億の近道2020/01/14


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/14

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:石川臨太郎)


    ◆コラム「有料メルマガライブラリから(322)」
    ◆過去コラム「過去連載:ぬくぬくホッコリ株日記 第15回」


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第275号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第275号
が好評配信中です。


【炎流投資作戦をはじめ、注目30銘柄情報を掲載!】

【1/14 第275号では】

■炎が読み解く相場の視点
■特別報告:中小型株の物色気運盛り上がる!!〜軽めの株から陽動作戦?〜
  (5銘柄)
■炎の注目銘柄〜時価総額20億円以下の銘柄に見出す投資チャンス〜(5銘
  柄)
■低PBR銘柄研究〜その1:IR推進のフクビ化学(7871時価556円)
■特別報告:リンクバル(6046)株の売買シナリオ
■銘柄コメント(13銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(322)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「需給を強く意識し分散投資で守りを強化して荒れる相場へ対応」=
 (有料メルマガ第364回・2016/1/19配信号)

※注 2016年1月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 過去に学んだジム・ロジャースの言葉ですが『短期売買では人間の心理が価
格に影響を及ぼす』ということも頭では理解していました。

 東日本大震災が起きた3月11日の震災後に開いた3月14日からの日本の
株式市場において、ほとんどの銘柄が暴落しました。

 ただ、この時は日本株の暴落の理由が明白に分かっており自分でも納得でき
ていたので、日本の復興に寄与する企業に投資して持ちつづけようという投資
方針を立てることが出来ました。

 しかし2016年1月に入ってからの日本株の暴落については、世間で言わ
れている理由だけで、日本株だけが米国株などに比べて下落率が大きくなると
いうことに納得できない自分がいます。


 このような時は、日本人が生きていくうえで必要不可欠のライフラインを提
供するためのビジネスを行っている内需株のうち、業績が伸びているのに株価
が大きく下げ続けている企業の株価をウォッチしながら、少しずつ買い増して
行く投資作戦で行くのが良いのではないかと、いま時点では考えています。


【中略】


 過去においても、何度か自分に納得できない理由で、日本株が大きく下落し
たことがありました。そのような苦しい時にいつも思い浮かべることは『今の
状態をチャンスと捉えることができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来が
まったく違ってくる。』ということです。

 投資でも人生でも結果や結論が直ぐに出ることは少ないです。投資でも今日
上がった株が、明日下げてしまうかもしれないし、ここのところ下げ続けてい
る株が、自分が投げたとたんに暴騰を始めることも、無いとはいえません。


 今は、直ぐに大きくリバウンドがスタートするとはあまり期待できないと自
分でも思っています。しかし過去における大きな株の暴落のあとで、1年くら
いたってから調べてみると、下げ過ぎた企業の株は、予想以上に大きくリバウ
ンドしていることが多かったです。


【中略】


 30年以上続けている株式投資、ゴールド投資や賃貸不動産などに対するい
ろいろな経験。そして投資などよりずっと重い人生における経験から、このよ
うな不条理な状態に耐え切れずに焦ったり、捨て鉢になって行動するのは、と
ても愚かなことだと学んできました。

 過去の体験を良い経験変えて将来の役に立てるために学んだことで、今回の
ような時にとても役に立っているのは『じっくりと待つ力』、『結論を保留し
て時間にゆだねる力』を身に付けてきたことです。

 「待てば海路の日和あり。」「待てば甘露の日和あり。」ということわざに
もあるように、自分ではどうしようもない事が起きているときは、時間に任せ
て待つということも大事なことです。


 今の日本株の一人負けのような日本株の下落状況において日本株に投資する
投資家として参加して、リスクをとった分の利益も得られるチャンスと捉える
ことができるか、不遇だと腐ってしまうのでは未来がまったく違ってくると考
えています。


 社会にあるいろいろなシステムもそうですが、投資などの資産のポートフォ
リオも、それを構成するファクターが多様であればあるほど安定的だというこ
とを、しっかりと意識しつつも、収益力と財務的な堅牢さを併せ持つ銘柄が大
きく投げられている状況で、更に株価が下がるリスクに敏感になりすぎて、市
場の動きに付和雷同すると、投資環境が改善に向かい投資した資産背景もあり
業績の良い企業の株価が回復している流れを取り逃がしてしまう可能性も高ま
ります。

 過去の投資の格言にある『人の行く裏に道あり花の山』にでてくる『人』と
いうのは他人をさすばかりではなく、『投資を行うのを嫌がって危険視してい
る、いまの自分の感情』のことも指している。こんなことも過去に学んできま
した。


 こんな投資環境の悪いときに株式投資を継続する(=株を買い持ちする)と
いう投資行動は、過去に何度も何度も体験してきたことではありますが、大い
に気持ちが悪い不安な状態です。アベノミクスがスタートしてからの日本株の
上昇を満喫してきた後で、急速に日本株が下落している状況に精神的なダメー
ジを受けている投資仲間もいらっしゃると思います。

 このような状態のときに『不安や気持ちの悪さ』を感じることは株式投資に
参戦して、安全運転で生き延びていくためには必要な感覚です。否定して改め
るべき感覚ではなく『自分は安全運転の基本を守っている』と確認して、まず
安心すべき事態です。

 しかし、この感覚に付和雷同した投資行動、すなわち不条理な状態に耐え切
れずに焦ったり、捨て鉢になって衝動的投資行動を行うのは危険極まりない行
為です。


【中略】


 不条理感に悶々とするときには、今日のコラムに書いてきたようなことを思
い返して、『短気は損気』と待つというモチベーションを途切れさせないよう
に、冷静さを失わないように心がけるようにしています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
  京阪神ビルディング(8818)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料です)
  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20160119


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


■ お知らせ ■


■第42号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第42号レポート本日配信!!】


 今週は、業界2強の一角であり、強みを生かした新規ビジネスで高成長を狙
う企業を掲載。競合他社の情報と比較しながら業界分析を行っています。

 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオの銘柄入れ
替えを実施。+120%の銘柄を半数売却した上で、新たに1銘柄追加してい
ます。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆過去コラム「ぬくぬくホッコリ株日記 第15回」


※編集部注:
 このコンテンツは、2007年4月から石川臨太郎氏が億の近道に連載した
 コラムです。当時の雰囲気をお楽しみ下さい。


■連載「ぬくぬくホッコリ株日記 定年後は株で楽しく暮らしたい(15)」


 先週は香港のマンションのことを書きました。でも香港のマンションのこと
ばかりではなく、自分の人生を振り返ってみると、ツイていないと思っていた
ことが転機で、自分が救われていることが多いことに気がつきました。

 自分に起こっていることの意味を考えること。そうすることによって大きく
人生が好転したりすることも多いし、恐ろしい災害をのがれられていることも
多いのです。

 阪神大震災のときも、たまたま出張で東京に来ていて地震から逃れられた人
もいれば、たまたま出張で関西に出かけ事故にあった方もいらっしゃいます。
しかし車の渋滞などの偶然のトラブルで出張に出られずに、災難を逃れ命拾い
した方もいたようです。

 自分に起こった「いやな出来事」をツイていないと切り捨てて、損をしたと
悔やんでいては、出来事のメッセージを受け取り損ねてしまいます。それに精
神的にも良くありません。私のように「あ、また大きなトラブルを避けること
が出来た。ラッキーだったな〜」と思うとうれしくなって、前向きに出来事に
対処することが出来ます。

 「過去は可変的であり、未来は未知である。」「過去についても、未来につ
いても、確定的なことは何も言えない」過去のブログにこんなことを書いたこ
とを覚えていてくださる方もいると思います。

 株式投資を長くやっていると「あ、過去が変わるというのは、当たり前のこ
となんだ」と体感することが出来ます。あの時書いたたとえ話をもう一度の書
きます^^;

 デイトレードでは、なかなか体感できないかもしれませんが、中長期投資を
やっていると「過去は変わる」ということを日常的に体験することになります。
過去はいつも毎日のように変わってしまいます。

 たとえ話をしますね^^。1600円で買った住友金属鉱山が1400円に
下がった時、私は損切りしてしまいました。これだと1600円で買ったこと
は間違えだったということになります。そして1400円で売った株が130
0円に更に下がれば、1400円で売った行為、損切りは正しかったことにな
ります。これは住友金属鉱山の株価が1300円のときの過去の評価です。

 でも住友鉱山の株価が、そこから反転し将来=未来で1500円になりまし
た。すると1600円で買ったのは間違いだった。1400円で売ったのも間
違いだったというように、過去の評価は変わります。

 実際には住友金属鉱山の株価がつい最近3000円になりました。すると
1600円で買ったのは正しかったという評価になり、1400円で売ったの
は大失敗というように過去の評価は未来の現実によって、たえず変化していっ
てしまいます(実際には私は2300円くらいまでは持ちこたえましたが、決
算発表前に売っちゃいました TT)。

 株式投資では、毎日のように株価が変わっていくので「過去は可変的であり、
未来は未知である」というのが日々いやというほど体感させられます。
 株式投資ばかりでなく人生においても、犯罪は別としても「過去は取り返し
のつくもの。なぜなら新しい経験をしただけで、過去の意味なんて一気に全部
変わる。」「過去は可変的であり、未来は未知である。」「過去についても、
未来についても、確定的なことは何も言えないというのが時間の中を生きる人
間の健全な姿である」ということを常に意識して生きていると、悔やむことが
少なくなり、生きるのが楽(ラク)で楽しくなるでしょう。

 いま苦しんでいることが、将来生きてくるためには、その苦しみの意味を考
えながら、前向きに捉え、自分を腐らせてしまわないことがとても大切だと思
います。


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


※2007年7月10日掲載。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資




炎の投資情報サンプル#275 2020/01/14

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
投資情報メールマガジン                   2020/01/14
         炎 の 投 資 情 報 (第275号)

        −プロが導くお金創造のための投資情報−
                              週1回発行
◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


 株式投資には不安がつきもの。山あり谷ありの株式相場を冷静に眺めるアナ
リストが発信する情報をお楽しみ頂ければ幸いです。

 志を大きく持たれた読者各位の大いなる発展と成功を祈願しております。
 ご一緒に頑張りましょう!!

 なお、一部を「億の近道」に掲載することがありますので、あらかじめご了
承下さい。


    ★当メルマガは等幅フォントでの閲覧を前提にしております★


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


              −本日の目次−


■はじめに
■炎が読み解く相場の視点
■特別報告:中小型株の物色気運盛り上がる!!〜軽めの株から陽動作戦?〜
  (5銘柄)
■炎の注目銘柄〜時価総額20億円以下の銘柄に見出す投資チャンス〜(5銘
  柄)
■低PBR銘柄研究〜その1:IR推進のフクビ化学(7871・T2・時価
  556円)〜
■特別報告:リンクバル(6046)株の売買シナリオ
■銘柄コメント(13銘柄)
■次回予告


         報告者:炎のファンドマネージャー


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■はじめに


 波乱の幕開けとなった年初の株式相場は案ずるより産むがやすしの例え通り
格好の投資チャンスとなったのか、はたまた年間通じての波乱を示唆するもの
となるかはまだなかなか読み取れないが、株式相場の摩訶不思議な変動を示唆
してくれるものとなりました。

 年始の挨拶回りでご多忙だった皆さんも第2週からは腰を据えて取り組もう
とお考えになっているのかも知れませんが、日経平均やTOPIXの変動で語
られる全体相場に対して個別株の変動に顕著な特徴が表れ始めている点を筆者
は注目しています。
 年間を通じて儲ける期間というのは限られていますが、2020年は始まっ
たばかり。まずはリスクテイクをすることから始めることにして個別株に焦点
を当てながら本メルマガをお送り申し上げたいと思いますので宜しくお願い申
し上げます。

 ここでは日経平均が2万4000円台乗せを前にした中で個別株への見方を
しっかりしておきたいところです。
 うごめくホットなリスクマネーの方向性を眺めてここはリスクテイクをいか
に行うかに関心を寄せたいと考えます。


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■次回予告


 個別銘柄が活発に動き出しています。資産形成のチャンスが到来しています。

 なお、今号では取り上げられなかった12月IPO銘柄については都合によ
り次号とさせて頂きますのでご了承下さい。





(本メルマガは限定された購読者様への情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、ご購読の皆様が損失を被っても執筆者および発行者ならびに配信者は一切の責任を負いません。)



honoh_01.jpg





大魔神のアンテナ 年頭の市場




 昨年末、大納会、前日の営業日まで外国人投資家は買い越しでした。

 過去、クリスマス休暇の前後には、外国人投資家は売り越をして手仕舞いをする時期でしたが、今回はまったく違ったようです。昨年12月の月初め1週間だけが売り越しでしたが、その後、3週間は買い越しが続きました。規模的には、やはり、クリスマス休暇がありましたので、大きい資金流入ではないものの、継続的な買いは続いていました。

 その分、多少の調整で1年が終了をしました。外国人投資家、さま様でした。


 さて、本年の株式市場の始まりは、「トランプ大統領」の決断で始まったイラン軍事司令官殺害により、株式市場は乱高下で始まりました。大発会1月6日は451円安。そして、反発370円高と思えば、また反落して370円安。そして、またまた反発し、535円高と連日大きな動きを演じる毎日でした。この4日間では結局プラス80円となりました。

 今までなら、このような外部的・政治的な要因で下落した際はプラスになることは少なく、結果的には毎回(昨年、一昨年において)大きくマイナスになっていました。その大きな理由はドル円相場によるところが大きく、昨年8月の日経平均が大きく下落した際、ドル円相場は109円台から一気に105円台に突入しました。一時東京時間でも105円04銭まで円高が進みました。
 しかし、今回109円半ばから107円半ばでストップが掛かり、大きな変動ではありましたが、1円70銭程度と狭いレンジでの推移でした。特に水曜日、ドル円相場は107円65銭まで円高が進みましたが、その後、回復して08円30銭まで円安になりドル円相場が今までとは違った動きになっています。

 この展開は、一つには外国人投資家が売りに回っていないことがあります。
 今までであれば、「円買い・株式売り」の裁定取引を行ないますが、そのような動きが見られなかったことです。逆に国内投資家の売りが目立っていたと、市場関係者は語っていました。

 私も、外資系の方のコラムを読みましたが、2017年、2018円と年々ドル円のレンジが狭まっていると指摘されていました。その他の海外通貨に対して、ドル円は共に変化するようだとありました。一方的なドル高や円高にならなくなっていると指摘していました。

 理由はいろいろとあるようですが、今のドル円相場が居心地がよい水準であるようです。日本だけが米国と「貿易摩擦」になっていないこと、そして、今年はもっとドル円レンジが狭いものになると予想しているとコメントしていました。私も同感です。
 この狭いレンジで推移するならば、外国人投資家は日本株を継続してウォッチするのではと見ております。


 前年、何度も指摘したテーマ、本年も春までは「5G」関連銘柄をウォッチしたいと思います。大納会・大発会、そして、この乱高下する相場の中にあって、一番堅調な株価推移していた銘柄「NEC・富士通」が5G関連の親分です。その動きからも継続してこれらの関連銘柄など(既に大きく動き始めている銘柄も散見できます)をウォッチと考えています。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2020/01/10


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/10号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
           (本日の担当:大魔神)


   ◆コラム「大魔神のアンテナ 大魔神のアンテナ 年頭の市場」


===================================


■お知らせ■


 『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!
 山本潤氏が提唱する新バリュー投資セミナー』

★残り数席!!ご希望の方はお早めにお申込を!★


■日時 2020年2月8日土曜日
 18:30〜21:00(15分程度の延長あり)

「成長株投資家とカテゴライズされる私がバリュー投資?
 バリュー投資にはギャンブル的な要素が満載されているので、確率論を介在
させなければバリュー計算が推定できません。その初歩的な解法を講義いたし
ます。
 今回は「科学的」バリュー投資へのステップアップ講座となります。
 その席では、空想的バリュー投資のお葬式をいたします。」
(山本潤氏)

■場所 東京都渋谷区(詳細はお申込後にご案内します)

■受講料 5,500円(税込)

 別途懇親会あります。 3,000円(税込)

お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/value20200208

※12月30日13時〜新年1月6日9時までの間、入金対応及び事務対応が
 出来ない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第89回「防衛関連銘柄」がアップされました。


第89回「防衛関連銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36202619
 【YouTube】https://youtu.be/-6Qyq2bXmLY

【今回登場企業】石川製作所 豊和工業 多摩川HD 興研 リンクバル
        ナビタス 日創プロニティ テノックス LibWork
        アクセル


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「大魔神のアンテナ 年頭の市場」


 昨年末、大納会、前日の営業日まで外国人投資家は買い越しでした。

 過去、クリスマス休暇の前後には、外国人投資家は売り越をして手仕舞いを
する時期でしたが、今回はまったく違ったようです。昨年12月の月初め1週
間だけが売り越しでしたが、その後、3週間は買い越しが続きました。規模的
には、やはり、クリスマス休暇がありましたので、大きい資金流入ではないも
のの、継続的な買いは続いていました。

 その分、多少の調整で1年が終了をしました。外国人投資家、さま様でした。


 さて、本年の株式市場の始まりは、「トランプ大統領」の決断で始まったイ
ラン軍事司令官殺害により、株式市場は乱高下で始まりました。大発会1月6
日は451円安。そして、反発370円高と思えば、また反落して370円安。
そして、またまた反発し、535円高と連日大きな動きを演じる毎日でした。
この4日間では結局プラス80円となりました。

 今までなら、このような外部的・政治的な要因で下落した際はプラスになる
ことは少なく、結果的には毎回(昨年、一昨年において)大きくマイナスにな
っていました。その大きな理由はドル円相場によるところが大きく、昨年8月
の日経平均が大きく下落した際、ドル円相場は109円台から一気に105円
台に突入しました。一時東京時間でも105円04銭まで円高が進みました。
 しかし、今回109円半ばから107円半ばでストップが掛かり、大きな変
動ではありましたが、1円70銭程度と狭いレンジでの推移でした。特に水曜
日、ドル円相場は107円65銭まで円高が進みましたが、その後、回復して
08円30銭まで円安になりドル円相場が今までとは違った動きになっていま
す。

 この展開は、一つには外国人投資家が売りに回っていないことがあります。
 今までであれば、「円買い・株式売り」の裁定取引を行ないますが、そのよ
うな動きが見られなかったことです。逆に国内投資家の売りが目立っていたと、
市場関係者は語っていました。

 私も、外資系の方のコラムを読みましたが、2017年、2018円と年々
ドル円のレンジが狭まっていると指摘されていました。その他の海外通貨に対
して、ドル円は共に変化するようだとありました。一方的なドル高や円高にな
らなくなっていると指摘していました。

 理由はいろいろとあるようですが、今のドル円相場が居心地がよい水準であ
るようです。日本だけが米国と「貿易摩擦」になっていないこと、そして、今
年はもっとドル円レンジが狭いものになると予想しているとコメントしていま
した。私も同感です。
 この狭いレンジで推移するならば、外国人投資家は日本株を継続してウォッ
チするのではと見ております。


 前年、何度も指摘したテーマ、本年も春までは「5G」関連銘柄をウォッチ
したいと思います。大納会・大発会、そして、この乱高下する相場の中にあっ
て、一番堅調な株価推移していた銘柄「NEC・富士通」が5G関連の親分で
す。その動きからも継続してこれらの関連銘柄など(既に大きく動き始めてい
る銘柄も散見できます)をウォッチと考えています。


(大魔神)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


■ お知らせ ■


■第41号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第41号レポート配信中!!】


 今週は、小規模業者がひしめく業界でシステマチックに事業を運営して成長
を目指す企業を掲載。新しい業態で背景の業界事情も含めてレポートしていま
す。
 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新。
 昨年4月から+19.11%と好調です。中には+154%の銘柄も誕生し
ています。
 是非ご購読ください。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




株の玉手箱 千の用途をもつ粘土 その2




 昨年11月28日“1000の用途を持つ粘土”を投稿しましたが、億近松田理事長から株式投資との関連がわからないとの連絡ありフォローさせて頂くことになりました。


 投稿文にはスメクタイトや同族のモンモリロナイトという言葉を多用したため理解し難かったかと思います。

 スメクタイトとは水を吸収すると膨らむ粘土鉱物の総称で、バイデライト、サポナイト………と幾つかの鉱物の中にモンモリロナイトも含まれています。このモンモリロナイトを主成分として石英、オパール、マイカなど珪酸物を含むものをベントナイトと呼び、日本では専門業者として上場企業のクニミネ工業(5388)や未公開企業のホージュン、三菱商事(8058)、双日(2768)など商社も扱っています。


 化学組成は(Na,Ca)0.33(Al,Mg)2Si4O10(OH)2・nH2Oからナトリウム型とカルシウム型に大別され、一般にナトリウム型の方が膨潤性に優れる結晶構造で、ナトリウム型は山形県や群馬県、米国ワイオミング州が有力な産地です。双日系で日米合弁のボルクレイ・ジャパンはワイオミング産を、ホージュンは群馬県に本社を構えます。

 一方、クニミネ工業は山形県大江町にある日本最大のベントナイト鉱山を有する他、有力な産地である宮城県蔵王町にも鉱山を有し、宮城蔵王から山形蔵王方面へ行くエコーラインの手前右側に工場があります。長い年月をかけながらの火山灰変質でベントナイト鉱床が出来るということで、火山や温泉の出るところが産地な訳ですね。


 ベントナイトは千の用途と言われますが、日本に於ける市場規模は数百億円程度と余り大きくなく、クニミネ工業が大きなポジションを占めています。

 市場規模の半分程度はシリンダブロック用型の砂に混ぜ合わせて利用されており、ディーゼルエンジンの生産量にリンクする傾向にありますが、複雑な水路形成で中子の利用が多いとベントナイトの使用量が増加する傾向にあると聞きます。しかし足元商用車生産は比較的良好ですが建機・発電など産業用ディーゼルエンジンの生産が弱含みで同分野向けは減少の模様です。


 ペット関連や土木向けも堅調とのコメントですが、福島復興関連の寄与が大きそうです。化成品では増設したクニピアが増収で、有力顧客の底入れと生産回復が背景にある様ですが、増設による償却費用の増加が収益を圧迫しています。

 中間期連結合計では増収・増益でしたが、利益は期初計画を下回りました。業績期待の先行から10月31日決算発表当日の株価は1,000円台へ乗せましたが、翌日は利食い売りです。
 しかし11月初旬から上昇局面へと転じ、12月23日には1,465円の年初来高値を更新です。これは11月4日の日刊工業新聞の記事が背景にあります。
 同社と山形大学の共同でベントナイトの通電性・特電特性を解明し、電池材料へ期待との見出しで、誘電率がチタン酸バリウムの2倍超からセラミックコンデンサへの応用の可能性から理想買いが起こった訳ですね。しかし採用されるか否か、また早くても2023年を考えると時期尚早で、一旦上昇相場は終焉に向かいそうです。


 安全性も高く多方面への応用が期待されるため千の用途と言われていますが、実際の広がりはそこまで拡大していないようです。しかしカビ毒への採用や、海底掘削など話題は尽きそうにありません。


 しかし今後大量のベントナイトを使用しそうなのが原子力発電関連です。
 低レベル使用済み核燃料では日本原燃がベントナイト混合土を用いた埋設処理を実施済みですが、高レベル廃棄物では莫大な量のベントナイトが使用されるだろうとのFBR関係者の話しでしたが、まだ数十年先のことです。
 非常に息の長い相場と考えておきましょう。


(あすなろ産業調査部)


過去掲載 「1000の用途をもつ粘土」
      http://okuchika.net/?eid=8845


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikay

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じるおそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断にてお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成しておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス




年始早々から騒がしい年




 皆さま、あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。


 正月早々の米軍による空爆とは驚きました。
 いよいよ2020年代の始まりですが、何よりも、何をしでかすかわからないトランプ政権下では、アメリカ大統領選を踏まえ前代未聞の混乱を伴いそうで・・・、今年は何とも難しい年になりそうです(汗)

 昨年暮れにかけては米中関係の改善やハードブレグジット回避への期待などにより金融市場も安定しつつあるように見えましたが、トランプ政権は外交に際して依然として(戦略無き?)強硬路線を維持しているようです。
 アメリカ第一主義というより、力任せ主義(エゴ)と感じます。トランプ大統領の全ての言動は大統領選に向けての戦略の一環なのでしょうが、身勝手に動く大統領には手が付けられません・・・。


 国内株式市場も大発会(初日)は451円安、翌日は一転して370円高、そして昨日はイランからの攻撃ニュースで370円安、今朝は米国対イランの緊張が緩和方向との報道により朝から300円以上の上昇と激しい値動きが続きます。
 債券市場も12月20日前後には10年物国債が売られて一時0%を上回りましたが、その後は徐々に買われているようです。

 米国の10年債利回りも20日前後に1.9%台に乗せましたが、その後は低下しつつあり、主要国も新興諸国の市場金利も再び低下傾向にあるように見えます。株式市場は期待と不安が交錯し乱高下していますが、債券市場は世界的な景気停滞、または不安要素を先読みしているのでは無いでしょうか。

 巨大投機資金が動き回る金融市場の乱高下も激しくなっていますし、来月からは大統領予備選も始まりますから、何が起きても驚かないように準備しておきたいところです。


 前半戦の2月〜4月辺りには特に気を付けたいと思いますが、もしここで相場が大きく動くようなら年内の投資としては絶妙なタイミングになるのかもしれません。いつでも動ける待機資金を確保しておきたいと考えている次第です。


街のコンサルタント 拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2020/01/09


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/01/09号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
    (本日の担当:街のコンサルタント&あすなろ産業調査部)


◆コラム「年始早々から騒がしい年」:街のコンサルタント
◆コラム「株の玉手箱 千の用途をもつ粘土 その2」:あすなろ産業調査部


===================================


■お知らせ■

★残り数席!!ご希望の方はお早めにお申込を!★


 『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!
 山本潤氏が提唱する新バリュー投資セミナー』


■日時 2020年2月8日土曜日
 18:30〜21:00(15分程度の延長あり)

「成長株投資家とカテゴライズされる私がバリュー投資?
 バリュー投資にはギャンブル的な要素が満載されているので、確率論を介在
させなければバリュー計算が推定できません。その初歩的な解法を講義いたし
ます。
 今回は「科学的」バリュー投資へのステップアップ講座となります。
 その席では、空想的バリュー投資のお葬式をいたします。」
(山本潤氏)

■場所 東京都渋谷区(詳細はお申込後にご案内します)

■受講料 5,500円(税込)

 別途懇親会あります。 3,000円(税込)

お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/value20200208

※12月30日13時〜新年1月6日9時までの間、入金対応及び事務対応が
 出来ない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第89回「防衛関連銘柄」がアップされました。


第89回「防衛関連銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36202619
 【YouTube】https://youtu.be/-6Qyq2bXmLY

【今回登場企業】石川製作所 豊和工業 多摩川HD 興研 リンクバル
        ナビタス 日創プロニティ テノックス LibWork
        アクセル


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。


===================================


◆コラム「年始早々から騒がしい年」


 皆さま、あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。


 正月早々の米軍による空爆とは驚きました。
 いよいよ2020年代の始まりですが、何よりも、何をしでかすかわからな
いトランプ政権下では、アメリカ大統領選を踏まえ前代未聞の混乱を伴いそう
で・・・、今年は何とも難しい年になりそうです(汗)

 昨年暮れにかけては米中関係の改善やハードブレグジット回避への期待など
により金融市場も安定しつつあるように見えましたが、トランプ政権は外交に
際して依然として(戦略無き?)強硬路線を維持しているようです。
 アメリカ第一主義というより、力任せ主義(エゴ)と感じます。トランプ大
統領の全ての言動は大統領選に向けての戦略の一環なのでしょうが、身勝手に
動く大統領には手が付けられません・・・。


 国内株式市場も大発会(初日)は451円安、翌日は一転して370円高、
そして昨日はイランからの攻撃ニュースで370円安、今朝は米国対イランの
緊張が緩和方向との報道により朝から300円以上の上昇と激しい値動きが続
きます。
 債券市場も12月20日前後には10年物国債が売られて一時0%を上回り
ましたが、その後は徐々に買われているようです。

 米国の10年債利回りも20日前後に1.9%台に乗せましたが、その後は
低下しつつあり、主要国も新興諸国の市場金利も再び低下傾向にあるように見
えます。株式市場は期待と不安が交錯し乱高下していますが、債券市場は世界
的な景気停滞、または不安要素を先読みしているのでは無いでしょうか。

 巨大投機資金が動き回る金融市場の乱高下も激しくなっていますし、来月か
らは大統領予備選も始まりますから、何が起きても驚かないように準備してお
きたいところです。


 前半戦の2月〜4月辺りには特に気を付けたいと思いますが、もしここで相
場が大きく動くようなら年内の投資としては絶妙なタイミングになるのかもし
れません。いつでも動ける待機資金を確保しておきたいと考えている次第です。


街のコンサルタント 拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第41号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第41号レポート配信中!!】


 今週は、小規模業者がひしめく業界でシステマチックに事業を運営して成長
を目指す企業を掲載。新しい業態で背景の業界事情も含めてレポートしていま
す。
 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新。
 昨年4月から+19.11%と好調です。中には+154%の銘柄も誕生し
ています。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


◆コラム「株の玉手箱 千の用途をもつ粘土 その2」


 昨年11月28日“1000の用途を持つ粘土”を投稿しましたが、億近松
田理事長から株式投資との関連がわからないとの連絡ありフォローさせて頂く
ことになりました。


 投稿文にはスメクタイトや同族のモンモリロナイトという言葉を多用したた
め理解し難かったかと思います。

 スメクタイトとは水を吸収すると膨らむ粘土鉱物の総称で、バイデライト、
サポナイト………と幾つかの鉱物の中にモンモリロナイトも含まれています。
このモンモリロナイトを主成分として石英、オパール、マイカなど珪酸物を含
むものをベントナイトと呼び、日本では専門業者として上場企業のクニミネ工
業(5388)や未公開企業のホージュン、三菱商事(8058)、双日(2
768)など商社も扱っています。


 化学組成は(Na,Ca)0.33(Al,Mg)2Si4O10(OH)2
・nH2Oからナトリウム型とカルシウム型に大別され、一般にナトリウム型
の方が膨潤性に優れる結晶構造で、ナトリウム型は山形県や群馬県、米国ワイ
オミング州が有力な産地です。双日系で日米合弁のボルクレイ・ジャパンはワ
イオミング産を、ホージュンは群馬県に本社を構えます。

 一方、クニミネ工業は山形県大江町にある日本最大のベントナイト鉱山を有
する他、有力な産地である宮城県蔵王町にも鉱山を有し、宮城蔵王から山形蔵
王方面へ行くエコーラインの手前右側に工場があります。長い年月をかけなが
らの火山灰変質でベントナイト鉱床が出来るということで、火山や温泉の出る
ところが産地な訳ですね。


 ベントナイトは千の用途と言われますが、日本に於ける市場規模は数百億円
程度と余り大きくなく、クニミネ工業が大きなポジションを占めています。

 市場規模の半分程度はシリンダブロック用型の砂に混ぜ合わせて利用されて
おり、ディーゼルエンジンの生産量にリンクする傾向にありますが、複雑な水
路形成で中子の利用が多いとベントナイトの使用量が増加する傾向にあると聞
きます。しかし足元商用車生産は比較的良好ですが建機・発電など産業用ディ
ーゼルエンジンの生産が弱含みで同分野向けは減少の模様です。


 ペット関連や土木向けも堅調とのコメントですが、福島復興関連の寄与が大
きそうです。化成品では増設したクニピアが増収で、有力顧客の底入れと生産
回復が背景にある様ですが、増設による償却費用の増加が収益を圧迫していま
す。

 中間期連結合計では増収・増益でしたが、利益は期初計画を下回りました。
業績期待の先行から10月31日決算発表当日の株価は1,000円台へ乗せ
ましたが、翌日は利食い売りです。
 しかし11月初旬から上昇局面へと転じ、12月23日には1,465円の
年初来高値を更新です。これは11月4日の日刊工業新聞の記事が背景にあり
ます。
 同社と山形大学の共同でベントナイトの通電性・特電特性を解明し、電池材
料へ期待との見出しで、誘電率がチタン酸バリウムの2倍超からセラミックコ
ンデンサへの応用の可能性から理想買いが起こった訳ですね。しかし採用され
るか否か、また早くても2023年を考えると時期尚早で、一旦上昇相場は終
焉に向かいそうです。


 安全性も高く多方面への応用が期待されるため千の用途と言われていますが、
実際の広がりはそこまで拡大していないようです。しかしカビ毒への採用や、
海底掘削など話題は尽きそうにありません。


 しかし今後大量のベントナイトを使用しそうなのが原子力発電関連です。
 低レベル使用済み核燃料では日本原燃がベントナイト混合土を用いた埋設処
理を実施済みですが、高レベル廃棄物では莫大な量のベントナイトが使用され
るだろうとのFBR関係者の話しでしたが、まだ数十年先のことです。
 非常に息の長い相場と考えておきましょう。


(あすなろ産業調査部)


過去掲載 「1000の用途をもつ粘土」
      http://okuchika.net/?eid=8845


■【無料銘柄毎日更新】■
https://1376partners.com/lp?ad=okuchikay

株式会社あすなろ/関東財務局長(金商)第686号/加入協会 一般社団法
 人日本投資顧問業協会

(提供情報はあくまでも情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘及び、
売買指示ではございません。株式投資には価格の変動等によって損失が生じる
おそれがあることをご理解の上、投資にあたっての最終判断はご自身の判断に
てお願い致します。信頼できると思われる各種情報、データに基づいて作成し
ておりますが、その正確性及び安全性を保証するものではありません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/bouuowaeve
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!800円です。
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




■お知らせ■『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!山本潤氏が提唱する新バリュー投資セミナー』

■山本潤氏 『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!新バリュー投資セミナー』■

残り数席!ご希望の方はお早めにお申込を!★


「成長株投資家とカテゴライズされる私がバリュー投資?
 バリュー投資にはギャンブル的な要素が満載されているので、確率論を介在させなければバリュー計算が推定できません。その初歩的な解法を講義いたします。
 今回は「科学的」バリュー投資へのステップアップ講座となります。
 その席では、空想的バリュー投資のお葬式をいたします。」
(山本潤氏)


 
【山本 潤のプロフィール】

 株式投資で勝率8割の外資系投資顧問の元日本株式ファンドマネジャー。
 1997−2003年年金運用の時代は1000億円の運用でフランク・ラッセル社調べ上位1%の成績を達成しました。
 その後、2004年から2017年6先月までの14年間、日本株ロング・ショート戦略ファンドマネジャー。
 結局、過去20年間で負けた年は4年のみ。
 1997年〜2017年ライフタイムの日本株投資成績はロングのフル投資換算でTOPIXを400%を大きく上回る成績を残しました。
 過去20年超の運用戦績は17勝4敗の勝率8割超。
 また、コロンビア大学大学院修了。
 哲学・工学・理学の3つの修士号を持っています。
 ダイヤモンドフィナンシャルリサーチ運用者。


■日時 2020年2月8日土曜日
 18:30〜21:00(15分程度の延長あり)

■場所 東京都渋谷区(詳細はお申込後にご案内します)

■受講料 5,500円(税込)

 別途懇親会あります。 3,000円(税込)


お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/value20200208
magabuy01.gif


※12月30日13時〜新年1月6日9時までの間、入金対応及び事務対応が出来ない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

JUGEMテーマ:株・投資




"お金"に対する展望








 小屋です。2020年もよろしくお願い致します。


 お正月は、ある程度まとまって本を読んだりしていました。
 中でも、読み直しをしていた本で皆さんにご紹介したいと思ったのは

新しい時代のお金の教科書
山口 揚平(著)
 https://amzn.to/2FwW0SV

です。


 この本の中では、お金の持つ要素

1.信用
2.汎用

お金の価値=使っている人の数×発行している母体の信用

という事に触れたうえで、そのお金の将来の形まで推論しています。


 現在のお金は国(中央銀行)が発行する法定通貨であるとすれば今後のお金は

・代替通貨(無国籍通貨)
・時間主義経済
・記帳主義経済
・信用主義経済

に移行していくだろうと推測しています。


 簡単に解説すると以下の通りになりますが、詳細が知りたい方はぜひ本をお読みください。


・代替通貨(無国籍通貨)

 ビットコインに代表されるような仮想通貨、無国籍通貨が出てくるとは思われる。しかし、仮想通貨では信用の担保が難しいために、それほど長続きするものとは思われない・


・時間主義経済

 個人の信用をベースとして、信用を外部化するのがその人の「時間」となる。
 社会的な欲求を満たすのは、「モノ」ではなく「コト」であって、それは人の使う時間と密度に依存する。


・記帳主義経済

 ブロックチェーン技術などをベースに、一人一人の取引がデジタル台帳に記帳されて、それがすべての人に共有化される(そこにお金は介在しない)。
 したがって、だましたり隠したりすることが困難となり、一人一人が価値を生み出し信用を構築していくことが必要となる。
 また、個々人の価値観は異なるために、個人のモノの台帳は見る人によって価値が変化するということにもなっていく。


・信用主義経済

 最終的には、個人の信用で「モノ」も「コト」も取引して満たしていくのが信用主義経済です。
 ある意味で個人の信用が全てという世界になります。


 私の理解では、今後の社会ではより「個人」の信用が重要になってくるという事だと思います。

 現在私自身も、「お金」に携わる仕事をしていながら、「お金」の重要性が年々薄れてきていることを強く感じます。


 今後皆さんが生活していく中でも、こうした個人の信用により焦点を当てて活動していくことが将来の「お金」もち、ならぬ「信用」持ちにつながって行くのではないかと思います。


 2020年も皆さん「信用」を大事に活動していきましょう!


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html

具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(1月はあと先着2名様のみ受付可能です)
https://03auto.biz/clk/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/

banner02s.jpg


JUGEMテーマ:資産運用



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:書評




億の近道2020/01/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/01/08

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)


        ◆コラム「"お金"に対する展望」


===================================


■お知らせ■

 『空想的バリュー投資から科学的バリュー投資へ!
 山本潤氏が提唱する新バリュー投資セミナー』

=あっという間に残席わずかとなりました。お申し込みはお早めに!=


■日時 2020年2月8日土曜日
 18:30〜21:00(15分程度の延長あり)

「成長株投資家とカテゴライズされる私がバリュー投資?
 バリュー投資にはギャンブル的な要素が満載されているので、確率論を介在
させなければバリュー計算が推定できません。その初歩的な解法を講義いたし
ます。
 今回は「科学的」バリュー投資へのステップアップ講座となります。
 その席では、空想的バリュー投資のお葬式をいたします。」
(山本潤氏)

■場所 東京都渋谷区(詳細はお申込後にご案内します)

■受講料 5,500円(税込)

 別途懇親会あります。 3,000円(税込)

お申込はこちら ⇒ http://bit.ly/value20200208


===================================


◆コラム「"お金"に対する展望」


 小屋です。2020年もよろしくお願い致します。


 お正月は、ある程度まとまって本を読んだりしていました。
 中でも、読み直しをしていた本で皆さんにご紹介したいと思ったのは

新しい時代のお金の教科書
山口 揚平(著)
 https://amzn.to/2FwW0SV

です。


 この本の中では、お金の持つ要素

1.信用
2.汎用

お金の価値=使っている人の数×発行している母体の信用

という事に触れたうえで、そのお金の将来の形まで推論しています。


 現在のお金は国(中央銀行)が発行する法定通貨であるとすれば
今後のお金は

・代替通貨(無国籍通貨)
・時間主義経済
・記帳主義経済
・信用主義経済

に移行していくだろうと推測しています。


 簡単に解説すると以下の通りになりますが、詳細が知りたい方はぜひ本をお
読みください。


・代替通貨(無国籍通貨)

 ビットコインに代表されるような仮想通貨、無国籍通貨が出てくるとは思わ
 れる。しかし、仮想通貨では信用の担保が難しいために、それほど長続きす
 るものとは思われない・


・時間主義経済

 個人の信用をベースとして、信用を外部化するのがその人の「時間」となる。
 社会的な欲求を満たすのは、「モノ」ではなく「コト」であって、それは人
 の使う時間と密度に依存する。


・記帳主義経済

 ブロックチェーン技術などをベースに、一人一人の取引がデジタル台帳に記
 帳されて、それがすべての人に共有化される(そこにお金は介在しない)。
 したがって、だましたり隠したりすることが困難となり、一人一人が価値を
 生み出し信用を構築していくことが必要となる。
 また、個々人の価値観は異なるために、個人のモノの台帳は見る人によって
 価値が変化するということにもなっていく。


・信用主義経済

 最終的には、個人の信用で「モノ」も「コト」も取引して満たしていくのが
 信用主義経済です。
 ある意味で個人の信用が全てという世界になります。


 私の理解では、今後の社会ではより「個人」の信用が重要になってくるとい
う事だと思います。

 現在私自身も、「お金」に携わる仕事をしていながら、「お金」の重要性が
年々薄れてきていることを強く感じます。


 今後皆さんが生活していく中でも、こうした個人の信用により焦点を当てて
活動していくことが将来の「お金」もち、ならぬ「信用」持ちにつながって行
くのではないかと思います。


 2020年も皆さん「信用」を大事に活動していきましょう!


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html

具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(1月はあと先着2名様のみ受付可能です)
https://03auto.biz/clk/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


■ お知らせ ■


■第41号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第41号レポート配信中!!】


 今週は、小規模業者がひしめく業界でシステマチックに事業を運営して成長
を目指す企業を掲載。新しい業態で背景の業界事情も含めてレポートしていま
す。
 また、レポートで配信した銘柄で構成するモデルポートフォリオを更新。
 昨年4月から+19.11%と好調です。中には+154%の銘柄も誕生し
ています。
 是非ご購読ください。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第274号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第274号
が好評配信中です。


【波乱相場の中での注目銘柄情報を掲載!】

【1/6 第274号では】

■炎が読み解く相場の視点
■新春相場は防衛関連株人気が集中
■2020年に活躍が期待される時価総額150億円以下のマザーズ銘柄
■低PERの地味株礼賛(3銘柄)
■調整場面こそ買いチャンスのIT系銘柄(4銘柄)
■調整続くグローバル市場向け製品輸出企業(2銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:資産運用




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM