億の近道2019/07/08


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2019/07/08

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:炎のファンドマネージャ)


        ◆「訃報へのメッセージ」
        ◆コラム「油断しないで稼ぐ時」
        ◆コラム「株式投資の目的」
        ◆小説「株仲間のぼやき(その3)」


===================================


■ お知らせ ■


【山本潤セミナー&座談会開催のお知らせ】

■長期投資と投資指標を考える!
 山本潤氏セミナー&個人投資家すぽ氏との座談会開催!!


 この度、DFR助言者山本潤氏のセミナーと、著名な個人投資家すぽ氏との
座談会を開催します。

 ●山本潤氏セミナー「まだ一喜一憂してるの? 長期投資のススメ」
  なぜ即儲けようとするのか?なぜ不確実な未来に大事なお金を賭けるのか?
  確実性の高い指標やデータを活用し、需給に左右されることのない長期投資
  についてお話しします。

 ●山本潤氏&すぽ氏座談会
  「逆」道場破りとも言うべきスタイルで数々の企業分析を行い、高い人気を
  誇る個人投資家すぽ氏と山本潤氏が座談会を行います。
  PER不要論を主張する山本氏に、PER以外ほとんど利用しないすぽ氏の
  二人が揃ったら、どのような話になるのか?なぜダメなのか?それに代わる
  指標や、企業分析の方法は? それら気になる内容を深掘りしていきます。
  ・利益率の重要性(なぜ利益率ではなく「売上費用売上比率」なのか)
  ・配当性向は重要か?
  ・企業に望む成長率はどれぐらいか?
  ・成長余地をどう読み解くか?
   …など

 ●質疑応答では、お申込時にいただいた参加者からの質問を中心に、
  2氏それぞれが考える資産形成に必須な事柄を考察していきます。
  個人投資家ながら稀代の論客としても知られるすぽ氏と、
  プロとして20年運用に関わってきた山本氏がズバリ答えます。

 山本潤氏 http://okuchika.net/?cid=6
 すぽ氏Twitter @spo_toushi


■日時:8月25日(日)13:30〜16:45

■場所:東京都渋谷区

■参加費:4,000円(税込)


■スケジュール
 ・山本潤氏セミナー「まだ一喜一憂してるの? 長期投資のススメ」
 ・座談会「参考にする指標と調査分析のコツ」
 ・質疑応答「資産形成に必要なこと」


■懇親会 17:00〜19:00
 セミナー座談会終了後、会場近隣の飲食店で行います。
 山本潤氏、すぽ氏も参加します。
 セミナー座談会で質問しきれなかった事柄や、
 他の投資家との交流をお楽しみ下さい。
 別途参加費3,000円(税込)が必要です。
 お申込フォームで参加有無をお知らせ下さい。


■お申込方法
 以下のURLをクリックし、お申込フォームへお進み下さい。
 必要事項を入力後、入金画面へ遷移します。

 こちらをクリック ⇒ http://bit.ly/2YGMgx8


 上手くいかない場合はお気軽にご連絡ください。

■注意事項:
 お申し込み後、ご入金頂いた受講料は当日遅刻及び欠席された場合でも
 原則として返金致しませんので、ご了承下さい。

皆さまのお申込をお待ちしております。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆「訃報へのメッセージ」


 石川臨太郎先生のご逝去に対し心からご冥福をお祈り申し上げます。

 私は一度京橋かどこかのお店で先生に一度お目にかかっただけですが、その
時のお元気そうな姿が脳裏に焼き付いております。

 山本さんからのメッセージで億の近道の創刊者の一人として先生の功績を改
めて知ることになりました。
 先生の長い間の投資家人生の凄さに言葉もございません。

 先生が語ってこられた多くの示唆に富む投資家道とも言うべき一本筋の通っ
たあるべき株式投資のあり方は未来永劫語り継がれることになるでしょう。

 億の近道に集う残された執筆陣はこの訃報を前に故人の冥福をお祈りすると
ともにますますの活動充実に邁進することになるでしょう。

 これからも天国から「億の近道」を静かに暖かく見守って頂きますことを心
より祈願しております。


炎のファンドマネージャー


****

【石川臨太郎】著者人生最後の新刊予約開始のお知らせ


 先般お知らせいたしましたとおり、石川臨太郎氏は旅立たれましたが、氏の
投資人生の集大成とも言える最後の書籍が、以下の通り予約開始となりました
のでお知らせいたします。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 7月発売、価格2,800円+税

 7月4日現在、パンローリングの直販サイトで予約が可能です。
 (Amazon他ではまだ取り扱いされていません)

 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングのサイトへ飛びます)

 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。



◆石川臨太郎氏へのお悔やみメッセージフォーム

 たくさんのメッセージありがとうございます。
 以下にフォームを作成致しましたので、故人へひと言ございます方は、ぜひ
書き込みをいただきますよう、お願いいたします。
 いただいたメッセージは印刷の上、私共が墓前に赴きお供えさせていただき
ます。

 書き込み締め切りは7月中旬を予定しています。


故石川臨太郎氏へのメッセージフォーム ⇒ https://goo.gl/DAwAbB


===================================


◆コラム「油断しないで稼ぐ時」


 全体相場が上昇パターンを描く時、個別株にも当然のごとくその潮流は伝わ
ってくる。逆に言えば個別株が割安感、底打ち感が感じられると全体相場にも
上昇のトレンドが形成されることになる。

 日経平均はソフトバンクGやファーストRなど一部の銘柄に影響を受けてし
まいがちだが、TOPIXには底打ちのパターンが感じられ先高感が醸成され
つつある。昨年12月の安値1408と6月3日の安値1490で2番底をつ
け上昇の動きは侮れない。

 この先、2018年1月の高値1911を目指すかどうかはまだ見えないが、
間もなく実現しそうなNYダウやNASDAQの高値更新の動きが日本株にも
好影響をもたらすことになる。

 JASDAQ指数やマザーズ指数も高値からはまだ相当に下の水準にあって
個人投資家は評価損を抱えた状態のままかも知れないが、機関投資家のベンチ
マークであるTOPIXの上昇はこうした中小型株指数にもプラスに働く。
 少なくとも業績を無視して下げてきた銘柄にはリカバリーのチャンスが訪れ
ていると言える。


 時価総額では銘柄数2149の東証1部が608兆円。銘柄数1164の東
証2部、JASDAQが合わせて16兆円足らず。これは既に30年も昔のバ
ブル経済期のピーク水準に匹敵する。
 覇権国家、米国のダイナミックさには及ばないが緊縮財政でデフレ経済の道
を歩む日本国の株式時価総額が624兆円で停滞はしていてもようやくピーク
時に匹敵する水準となってきた点は注目される。


問題はこの先だ。

 絶えず未来の不透明感がつきまとう中でこれだけ割安感のある銘柄が増えて
きたのにリスクを取ろうとしない投資家にいらいらが募る展開が続いてきた日
本の株式相場。
 消費税が10月から10%に引き上げられようとする中で不安感が続いてき
たが、軽減税など対応策を含めた増税決定となって今や開き直りの状態。消費
税増税でデフレ経済が令和時代でもなおも続くが来年に迫ったオリンピック開
催で世界の関心が日本に向かう中で景況感が上向くとの期待もある。

 株価の上昇自体が景気にはプラスに働くこともありうる。
 昨年度の年金の運用が2.4兆円の黒字になったとの報道は株式による運用
の成果向上の賜物でもある。明らかなバブル状態には至っていない株式指標面
での位置はリスクオフした投資家の回帰にもつながる。


 先週、ある伸び盛りの化粧品会社オーナー経営者のところに足を運んだ。
 そこで個人的な余資運用の状況を尋ねてみたが目先で売買などできない忙し
い中で配当利回りの高い銘柄をじっくりと保有するスタンスであるようだ。

 短期売買に徹する投資家の中で着実に配当利回り狙いでじっくりと保有しよ
うと考えている投資家がお見えなのも事実。デフレ下でも儲かっている企業は
存在する。
 キャッシュを将来のために多少でも有利に運用しようというニーズは存在す
る。株式運用はあくまでも副業であり本業で稼いだお金の運用の場なのであっ
て、それは年金の運用にも通じる。

 上場企業の成長意欲の高まりとその中で実体価値の高まり。AI、IoT、
5G、ブロックチェーンなどなど、近未来を先取りしたテーマが株式市場では
踊っている。未来を先取りするのが株式相場であるからこそプレミアムがつい
て取引される筈だが、PER12倍。解散価値PBRも1.1倍の水準にいま
だ留まっている。


 デフレ経済だから致し方ないとあきらめてきたが、時代は着実に変化してい
る。

 未来に起きるだろう出来事を見通すことは困難だが、過去から現在がそうで
あるようにポジティブに捉えながらも絶えず油断しないで、株式投資に向かい
あうことにしよう。


 過去まいた種は芽が出て花を咲かせる時期がやってくる。株の格好の稼ぎ時
は忙しい時期でもある。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第248号、本日配信!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第248号
が本日配信です。


【注目銘柄やIPOなど全31銘柄の情報を掲載!】


【7/8 第248号では】

■相場の視点
■企業訪問メモ(1銘柄)
■炎の注目銘柄フォロー(18銘柄)
■直近のIPO銘柄動向(10銘柄)
■炎の気になる銘柄(2銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「株式投資の目的」


 人は生まれて死に至るまで絶えずお金に縛られて生きている。幼い頃に目に
触れたお金の存在は興味津々だった。子供銀行券やプラスチックの硬貨で遊ん
だ記憶もある。

 お金は生活を豊かにする必要不可欠なもの。お金はあればあるだけ良い。

 でもどうすれば勝手に増えてくれるのか・・。


 新たに生み出した商品やサービスを提供して増やす。これが企業のミッショ
ン。原材料を仕入れてそれに付加価値をつけて売る。その差額が利益となって
お金を生むことになる。
 ことは簡単そうで、そうでもない。
 簡単にはいかないのは生み出した商品や提供するサービスが第三者が買って
くれるかどうか、受け入れてくれるかどうか不透明なため。

 原価割れで売れば赤字になり、粗利以上に経費をかければ赤字になる。
 赤字になるぐらいならやらない方がまし。

 デフレでなかなか需要が生まれないとお金は増えてくれない。
 でもお金を何とか増やしていきたい。

 お金には目先使うことのないお金と目先使う予定のお金がある。
 せめて目先使うことがないのなら、何かに変えて運用してその期間だけでも
お金を増やしたい。

 その何かの一つが株式になる。お金を貸したりして金利で増やすのも良いが、
返ってこないリスクもある。債券投資という手もあるが、市場での金利は低い
ので妙味はない。日本国が発行する国債などは銀行がサヤ抜きで運用する対象
だ。

 株式市場に上場を果たした取引所公認の企業の株式に投資して一定期間寝か
してお金を増やす。つまり株式投資がお金を増やすための手段となる。

 でも株式は価格の変化が激しい。上がったり下がったりと忙しい。
 どんな銘柄に投資すべきか、会社がつぶれたり業績が悪化したりしないかな
ど心配は尽きない。
 普段の生活やビジネスで忙しい投資家がそう簡単には取り組めるはずもない。
庶民感覚では株式投資は別世界の話。かなりまとまったお金がないと株なんて
運用できないと思われがちかも知れない。


 それが今や小口でも低コスト(取引には手数料や税金がかかる)で売買が可
能になった。オンライン証券で気軽に口座開設できて、小口の売買ができる時
代。広く国民共有の財産となって運用対象の主体となった。

 株式投資を始める時期は基本的にはいつでも良いが、できれば若い時期が良
い。それは生活に支障がでない程度の小口で良い。

 お金を増やすには誰も見向きもしなくなったタイミング、指数が大きく下落
してしまったタイミングができれば良いがそうしたタイミングは滅多にない。

 タイミングの重要かも知れないが、言えることは株式投資は今日、明日のた
めにやるのではない。明るい未来のために行う経済活動と言える。

 リスクがあるからリターンもある。
 人に頼らず自らの研究、学習を重ね、コツコツと取り組む姿勢が求められる。
 自らの才覚で時に大当たりとなっても有頂天にはならず、時に大外れとなっ
ても絶えず未来をみつめて歩むことになる。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第65回「元気の出る銘柄」がアップされました。


 第65回「元気の出る銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so35352907
 【YouTube】https://youtu.be/j8uIlDK3yPU

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆小説「株仲間のぼやき(その3)」


 勝どき駅から晴海方面に少し歩いていくと晴海トリトンスクエアに立ち並ぶ
ビル群が見えてくる。最近はこの界隈にタワーマンションがいっぱい建ってさ
ほど目立たなくはなったけれど、その中でもオフィスビルのトリトンスクエア
は威風堂々としている。

 その晴海トリトンで開かれるトリトン株同好会では今日も会長の明るい声が
聞こえていた。


会長「俺はなあ、与太さん。多摩ちゃんとはもうかれこれ4年ぐらいつきあっ
  てきたけどやっと元に戻ってきた。やれやれで少し売ったけどな、売った
  後下がったから思い切って買ったんだ。どうだ凄いだろ?!」

 会長の自慢話がたくさんの四季報が本棚に並ぶ株式同好会の会議室で始まっ
た。

与太「えっ!!売った多摩ちゃんをもう買い戻したの?」

会長「そうだよ。添い寝も良いが、たまには多摩ちゃんで短期売買さ。
  でも全部は売らないよ。売って下がったら買い戻してな、今までの損を取
  り戻す人質救出作戦だ。」

与太「そりゃ、会長も大胆な作戦を実行されてますね。買い戻してからはどう
  するんです?」

会長「また上がれば売りゃいい。いいかい与太さん、この株はたったの430
  円から2100円まで5倍近くまでなったんだぞ。この水準になったら売
  るのが正解だろ?そうやって損をうまく取り戻すんだ。」

与太「ごもっとも、ごもっとも。私も参考にさせて頂きます。ところで今日来
  る予定の株女子は来るのが遅いですね。」

会長「ああ、五奥さんね。彼女は遅れるってさっき連絡があったよ。最近彼女
  は売れっ子になってあちこち飛び回っているらしいからな。
  まあもうちょっと待ってよ。今日、どこか企業訪問したらしいから何か
  みやげ話が聞けるかもな。」

与太「はい、承知の助。ところで話変わるけど会長最近、キャバクラは行って
  ないの?」

会長「与太さんよ。あんたはまだキャバクラ通いしているそうだけどさ、俺は
  な、株、命なんだぞ。キャバクラなんて昔の話さ。何でそんな話を持ち出
  すんだよ。」

与太「でもあれだけ、キャバクラ通いで散財していた会長だったじゃないです
  か。羽振りの良かった会長、最近何かあったんですか。」

会長「わかるか与太さん。実はな、ここだけの話、バリュー銘柄に金注ぎ込み
  過ぎてな、信用でも買ったからな、それがなかなか上がらずに困ってんだ
  よ。」

 会長の手元にある買い付けリストには、テノックス(1905)、ヤマト
(1967)、クニミネ(5388)、日創プロニティ(3440)、ウエス
コホールディングス(6091)、イチケン(1847)、ズーム(6694)
、オーウエル(7860)といった銘柄名が並んでいた。


与太「えっ!!それってあの、お仲間のアナリストの銘柄じゃないんですか。」

会長「その通り、あいつに聞いてな・・。俺のポートフォリオはバリュー銘柄
  に染まってしまった。しかも小型株ばかりだからな、今買い始めているな
  らまだしも。ほとんど高値掴み。儲かっているのはウエスコぐらいか・・。
  それでも何とかもちこたえているのは、一緒に会社訪問したからなんだ。」

与太「何ですって?会長は投資した会社に訪問しているんですか?そんな贅沢
  なことできるんですね。私には夢のような話ですよ。一回私も連れていっ
  て下さいよ。」

会長「ああ、わかったよ。トリトン株同好会のメンバーだから連れていってあ
  げるよ。実は俺もあいつに連れていってもらっているってことだからな。
  でもアナリストって言うのは簡単に企業訪問できて良いぞ。しかも無償で
  いけるんだから、こんな幸せなことはない。」

与太「そういえば、そのアナリストはいつ紹介してくれんですか。」

会長「わかったよ。そうだったな与太さんにはまだ紹介してなかったな。」

与太「今日は来ないんですか。」

会長「そうだな、あいつはアナリストチャンネル、略称アナチャンという動画
  サイトの番組をやっていてな、今日は確か4時半からうちのスタジオで
  収録予定だったからもうすぐ来る筈だよ。」

与太「それは楽しみです。」


****


 日本証券アナリスト協会の認定アナリスト(CMA)であるである円創守は、
この道40年のベテランアナリストでありファンドマネジャーも経験してきた
実績を誇っている。
 トリトン株同好会の会長、田崎明とは5、6年前から知り合って交流を続け
てきた。

 証券会社や投資顧問会社に所属していた時代とは違い、独立してアナリスト
を続ける大変さを感じながらも日々上場企業に足を運んではメディアなどを通
じて様々なメッセージを送り続け、会長からは孤高のアナリストとして応援を
してもらっていた。

 この日も4時半からの番組収録のためにすこし急ぎ足でトリトンブリッジを
渡っていた。
 トリトンブリッジは勝どき駅からトリトンスクエアに向かう人々が利用する
動く歩道が設置された橋である。今日は何を話そうかと思いをめぐらしつつ橋
の半ばまできた円創が、ふと前を見るといかにもキャバクラ風の華やかな格好
をした若い女性の姿が見えた。

 この時間、この派手な娘はどこに行くんだろう。

 吸い込まれるようにしてトリトンのビルに入っていったこの若い女性の後を
追うようにして円創もビルの入り口に向かった。


(次回に続く・・・)
(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:小説/詩




炎の投資情報サンプル#248 2019/7/8

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
投資情報メールマガジン                   2019/07/08
         炎 の 投 資 情 報 (第248号)

        −プロが導くお金創造のための投資情報−
                              週1回発行
◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


 株式投資には不安がつきもの。山あり谷ありの株式相場を冷静に眺めるアナ
リストが発信する情報をお楽しみ頂ければ幸いです。

 志を大きく持たれた読者各位の大いなる発展と成功を祈願しております。
 ご一緒に頑張りましょう!!

 なお、一部を「億の近道」に掲載することがありますので、あらかじめご了
承下さい。


    ★当メルマガは等幅フォントでの閲覧を前提にしております★


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


              −本日の目次−


         ■はじめに
         ■相場の視点
         ■企業訪問メモ(1銘柄)
         ■炎の注目銘柄フォロー(18銘柄)
         ■直近のIPO銘柄動向(10銘柄)
         ■炎の気になる銘柄(2銘柄)
         ■次回予告


         報告者:炎のファンドマネージャー


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■はじめに


 G20後の相場展開は強気に傾きつつあるとの印象が持てる。米中貿易摩擦
の先行き不透明感が漂う中で第4弾の関税引き上げ見送りが市場に安堵感をも
たらしたこと、NYダウの高値更新、ドル円相場の底打ち反転などが投資家心
理を明るいものとしている。
 日本のマクロ経済には10月からの消費増税が足かせになるとの考え方はあ
っても、軽減税率の導入などをはじめとした対応が当面の増税による影響を限
定的にするとの考え方がここでの株価堅調につながっていると推察される。
 日本では7月21日に参院選挙が実施される。株高気運は政権与党にとって
は追い風となる。

 個別銘柄を見ると出遅れ気味の割安株にも物色気運が高まりを見せており、
徐々に投資家マインドはポジティブなものとなりつつある。短期売買の利益確
定売りも出やすいがここでは利益を確定させながら徐々に上値を追う展開を想
定したい。


□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□


■次回予告


 今回も取り上げたナビタスが評価が低いように印刷機械系の企業は競争が激
しく利益率が低いためか株価は不人気のようです。それでもAI活用の事業戦
略を掲げたり、新製品開発に注力したりと生き残り戦略を掲げているようです。
 次号ではそうした企業を取り上げてみたいと思います。

 また、そうした企業に共通しているのがキャッシュリッチだということ。そ
うした企業群は他のセクターにもあふれており、そうした企業への投資上の狙
いをご提案したい。





(本メルマガは限定された購読者様への情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、ご購読の皆様が損失を被っても執筆者および発行者ならびに配信者は一切の責任を負いません。)



honoh_01.jpg





【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第248号配信中!!

 月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算248号が7月8日に配信されました。

 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。


【注目銘柄やIPOなど全31銘柄の情報を掲載!】


【7/8 第248号では】

■相場の視点
■企業訪問メモ(1銘柄)
■炎の注目銘柄フォロー(18銘柄)
■直近のIPO銘柄動向(10銘柄)
■炎の気になる銘柄(2銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/



honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



大魔神のアンテナ




 「JIG−SAW・3914」が5月末から本格上昇を示した。この銘柄、2016年に大相場を演じた銘柄。JIG−SAWはその後低迷を続けていたが、今回、爆発的な上昇を示している。

 そして、ここ同様に叩かれ続けていた「アクセルマーク・3624」(連日の大幅上昇)「シェアリング・3989」も下値555円から800円台後半まで短期的な上昇を示している。いずれも叩かれ続け、底辺にいた銘柄の買い戻し相場になっている。


 その企業の業績云々ではなく、悪い企業でも底辺に位置した銘柄を買い、市場全般の水準訂正をしている。

 主力銘柄である「パナソニック・6752」も6月14日に新安値を示現後ここ上昇基調になっている。
 材料株でもあるが、「日本鋳鉄管・5612」も6月3日に新安値を示現後、ここストップ高をきっかけに株価は3倍に急伸。この銘柄も売られ続けた銘柄でもある。

 この1か月間の中、上昇率のランキングを見ても大半の銘柄が、上記したように底辺銘柄が急伸してランキングに入っていること。その中でも出来高を伴い連続的に上昇している銘柄は大きくなっている。

 じりじりと上昇していた「イトクロ・6049」はストップ安から1週間ほどさらに下げ続け、6月18日底値に切り返していた。日々、株価的には大きな動きはなかったものの、ほぼ連日陽線で、出来高も伴っていた。

 また、「SOU・9270」もこの銘柄にしては出来高を伴い上昇基調を示している。この銘柄も上記した銘柄同様に、「陽線」を示現しつつ上昇している。

 今の上がっている銘柄の特徴は、底辺銘柄で上がる時には陽線を示現し、5日移動平均線に沿った(5日移動平均線上に株価が沿って上昇)動きを示し、且つ陽線で上昇する銘柄が大きく育っている。ただただ、水準訂正相場を演じている感じです。


 しかし、流れを知れば、今は楽しい相場と言えるでしょう。


 お知らせ。
 YEN蔵さんとのコラボセミナーを7月14日(日曜日)に開催致します。
 皆様のご参加をお待ちしております。


(大魔神)



【第2回大魔神氏注目銘柄セミナー+YEN蔵氏座談会開催!!】


 本年2月に開催し、大好評だった大魔神氏によるセミナーを開催します。
 また都合により前回実現できなかったYEN蔵氏との座談会も併せて行います。

 講師の大魔神氏は、リアルタイムトレードセミナーで、取引時間中に自身の経験則と感覚から株価の騰落を高い確率で予測するなど、参加者からは驚きと尊敬をもって語られるカリスマ講師でもあります。
 独特の相場観と投資スタイルを持つ大魔神氏の目線は、新たな発見をもたらしてくれるはずです。
 そして、日経CNBCや各種セミナーで引っ張りだこのYEN蔵氏も、相場観やトレード方法、銘柄ピックアップなどで大魔神氏と対談します。


[前回参加者の声(アンケートより)]
・今後の相場観、日経平均と225銘柄との関係性の話が面白かった。
・初めて大魔神さんの講演を聴いたが大変分かりやすかった。
・自分のフォーカス外にあるセミナーには今後も参加したい。
・今まで何故と思っていたことを教えていただき大変勉強になった。

 ぜひご参加下さい。


■日時:2019年7月14日(日)13:30〜16:45

 ●大魔神氏セミナー内容 13:30〜14:30(60分)
  1.現状のマーケット概況と評価
  2.今注目する投資テーマ・銘柄
  ※内容は変更することがあります。

 ●大魔神氏&YEN蔵座談会内容 14:40〜16:40
 (120分・休憩込み)
  1.[短期目線]寄り付き前の準備と寄り付き後のトレードの仕方
  2.[中期目線]現状のマーケットでの銘柄の発掘方法
  3.質疑応答
  ※内容は変更することがあります。

■場所:東京都渋谷区

■受講料:7,000円(税込)
 ※セミナー終了後に講師両名も参加する懇親会があります。
  別途参加費5,000円が必要です。
  お申込フォームから参加可否をお知らせ下さい。

■申込方法:以下のURL(ボタン)をクリックの上、フォームからお申し込み下さい。

  ⇒ http://bit.ly/2XTwChy

magabuy01.gif



■注意事項:
 お申し込み後、ご入金頂いた受講料は当日遅刻及び欠席された場合でも
 原則として返金致しませんので、ご了承下さい。


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




市場潮流

cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



 今週(7月1〜5日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で470円46銭上昇し、2万1746円38銭で取引を終えました。5週連続の上昇です。

 前週末29日(土)に大阪で行われた米中首脳会談は貿易協議の再開と米国の中国製品に対する制裁関税の先送りで合意。中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)への部品販売も一部認めるとしました。
 これらを好感し、1日(月)の日経平均株価は電子部品株を中心に大幅に反発し、前週末比454円高となりました。2日(火)も小幅続伸。3日(水)には3日ぶりに反落しましたが、4日(木)は前日に米国の主要な株価指数が過去最高を更新したことを受けて、日経平均株価も反発しました。5日(金)は前日の米国の株式市場が休場であったこと、5日に発表予定の米国の6月の雇用統計を控えて模様眺め機運が広がりましたが、小幅続伸して、取引を終了しました。


 来週の国内株式市場は、米国の6月の雇用統計に加え、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の議会証言(10〜11日)、6月の米連邦公開市場員会(FOMC)の議事要旨の公表(10日)などを踏まえて動くことが予想されます。

 7月のFOMC(30〜31日)で利下げが実施されることは、ほぼ確実視されていますが、利下げの公算がさらに高まれば、外為市場で、円高・ドル安が進行し、国内株式の上値を抑えることにつながりそうです。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2019/07/05


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/07/05号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:水島寒月&大魔神)


      ◆コラム「市場潮流」:水島寒月
      ◆コラム「大魔神のアンテナ」:大魔神


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊予約開始のお知らせ


 先般お知らせいたしましたとおり、石川臨太郎氏は旅立たれましたが、氏の
投資人生の集大成とも言える最後の書籍が、以下の通り予約開始となりました
のでお知らせいたします。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 7月発売、価格2,800円+税

 7月4日現在、パンローリングの直販サイトで予約が可能です。
 (Amazon他ではまだ取り扱いされていません)

 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングのサイトへ飛びます)

 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。



◆石川臨太郎氏へのお悔やみメッセージフォーム

 たくさんのメッセージありがとうございます。
 以下にフォームを作成致しましたので、故人へひと言ございます方は、ぜひ
書き込みをいただきますよう、お願いいたします。
 いただいたメッセージは印刷の上、私共が墓前に赴きお供えさせていただき
ます。

 書き込み締め切り日はまたご案内いたします。


故石川臨太郎氏へのメッセージフォーム ⇒ https://goo.gl/DAwAbB


◆石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

村田雅志氏の「生涯パートナー銘柄の研究の研究」
 全509回の有料メルマガを分析。分かりやすく利用しやすく解説していま
す。

 詳細はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303


◆石川臨太郎のブログ(更新停止ですが閲覧可能)◆
 減らないお財布を持ってフィナンシャル・インディペンデンスをめざす仲間
 のコミュニティー
 https://plaza.rakuten.co.jp/lucky7lucky/


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(7月1〜5日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で470円4
6銭上昇し、2万1746円38銭で取引を終えました。5週連続の上昇です。

 前週末29日(土)に大阪で行われた米中首脳会談は貿易協議の再開と米国
の中国製品に対する制裁関税の先送りで合意。中国の通信機器大手華為技術
(ファーウェイ)への部品販売も一部認めるとしました。
 これらを好感し、1日(月)の日経平均株価は電子部品株を中心に大幅に反
発し、前週末比454円高となりました。2日(火)も小幅続伸。3日(水)
には3日ぶりに反落しましたが、4日(木)は前日に米国の主要な株価指数が
過去最高を更新したことを受けて、日経平均株価も反発しました。5日(金)
は前日の米国の株式市場が休場であったこと、5日に発表予定の米国の6月の
雇用統計を控えて模様眺め機運が広がりましたが、小幅続伸して、取引を終了
しました。


 来週の国内株式市場は、米国の6月の雇用統計に加え、米連邦準備理事会
(FRB)のパウエル議長の議会証言(10〜11日)、6月の米連邦公開市
場員会(FOMC)の議事要旨の公表(10日)などを踏まえて動くことが予
想されます。

 7月のFOMC(30〜31日)で利下げが実施されることは、ほぼ確実視
されていますが、利下げの公算がさらに高まれば、外為市場で、円高・ドル安
が進行し、国内株式の上値を抑えることにつながりそうです。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第65回「元気の出る銘柄」がアップされました。


 第65回「元気の出る銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so35352907
 【YouTube】https://youtu.be/j8uIlDK3yPU

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「大魔神のアンテナ」


 「JIG−SAW・3914」が5月末から本格上昇を示した。この銘柄、
2016年に大相場を演じた銘柄。JIG−SAWはその後低迷を続けていた
が、今回、爆発的な上昇を示している。

 そして、ここ同様に叩かれ続けていた「アクセルマーク・3624」(連日
の大幅上昇)「シェアリング・3989」も下値555円から800円台後半
まで短期的な上昇を示している。いずれも叩かれ続け、底辺にいた銘柄の買い
戻し相場になっている。


 その企業の業績云々ではなく、悪い企業でも底辺に位置した銘柄を買い、市
場全般の水準訂正をしている。

 主力銘柄である「パナソニック・6752」も6月14日に新安値を示現後
ここ上昇基調になっている。
 材料株でもあるが、「日本鋳鉄管・5612」も6月3日に新安値を示現後、
ここストップ高をきっかけに株価は3倍に急伸。この銘柄も売られ続けた銘柄
でもある。

 この1か月間の中、上昇率のランキングを見ても大半の銘柄が、上記したよ
うに底辺銘柄が急伸してランキングに入っていること。その中でも出来高を伴
い連続的に上昇している銘柄は大きくなっている。

 じりじりと上昇していた「イトクロ・6049」はストップ安から1週間ほ
どさらに下げ続け、6月18日底値に切り返していた。日々、株価的には大き
な動きはなかったものの、ほぼ連日陽線で、出来高も伴っていた。

 また、「SOU・9270」もこの銘柄にしては出来高を伴い上昇基調を示
している。この銘柄も上記した銘柄同様に、「陽線」を示現しつつ上昇してい
る。

 今の上がっている銘柄の特徴は、底辺銘柄で上がる時には陽線を示現し、5
日移動平均線に沿った(5日移動平均線上に株価が沿って上昇)動きを示し、
且つ陽線で上昇する銘柄が大きく育っている。ただただ、水準訂正相場を演じ
ている感じです。


 しかし、流れを知れば、今は楽しい相場と言えるでしょう。


 お知らせ。
 YEN蔵さんとのコラボセミナーを7月14日(日曜日)に開催致します。
 皆様のご参加をお待ちしております。


(大魔神)



【第2回大魔神氏注目銘柄セミナー+YEN蔵氏座談会開催!!】


 本年2月に開催し、大好評だった大魔神氏による第2回セミナーを開催しま
す。
 また都合により実現できなかったYEN蔵氏との座談会も併せて行います。
 独特の相場観と投資スタイルを持つ大魔神氏の目線は、新たな発見をもたら
してくれるはずです。
 日経CNBCや各種セミナーで引っ張りだこのYEN蔵氏も、相場観やトレ
ード方法、銘柄ピックアップなどで大魔神氏と対談します。


[前回参加者の声(アンケートより)]
・今後の相場観、日経平均と225銘柄との関係性の話が面白かった。
・初めて大魔神さんの講演を聴いたが大変分かりやすかった。
・自分のフォーカス外にあるセミナーには今後も参加したい。
・今まで何故と思っていたことを教えていただき大変勉強になった。

 ぜひご参加下さい。


■日時:2019年7月14日(日)13:30〜16:45

 ●セミナー内容 13:30〜14:30(60分)
  1.現状のマーケット概況と評価
  2.今注目する投資テーマ・銘柄
  ※内容は変更することがあります。

 ●座談会内容 14:40〜16:40(120分・休憩込み)
  1.[短期目線]寄り付き前の準備と寄り付き後のトレードの仕方
  2.[中期目線]現状のマーケットでの銘柄の発掘方法
  3.質疑応答
  ※内容は変更することがあります。

■場所:東京都渋谷区

■受講料:7,000円(税込)
 ※セミナー終了後に懇親会があります。
  別途参加費5,000円が必要です。
  参加ご希望の方はお申込時にお知らせ下さい。

■申込方法:以下のURLからお申し込み下さい。

 ⇒ http://bit.ly/2XTwChy

■注意事項:
 お申し込み後、ご入金頂いた受講料は当日遅刻及び欠席された場合でも
 原則として返金致しませんので、ご了承下さい。


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/vouruhalia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第15号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第15号レポート配信中!!】

 今週掲載の銘柄は、大企業を顧客とし、コストパフォーマンスの高い製品で
成長する、高競争力企業をピックアップ。
 堅調なストック型ビジネスである一方、今後の政府方針や世界標準導入のニ
ーズにより、大きく成長する潜在力を持っています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第10号レポートをお読みいただけ
 ます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




16年ぶり薄商い

0d6139e1972c1f1b2a89ef3316783e48_s.jpg



 G20も無事済みました(無事=何も決まらず?笑)。
 副作用として、警戒が厳しすぎて大阪の商売は上がったりだったそうです(苦笑)。
 荷物を預けるロッカーが全て塞がれ、外人観光客が大きな荷物をゴロゴロ転がしているのが痛々しかったと聞きました。


 狂産党トップの習主席はこのG20で「自らの利益を優先したり、保護貿易をしたり、法を守らないのはいかん!」と訴えていましたが、それって自分のこと?と、世界の誰もがひっくり返ったことでしょう(笑)。
 習主席もトランプ大統領もプーチン大統領も・・・世界の大国では言行不一致が当たり前なのですね(呆)。

 それに比べれば日本の首相は立派なものです。
 都合の悪いことはハグラカシますが、彼らのように見え透いた嘘は比較的少ないですから。イギリスでもイタリアでも無責任な輩が人気を博しているようです(汗)。


 G20様子見のマーケットで?・・・日経平均株価(225)は5月の連休明け以降、大凡20,500円から21,500円の1,000円幅の中を行ったり来たりしています。225のPBRで丁度1倍辺りでしょうか。

 TOPIXでみると6月初めに一時1,500を下回ったものの1,525から1,575辺りの約3%のレンジで動いていますが、この辺りで時価総額は約580〜590兆円です。TOPIXのPBR1倍水準は約1,363で、今期予想も含めれば約1,430辺りです。

 今の時価総額はザックリ、名目GDPの+5〜10%辺りと覚えるといいです。


 株式市場は6月中旬から売買も低迷し、機械売買(アルゴ?)を除くと実質的な1日の売買代金が1兆円に届かない日が続いたりもしました。2003年以来だそうです。外人持ち株比率も1989年の水準まで戻ったとの記事もありました。

 例えばTOPIXで、今期も増益が予想されている中で予想PER13.5倍、PBR1.14倍辺りでこう着している、何とも期待を感じない市場です。
 東証1部とはいえ、マザーズなど新興市場から無理やり指定替えしてきて、その後不振企業になってしまった銘柄も沢山含まれています。そんな退場予備軍まで含めても上記のバリュエーションしかないのですから、如何に評価が低いかが分かります。

 継続的に黒字を出している企業の時価総額が純資産レベル、または純資産割れとなっても買われない。買収もされない市場って変ですよね。
 つまり将来的に赤字に転落していくか、内部に何らかの爆弾を抱えているか、教科書的には将来性を評価されていないということですが、変われない理由は日本市場の場合には株主還元が貧弱なことが大きな理由と考えています。

 幾ら会社が利益を出しても自己保身的な経営陣が株主への還元を控え、且つ幾ら割安でもTOB(経営の交替)すらされなければ株主(特に一般株主)は報われません。

 少数株主(投資家)にも平等な市場にならなければ、何時まで経っても短期の投機資金が売買するだけの博打市場のままです。そしていずれ相場は終わります。


 最近の金融市場は過去に経験したことが無い水準に入っています。
 世界中の市場金利が下がっており、今月に入りフランスの長期金利もマイナス金利の仲間入りをしましたし、2011年には7%を付けたイタリアでさえも昨日は1.6%台まで買われています。新興諸国の利回りも軒並み下げています。格付けに差があるメキシコとブラジルの市場利回りがともに7.3%ですから、既に市場の価格調整機能が失われていると考えて良いかと思います。


 今後どうなるかは小職ごときに分かるはずもありませんが、このような市場環境であることを踏まえた上で投資を検討せねばならない時期に入ってきた訳です。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




億の近道2019/07/04


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2019/07/04号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


          ◆コラム「16年ぶり薄商い」


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊予約開始のお知らせ


 先般お知らせいたしましたとおり、石川臨太郎氏は旅立たれましたが、氏の
投資人生の集大成とも言える最後の書籍が、以下の通り予約開始となりました
のでお知らせいたします。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 7月発売、価格2,800円+税

 7月4日現在、パンローリングの直販サイトで予約が可能です。
 (Amazon他ではまだ取り扱いされていません)

 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングのサイトへ飛びます)

 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。



◆石川臨太郎氏へのお悔やみメッセージフォーム

 たくさんのメッセージありがとうございます。
 以下にフォームを作成致しましたので、故人へひと言ございます方は、ぜひ
書き込みをいただきますよう、お願いいたします。
 いただいたメッセージは印刷の上、私共が墓前に赴きお供えさせていただき
ます。

 書き込み締め切り日はまたご案内いたします。


故石川臨太郎氏へのメッセージフォーム ⇒ https://goo.gl/DAwAbB


◆石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

村田雅志氏の「生涯パートナー銘柄の研究の研究」
 全509回の有料メルマガを分析。分かりやすく利用しやすく解説していま
す。

 詳細はこちら ⇒ http://www.okuchika.net/?eid=8303


◆石川臨太郎のブログ(更新停止ですが閲覧可能)◆
 減らないお財布を持ってフィナンシャル・インディペンデンスをめざす仲間
 のコミュニティー
 https://plaza.rakuten.co.jp/lucky7lucky/


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第65回「元気の出る銘柄」がアップされました。


 第65回「元気の出る銘柄」
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so35352907
 【YouTube】https://youtu.be/j8uIlDK3yPU

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「16年ぶり薄商い」


 G20も無事済みました(無事=何も決まらず?笑)。
 副作用として、警戒が厳しすぎて大阪の商売は上がったりだったそうです
(苦笑)。
 荷物を預けるロッカーが全て塞がれ、外人観光客が大きな荷物をゴロゴロ転
がしているのが痛々しかったと聞きました。


 狂産党トップの習主席はこのG20で「自らの利益を優先したり、保護貿易
をしたり、法を守らないのはいかん!」と訴えていましたが、それって自分の
こと?と、世界の誰もがひっくり返ったことでしょう(笑)。
 習主席もトランプ大統領もプーチン大統領も・・・世界の大国では言行不一
致が当たり前なのですね(呆)。

 それに比べれば日本の首相は立派なものです。
 都合の悪いことはハグラカシますが、彼らのように見え透いた嘘は比較的少
ないですから。イギリスでもイタリアでも無責任な輩が人気を博しているよう
です(汗)。


 G20様子見のマーケットで?・・・日経平均株価(225)は5月の連休
明け以降、大凡20,500円から21,500円の1,000円幅の中を行
ったり来たりしています。225のPBRで丁度1倍辺りでしょうか。

 TOPIXでみると6月初めに一時1,500を下回ったものの1,525
から1,575辺りの約3%のレンジで動いていますが、この辺りで時価総額
は約580〜590兆円です。TOPIXのPBR1倍水準は約1,363で、
今期予想も含めれば約1,430辺りです。

 今の時価総額はザックリ、名目GDPの+5〜10%辺りと覚えるといいで
す。


 株式市場は6月中旬から売買も低迷し、機械売買(アルゴ?)を除くと実質
的な1日の売買代金が1兆円に届かない日が続いたりもしました。2003年
以来だそうです。外人持ち株比率も1989年の水準まで戻ったとの記事もあ
りました。

 例えばTOPIXで、今期も増益が予想されている中で予想PER13.5
倍、PBR1.14倍辺りでこう着している、何とも期待を感じない市場です。
 東証1部とはいえ、マザーズなど新興市場から無理やり指定替えしてきて、
その後不振企業になってしまった銘柄も沢山含まれています。そんな退場予備
軍まで含めても上記のバリュエーションしかないのですから、如何に評価が低
いかが分かります。

 継続的に黒字を出している企業の時価総額が純資産レベル、または純資産割
れとなっても買われない。買収もされない市場って変ですよね。
 つまり将来的に赤字に転落していくか、内部に何らかの爆弾を抱えているか、
教科書的には将来性を評価されていないということですが、変われない理由は
日本市場の場合には株主還元が貧弱なことが大きな理由と考えています。

 幾ら会社が利益を出しても自己保身的な経営陣が株主への還元を控え、且つ
幾ら割安でもTOB(経営の交替)すらされなければ株主(特に一般株主)は
報われません。

 少数株主(投資家)にも平等な市場にならなければ、何時まで経っても短期
の投機資金が売買するだけの博打市場のままです。そしていずれ相場は終わり
ます。


 最近の金融市場は過去に経験したことが無い水準に入っています。
 世界中の市場金利が下がっており、今月に入りフランスの長期金利もマイナ
ス金利の仲間入りをしましたし、2011年には7%を付けたイタリアでさえ
も昨日は1.6%台まで買われています。新興諸国の利回りも軒並み下げてい
ます。格付けに差があるメキシコとブラジルの市場利回りがともに7.3%で
すから、既に市場の価格調整機能が失われていると考えて良いかと思います。


 今後どうなるかは小職ごときに分かるはずもありませんが、このような市場
環境であることを踏まえた上で投資を検討せねばならない時期に入ってきた訳
です。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


■第15号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第15号レポート配信中!!】

 今週掲載の銘柄は、大企業を顧客とし、コストパフォーマンスの高い製品で
成長する、高競争力企業をピックアップ。
 堅調なストック型ビジネスである一方、今後の政府方針や世界標準導入のニ
ーズにより、大きく成長する潜在力を持っています。
 深掘りレポートをぜひお読み下さい。

 金曜日までにお申込/ご入金の方は、この第10号レポートをお読みいただけ
 ます。


詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第247号、好評配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】

 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第247号
が好評配信中です。


【20の注目銘柄を報告!株主総会レポートも!!】


【7/1 第247号では】

■相場の視点
■高配当利回り銘柄研究(7銘柄)
■バーチャレクスHD(6193)の株主総会に出席して
■話題の銘柄トピックス(2銘柄)
■7月の炎の注目銘柄(8銘柄)
■先週末の急騰銘柄(2銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




【重要なお知らせ】

 皆さまにご報告があります。

 かねてより闘病中だった石川臨太郎氏(本名非公開)ですが、新元号になるのを待たず、逝去されました。

 ご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表します。

 葬儀は近親者だけですでに執り行われたとのことです。


 なお、石川臨太郎氏ご本人の意向でスタートしました、ご自身の投資人生の集大成とも言うべき書籍の企画が水面下で進んでおり、近日中に投資出版社のパンローリングより上梓される予定です。
 この書籍は、がん宣告を受けた2018年末より製作着手し、ご本人の書き下ろしも含め、迅速に作業が進行いたしました。

 書籍原稿チェックと校正作業は、1日何通も石川臨太郎氏とメールのやりとりをして進めていました。1月下旬にほぼまとまり、ご本人のOKが出ました。
 その後、抗がん剤治療に専念する中、メールのやりとりが困難になると、電話によるコミュニケーションに変わり、その連絡頻度も徐々に低下し、私が最後に電話連絡を受けたのは2月25日でした。

 「副作用の症状緩和のための手術が成功し、ホスピスへ移ることができる見通しです」とご本人から聞いたのが最後となりました。

 その後、週に1度程度あった電話連絡が途絶えましたが、こちらから連絡することもできず、疼痛管理が安定したらご本人から連絡があると信じ待つ日々でした。

 その間に村田雅志氏による応援企画【村田雅志の「石川臨太郎有料メルマガ生涯パートナー銘柄の研究」の研究】が立ち上がり、多くの方にご支援いただき、大量のメッセージもいただきました。


 事態が動いたのは令和に変わってしばらくした頃。

 2月初旬くらいまでに皆さまからいただいた応援メッセージはメールで送っていましたが、それ以降の分について郵送することにしました。村田雅志氏の応援コンテンツ「研究の研究」を印刷したものと同封です。

「令和に変わり、東京オリンピックチケットの募集も始まり、ここまで来たらTVでオリンピック観戦ですね」という手紙も添えました。

 ご自宅に郵送してしばらく、石川臨太郎氏の携帯から電話があり、3ヶ月以上ぶりの会話を期待しましたが、電話口はご家族でした。

 その電話でご逝去の報告を聞き、同時に、ご家族がまだ現実に向き合えてないと感じました。
 出版計画のお話を伝え、ご家族の心が安定するまでまだ時間が必要と感じたことから、出版の見通しが確実になった時点でご逝去を公表することとしました。


 従いまして、ご逝去の事実を知ってから公表までのタイムラグがありましたことをお詫びいたします。

 生前、
「私には子供が居ないので、書き残してきたコンテンツが私の子供みたいなものだ。それが読者の間で生き続けるのは、普通の人にはできない幸せなことだ」
とおっしゃっていたことが、今でも強く心に残っています。


 今後、様々な形で石川臨太郎氏のコンテンツをお届けすることになると思います。
 今まで以上のご支援、ご愛読をよろしくお願いいたします。


NPO法人イノベーターズ・フォーラム(億の近道)松田憲明

[追記]新刊本の情報を更新しました。(7/4)


 以下にフォームを作成致しましたので、故人へひと言ございます方は、ぜひ書き込みをいただきますよう、お願いいたします。
 いただいたメッセージは印刷の上、私共が墓前に赴きお供えさせていただきます。

 書き込み締め切り日はまたご案内いたします。


故石川臨太郎氏へのメッセージフォーム ⇒ https://goo.gl/DAwAbB



【新刊情報】

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜

 パンローリング刊
 7月発売、価格2,800円+税
 



[石川臨太郎のプロフィール(パンローリング著書より抜粋)]

 1954年生まれ、2019年没。1985年より株式投資を、1987年よりワンルームマンション投資を始める。仕事のストレスから体調を悪くしたことをきっかけに専業投資家になる。投資法は、中長期目線のバリュー投資。自らのブログを開設し、個人投資家への情報発信も行っている。
また、NPO法人イノベーターズ・フォーラムにて、『億の近道』という無料メルマガや、『生涯パートナー銘柄の研究』という有料メルマガを執筆する。主な著書に以下のものがある。
『年収300万円の私を月収300万円の私に変えた投資戦略』(パンローリング)
『マンガ 不動産投資入門の入門』(パンローリング)
『副業はサラリーマン』(東洋経済新報社)


◆ブログ(更新停止ですが閲覧可能)
 減らないお財布を持ってフィナンシャル・インディペンデンスをめざす仲間のコミュニティー
 https://plaza.rakuten.co.jp/lucky7lucky/

孫子と三賢人のビジネス その10



産業新潮 
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
7月号連載記事


■その10 先手必勝と集中力

●宮本武蔵と佐々木小次郎

 どこまでが史実なのかは不明ですが、二人の巌流島における決闘はあまりにも有名で、多くのことを物語っています。命をかけた大事な決闘において大幅に遅刻する武蔵は「武士の風上にも置けない下劣な野郎だ」という考え方もあるかもしれません。

 しかし、ルールや礼儀をきちんと守っても、負けてしまっては元も子もないという考えにも一理あります。戦後闇市の時代に、配給米しか食べず闇米を一切受け付けなかった裁判官が餓死するという事件がありましたが、この裁判官が英雄として扱われているわけではありません・・・

 孫子は、もともと今で言う「ゲリラ戦術」の指南書であり、弱者が強者を打ち倒すためのノウハウにあふれています。そのため、必ずしも「強者のルール」に従う必要は無いと考えていますし、むしろ「強者のルールの隙」をつくのをモットーとしています。

 さて、宮本武蔵のゲリラ戦術は「相手を待たせる」ことです(しかも相手を待たせるという先手をとったのです)。人間に限らず、生物というのは基本的に「待つ」のが苦手です。例えば、あるドキュメンタリーで放映していた実験に次のようなものがあります。


●ねずみも人間も待てない
 まず、ねずみたちに例えば「赤のレバーを押すとすぐに1個の餌が出てくる」「黄色のレバーを押すと30秒後に3個の餌が出てくる」「青のレバーを押すと1分後に10個の餌が出てくる」ということを覚えさせます。なお、このレバーのどれかを1回押すと、10分間はどのレバーも使えないような設定になっています。さて、このねずみたちに自由にレバーを押させるとどうなったでしょうか?

 ねずみたちは、ひたすら赤のレバーを押し続けて、他のレバーには目もくれませんでした。一度レバーを押すと10分間は他のレバーを押せないのですから、青のレバーが圧倒的に有利にも関わらずです・・・

 確かに、生物の進化の過程で淘汰によって研ぎ澄まされた本能が「次の(大きな)獲物が手に入るかどうかはわからないから、今目の前にある(小さな)獲物を確保しよう」とするのはある意味自然かもしれません。

 しかし残念ながら、「人間(経済)科学」においても、人々は同様の行動をとります。典型的なのは投資の世界でしょう。バフェットをはじめとする成功者たちが、長期投資の優位性を繰り返し説いているのに、世の中の多くの投資家は「日雇い投資=デイトレード」で、すぐ目の前のごくわずかの利益を確保することに汲々としています。

 それほど「待つ」ということは、人間(生物)の本能に逆らうことですが、その本能を理性で押さえてこそ、成功できるというのが「人間(経済)科学」の説くところです。


●相手を待たせるのは自分も待つこと
 巌流島の決闘では、佐々木小次郎が待たされてイライラして平常心を失って負けたことが強調されます。確かに、「自分が負けるかもしれない」という一抹の不安を抱きながら待つことの苦痛は容易に想像できます。「人間(経済)科学」の解説を待つまでも無く、人間は悪いことを想像しやすく(進化論的には、楽観的な個体よりも、悲観的な個体の方が危険を回避しやすく生き残りに有利であった・・・)、小次郎の胸中は負けた瞬間のイメージでいっぱいであったかもしれません。

 しかし、「待たせた」とされる宮本武蔵も実は「待っていた」のです。もし、宮本武蔵が自分は負けるかもしれないと思っていたら、小次郎を待たせている間、彼の胸中も「負けた瞬間のイメージ」ではちきれるほどだったでしょうし、その恐怖で小次郎に勝つことができなかったかもしれません・・・・武蔵は、自分が勝つという自信を持っていたか、負のイメージをコントロールできるほどの胆力の持ち主であったということです。いずれにせよ、武蔵の方が小次郎よりも一枚上手であったことは、間違いありません。

(続く・・・)


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
7月号をご参照ください。


(大原 浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。
★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:ttp://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:歴史




calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガ特別版!
現在闘病中の火曜日執筆者、石川臨太郎氏の有料メルマガです。 現在特別版を1ヶ月分販売中! 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM