講料=8,000円(税込)
 詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8764


 どちらも東京都内での開催です。
 皆さまのお申込をお待ちしております!!

■主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM